LINEでAmazonギフト券をプレゼントする(送る)3つの方法 受け取り方も解説

Eメールタイプ/LINEギフト/コンビニ等の実店舗

使い勝手がよく、さまざまなシーンで活躍するAmazonギフト券。手渡しや配送でプレゼントするイメージが強いですが、実は「LINE」アプリを介して送ることもできます。

普段使っているLINEアプリ経由で贈れば、住所や配送日時、アドレスの確認などの面倒な作業は必要ありません。サプライズプレゼントとしてもおすすめの方法です。

そこで本記事では、LINEでAmazonギフト券を送る3つの方法(Eメールタイプ/LINEギフト/コンビニ等の実店舗)を紹介します。それぞれ特徴が異なるので、自身の環境に合わせて利用してください。

方法1:LINEギフトでAmazonギフト券を贈る

まず紹介するのは、「LINEギフト」というサービスを利用してAmazonギフト券をプレゼントする方法です。

LINEギフトでAmazonギフト券をLINEで贈ったときのイメージ

購入から送信まで、すべての工程をLINEアプリ内でおこなえるのが魅力です。支払い方法はクレジットカードのほか、LINE Pay決済を利用できます。貯まったLINEポイントの使い道としてもおすすめです。

ただし、Amazon公式で購入するわけではないので10%の手数料が加算されます。たとえば、500円分のギフト券を購入するのに550円を支払う必要があります。手数料のことを考えると、あえてLINEギフトを利用するメリットは薄いかもしれません。

  1. LINEアプリを開き「ウォレット」タブの「ギフト」ボタンをタップ

    LINEアプリを開き「ウォレット」タブの[ギフト]をタップします。

    LINEギフトのページに遷移したら、「eギフト」項目からAmazonギフト券を探しましょう。

  2. 「eギフト」項目からAmazonギフト券を選択

    LINEギフトの「eギフト」項目から[Amazonギフト券]をタップし、額面を選択します。そのまま友だちにギフトボタンを押しましょう。

    LINEギフトは通常、自分宛てに送ることもできますが、Amazonギフト券の場合は自分宛てに送れない仕様になっています。

  3. 送り先の友だちを選択する

    LINEの友達リストが表示されるので、贈りたい相手を選択して[次へ]をタップします。

  4. 「クレジットカード(Visa/MasterCard)」か「LINE Pay」「LINEポイント」のいずれかで決済する

    購入手続きの画面が表示されたら、[支払方法]をタップして、「クレジットカード(Visa/MasterCard)」か「LINE Pay」のいずれかを選択しましょう。

    LINEポイントを使いたい場合は「LINEポイントを使用」を押して、利用するポイント数を入力してください。最後に、購入内容確定を押せば決済が完了します。

  5. テンプレートデザインを選び、メッセージを入力して送信

    テンプレートデザインを選び、任意で好きなメッセージを入力したら、画面下部のギフトメッセージを確定をタップ。

    最終確認の画面でギフトを送るを押すと、相手にLINEメッセージが送信されます。

  6. 受け取り側:「LINEギフトを受け取る」をタップ

    受け取り側は、LINEトークでメッセージ上の「LINEギフトを受け取る」ボタンをタップします。

    Amazon公式サイトに遷移するので、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

    自動的にギフト券番号が入力されるので、[アカウントに登録する]ボタンを押してください。

    これでギフト券残高の適用は完了です。

方法2:EメールタイプのAmazonギフト券をLINEで送る

オンラインで発行できる「Eメールタイプ」のAmazonギフト券なら、LINEを介して簡単に贈ることができます。

Amazonギフト券EメールタイプをLINEで贈ったときのイメージ

15円〜20万円の間で額面を自由に設定できるのも魅力です。受け取り・残高登録もワンタップでできるので、相手にも手間をかけさせません。 

ただし、EメールタイプのAmazonギフト券はクレジットカードでしか購入できない仕様になっています。クレジットカードを持っていない人は、後述する「方法3」を利用してください。

  1. Amazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開く

    Amazon公式サイトもしくはショッピングアプリでAmazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開きます(左リンクから遷移できます)。

  2. 送信時に表示されるテンプレートデザインを指定する

    購入画面に進んだら、「イラスト」と「アニメーション」「画像・動画」の3つから好みのデザインを選択しましょう。

    「イラスト」と「アニメーション」には、「ありがとう」や「おめでとう」などのテンプレートが数十種類用意されており、[他を見る]ボタンでプレビューを見ながら選べるようになっています。

    「画像・動画」を選ぶと、好きな画像をアップロードして表紙にすることもできます。

  3. ギフト券の額面を決める

    相手に贈りたい金額を指定しましょう。最低15円から最高20万円の間なら、自由に金額を設定できます。

  4. 自分の電話番号もしくはメールアドレス宛に送信する

    「配送方法」の項目でテキストメッセージを選択し、「電話番号」項目に自分の電話番号を入力します。このとき、頭の「0」とハイフンを抜いて入力しましょう(例:9012345678)。

    SMSが使えないデータ通信専用SIMユーザーは、Eメールの宛先に自分のメールアドレスを入力してください。

  5. ギフト券登録用のURLをコピーする

    受け取り方法にSMS(電話番号)を選択した場合、URLが記載されたメッセージが届きます。このURL部分を長押ししてコピーしてください。

    自分のメールアドレス宛に送信した場合は、届いたメールにあるアカウントに登録するボタンを長押しします。

    iPhone、Androidスマホともにコピーメニューが表示されるので、リンクをコピーしてください。

  6. LINEのテキスト入力欄に貼り付けて送信する

    LINEで任意の相手とのトーク画面を開き、テキスト入力欄を長押しして「ペースト(貼り付け)」をタップします。

    URLが記入できたら、送信アイコンを押しましょう。

  7. 受け取り側:「Amazonアカウントに適用」ボタンをタップ

    「Amazonギフト券が届きました」メッセージをタップします。

    AmazonショッピングアプリもしくはAmazon公式サイトに遷移したら、必要に応じてメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

    送信時に選択したデザインで金額、メッセージ、差出人が表示されます。Amazonアカウントに適用ボタンをタップ。

    これで、ギフト券の受け取りは完了です。Amazonアカウントにギフト券残高が追加されます。

方法3:コンビニ等でAmazonギフト券を購入し、LINEでギフト券番号を共有する

LINEでギフト券番号を贈るときのイメージ

クレジットカードを持っていない場合は、コンビニや家電量販店、ドラッグストアのラックなどに陳列されているカードタイプのギフト券を現金で購入しましょう。裏面のギフト券番号をLINEで送信すれば、Amazonギフト券の残高を送れます。

ただし文字列だけで送られると、相手はパッと見てこれが「Amazonギフト券」だとは分かりません。ギフト券の額面なども確認できないので、補足メッセージを添えるようにしましょう。

  1. コンビニやドラッグストアでAmazonギフト券を購入する

    店頭販売されているタイプは、3000円・5000円・1万円・2万円のほかバリアブルタイプがあり、現金でのみ購入可能です。

    バリアブルタイプなら、レジでの購入時にギフト券の金額を1500円から5万円の間で自由に指定できます。

  2. カードの裏に記載されているギフト券番号を確認する

    店頭で購入できるタイプのギフト券は、裏面のギフト券番号がスクラッチ形式で隠れています。

    コインなどでカバーをこすって、アルファベットと数字からなる14〜15桁のコードを確認しましょう。

  3. ギフト券番号をLINEに入力して送信する

    記載されていたギフト券番号の文字列をLINEのメッセージ欄に入力します(ハイフンは入れても入れなくてもどちらでもOK)。

    1文字でも間違っているとギフト券を登録できないので、間違えないように注意して入力してください。

  4. 受け取り側:ギフト券番号をAmazonアカウントに登録する

    受け取り側は、ギフト番号をAmazonアカウントに登録する作業が必要です。

    トップ画面のアカウントアイコンをタップし、アカウントサービス横のすべてを表示に進みましょう。

    メニューからギフト券番号を登録するを選択し、続く画面でLINEで受け取った文字列を入力します(ハイフンは入れても入れなくてもどちらでもOK)。LINEのメッセージをコピーして貼り付けるのが手っ取り早いでしょう。

    最後にアカウントに登録するを押して、ギフト券残高のアカウント適用は完了です。確認画面が表示され、増えた分の残高が表示されます。