Hulu(フールー)を5年以上使ったレビュー、契約を続ける魅力や気になる点を徹底解説

Hulu(フールー)を5年以上使ったレビュー、契約を続ける魅力や気になる点を徹底解説

高画質な映画やドラマ・アニメなどを、場所を問わずいつでも見放題で楽しみたい。そんな人におすすめなのが、動画配信サービスの「Hulu(フールー)」です。

「Amazonプライム・ビデオ」「U-NEXT」「Netflix」など、さまざまな動画配信サービスがしのぎを削る中、筆者はそれらのサービスと並行して約5年ほどHuluを利用してきました。本記事では、Huluに加入してよかった点や、気になった点など実体験をもとに総合的に評価してみます。

国内最速・独占配信が充実、話題の海外ドラマが一気に見られる

Huluレビュー コンテンツが見放題

最新作も含め、配信されるすべてのコンテンツが見放題

他の動画配信サービスでは1カ月の無料トライアルが主流ですが、Huluの無料体験は2週間と少し短め。しかし、個別課金されるレンタル作品は一切なく、全作品見放題の快適さを堪能するのに2週間は十分かもしれません。

Huluは決して最安値のサービスではありません。国内の動画配信サービスは500円〜2000円前後まで料金にはバラつきがあり、Huluの定額1026円(税込)というのは総合して見ると標準的な価格帯です。それでも契約し続ける理由は、特徴的な配信コンテンツにあります。

Huluレビュー ウォーキング・デッド

『ウォーキング・デッド』の最新エピソードは見逃し配信も視聴できる

国内における動画配信サービスの先駆けとなったHuluは、米国発のサービスだけに最新作から過去のタイトルまで海外ドラマはさすがのラインナップ

たとえば、アメリカで圧倒的な人気を持つケーブル局「HBO」の代表作『ゲーム・オブ・スローンズ』を、定額でシーズン1からまとめて観ることができるのはHuluのみです。

このほか、リアルタイム配信の「FOXチャンネル」では、本国での放送とあまり変わらないタイミングで、人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の最新シーズンが日本最速配信されています。

Huluレビュー Huluプレミア

続々と新作が追加される「Huluプレミア」

注目の海外ドラマを国内で最速配信する「Huluプレミア」もおすすめです。

2018年ゴールデングローブ賞 テレビシリーズドラマ部門 作品賞・主演女優賞受賞を獲得するなど、話題を集めた『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』の独占配信のほか、オーストラリアやスペインなど、日本ではまだ知られていない話題の海外ドラマを最速でチェックできます。

詳しいラインナップはこちら

スピンオフや未公開シーンなど、Huluでしか観られないコンテンツが豊富

Huluレビュー 国内コンテンツ Huluレビュー オリジナル

左:見逃し配信から過去の人気ドラマまで豊富な国内コンテンツ右:メディアにも度々取り上げられるHuluオリジナルドラマ

親会社である日本テレビのドラマやバラエティを中心に、フジテレビやWOWOWほか在京6局のテレビコンテンツが楽しめるHulu。オンエア後に配信される「見逃し配信」や直近の作品はもちろん、20年以上も遡る過去の人気ドラマやバラエティまでチェックできるのが魅力です。

Huluレビュー 未公開シーン Huluレビュー オリジナルストーリー

放送終了後、ここでしか観られない未公開映像やオリジナルストーリーは作品ファンの気持ちを惹き付ける

また、Huluでしか観ることのできないスピンオフ作品や未公開シーン、オリジナルドラマも話題です。地上波での放送後にHuluオリジナルストーリーが展開することが多く、テレビ画面に映し出される「続きはHuluで」のテロップもすっかりおなじみになりました。

キッズプログラムは家族で楽しめる

Huluレビュー キッズプロフィール

キッズカテゴリ。ディズニーアニメをはじめ、NHKエンタープライズ作品、ウルトラマンシリーズなど、アニメや子ども向け映画などが豊富に揃う

「キッズプロフィール」が用意されていることからも分かるように、子ども向けの番組もとても充実しています。アニメや特撮番組、知育番組などが集められており、かつて子どもだった大人も喜ぶラインアップです。

Huluレビュー キッズプロフィールの内容

大人のプロフィール画面同様、「いまみてる」「だいすき」「きみへのおススメ」といったカテゴリで、視聴履歴やお気に入り作品、おすすめ作品が子どもにわかりやすいようにうまく配列されています。

小学校で必修化されるプログラミング解説の特集や、家族で楽しめる作品シリーズなど、気の利いたラインナップが特徴的です。

新作映画は物足りないが、こだわりの名作が揃う

Huluレビュー 新着映画

新着洋画にも旧作が目立つ

ドラマやアニメに強いHuluですが、映画は好みが分かれるかもしれません。映画タイトルそのものはジャンルに偏りがなく、本数も多いのですが、新作映画はほとんど配信されません。

公開から間もない新作映画を観たい場合には、先行配信もおこなう「U-NEXT」やオリジナル映画が国際的にも評価の高い「Netflix」、見放題作品の他にレンタルできる新着作品が豊富な「Amazonプライム・ビデオ」など、映画に注力している他の配信サービスを検討する余地がありそうです。

アカデミー賞受賞作品など、旧作のラインナップは充実

Huluレビュー 洋画

もっとも、新作にこだわらず質の高い作品に出会いたいなら評価は180度変わるでしょう。黒澤明や小津安二郎、ヒッチコックといった古典作品をはじめ、『タイタニック』や『ミッション:インポッシブル』など、いわゆる名作ものが多いので、往年の人気作品を見返したい人にはちょうど良いボリュームかもしれません。

また、毎週水曜日に「新着配信スケジュール」が更新され、洋画・邦画含め50本近い作品が入れ替わりで配信されます。近年話題の韓国映画など、人気のアジア映画がまとめて配信されることも多く、意外な注目作品に出会う良いきっかけになります。

Huluレビュー 洋画を英語字幕で楽しむ

「洋画を英語字幕/吹替版で楽しむ」のカテゴリでは、対応するコンテンツが一覧で表示される

また、字幕と吹き替えの両方に対応している作品も多いほか、「洋画を吹替版で楽しむ」「洋画を英語字幕で楽しむ」など、特集から作品の視聴方法を選択できる点も便利です。「英語字幕」で検索して該当コンテンツを探すこともできます。

リアルタイム配信でテレビ的な楽しみ方も

Huluレビュー リアルタイム配信 Huluレビュー リアルタイム配信 FOX

リアルタイム配信は「FOXチャンネル」「ナショナル ジオグラフィック」「MTV MIX」など。「BBCワールドニュース」は日本語同時通訳版と英語版が揃う

テレビ番組のようにあらかじめ決まった配信スケジュールで放映される「リアルタイム配信」も特徴的なサービスの一つです。番組表をチェックして、観たい番組の配信前に通知を受け取ることもできます。

Huluレビュー リアルタイム配信 スマホ タブ Huluレビュー リアルタイム配信 日本最速配信

視聴するには[リアルタイム]をタップ。人気ドラマの最新エピソードのほか、見逃し配信も観られる

今配信されている番組は、スマホのホーム画面下部にあるタブからすぐに視聴できます。個人的には「日テレNEWS24」など、ニュース番組にすぐアクセスできるのが便利だと感じていますが、海外ドラマの最新エピソードをいち早くチェックできたり、レースなどスポーツ中継の生配信をその場で視聴できるのは大きな魅力でしょう。

リアルタイム配信中のチャンネル
  • ニコロデオン
  • FOXチャンネル
  • ナショジオチャンネル
  • ヒストリーチャンネル
  • MTV MIX
  • BBCワールドニュース
  • 日テレNEWS24
  • CNN U.S.
  • Baby TV

Hulu対応機器の中でも、リアルタイム配信が視聴できる機器は限定されています。さらに2020年2月4日以降、Apple TV(第2世代/第3世代)での視聴はできなくなっているため注意が必要です。

リアルタイム配信対応機器 | Hulu Helpcenter

Hulu対応テレビも増加中、DVD以上の高画質再生が嬉しい

Huluレビュー Hulu対応デバイス テレビ Huluレビュー Hulu対応デバイス メディアプレーヤー Huluレビュー Hulu対応デバイス スマホ パソコン

視聴可能なデバイスのバリエーションが豊富。一部のゲーム機やApple TV(第2世代/第3世代)など、対応終了する機器も

多くの動画配信サービスに共通して言えることですが、さまざまな機器で視聴できるのがHuluの魅力です。インターネット対応テレビの他、PCやスマホ、タブレット、ChromecastAmazon Fire TV(Stick)などのメディアプレーヤーで楽しむことができます。

1つのアカウントで複数の機器を利用できるので、まさに場所を選ばずどこでも視聴できるのが嬉しいポイントです(ただし、同時視聴は1台のみ)。

Huluが対応テレビを順次拡大、リアルタイム配信視聴用の新機能を続々追加 | Hulu News & Information
対応機器一覧 | Hulu Helpcenter

Huluレビュー テレビ Hulu

2019年3月よりケーブルテレビ業界との連携もスタート

ところで、大画面のテレビで観るときに重要なのは画質です。この点、HuluではすべてのコンテンツがHD(720p)の画質で視聴できます。

古い作品もHD画質にコンバートされていますので、YouTubeなどで見るより断然きれいです。テレビで観る際はDVDより高画質に感じることが多く、古い作品を大画面で観返したい人には重要なポイントでしょう。

マルチプロフィールなど機能面は充実、気になるのは未知の作品との出会いにくさ

Huluレビュー マルチプロフィール Huluレビュー プロフィールを追加

左:キッズプロフィールにはペアレンタルコントロールの役割も右:プロフィールの追加画面

オーナーを含め、最大6つまでプロフィールを追加できる「マルチプロフィール」機能も便利です。お気に入りリスト・視聴履歴などが最適化された状態で個々に楽めるほか、暗証番号を設定することも可能です。

「キッズプロフィール」では、キッズカテゴリ以外の作品が表示されなくなり、子どもが知らずに暴力的・性的な映像を目にする危険を回避。また、プロフィール設定で吹き替え再生を標準設定にすることもできます

Huluレビュー 特集一覧 Huluレビュー 特集一覧

左:今後に期待したい特集一覧右:観たい作品の対象が明確なら絞り込み検索も有効

最後に敢えてHuluの弱点を挙げるなら、ユニークな特集やきめ細かいジャンル分けがあまり充実していない点でしょう。

検索機能では監督や出演者を入力して作品を検索することはできます。また、作品の詳細情報で特定の出演者やスタッフの名前をタップ(クリック)すれば、各出演者・スタッフの作品一覧を表示させることはできますが、いずれも観たい作品や演者がある前提での検索が必要です。

目を引くようなおもしろい特集や詳細でユニークなジャンル分けは、思いもよらず観たい作品に出会うきっかけになります。配信作品を思う存分堪能できる工夫はもっと充実させてほしいと感じます。

まとめ

Huluは、レンタルビデオ3~4本の値段で、6万を超えるコンテンツが見放題です。課金制の動画配信サービスの場合、レンタルした作品がつまらなかったりするとショックを受けますが、Huluならまったく気にならないでしょう。ただし、配信期限が設けられている作品があるので注意が必要です。

動画配信サービスを選ぶ最終的なポイントは、見たいコンテンツがあるかどうかという点に尽きます。日本最速・限定配信の海外ドラマやテレビ番組の見逃し配信、オリジナルコンテンツは充実しているほか、予算規模の大きい中国ドラマや厳選されたアジア作品に注目するなど、ラインナップにはこだわりが感じられます。

2週間の無料体験期間を上手に活用して、まずは自分好みのコンテンツがあるかをチェックしてみましょう。

詳しくはこちら
EDITED BY SORA