楽天モバイルで「Galaxy A41」は使える?

ドコモ・au・UQモバイル版をそれぞれ解説

「Galaxy A41(ギャラクシー エーフォーティーワン)」を持っていて楽天モバイルの契約を考えているけど、楽天モバイルで使えるかわからないということはありませんか。

本記事では、販売元がドコモ・au・UQモバイル版の「Galaxy A41」が楽天モバイルに対応しているか解説。楽天モバイル契約前に知っておきたい準備や手順、Galaxy A41がどんな機種なのかについても紹介しています。

Galaxy A41は楽天モバイルに対応している?

まず、Galaxy A41が楽天モバイルの各種機能に対応しているか一覧表にまとめました。自分が所有している(または購入予定の)Galaxy A41の各キャリアモデルが、楽天モバイルの回線や通話に対応しているかチェックしてみてください。

Galaxy A41の楽天モバイル対応表
販売元 4Gデータ通信 5Gデータ通信 通話 SMS(楽天回線) SMS(パートナー回線) APN自動設定 ETWS 110/119などでの高精度な位置情報測位
ドコモ × × × × × × ×
au × × × ×
UQモバイル 楽天モバイルによる動作未確認

ETWS:緊急地震速報や津波警報などの受信

※すべてSIMロック解除済みであることが前提

※パートナー回線は全国で楽天回線へと順次切り替え

なお、APN自動設定に非対応の機種の場合、回線開通時に自身でAPN設定をおこなわないとインターネットに接続できないので注意が必要です。

ドコモ版「Galaxy A41 SC-41A」の場合

事実上、ドコモ版Galaxy A41 SC-41Aは楽天モバイルに非対応

ドコモ版Galaxy A41 SC-41Aの場合、楽天回線のSMSのみに対応します。4Gデータ通信、通話、SMS(パートナー回線)といった機能も利用できないため、実用に耐えない対応状況ということになるでしょう。

理論上は楽天モバイル回線に接続できるはずだが、動作未確認の端末のため使えない可能性もある

なお、ドコモが公表しているGalaxy A41 SC-41Aの対応周波数を見てみると、楽天モバイル回線の「バンド3」に対応していることが確認できます(パートナー回線であるau回線のバンド18/26には非対応)。そのため、理論上はドコモ版AGalaxy A41 SC-41Aを楽天モバイルで利用できる可能性はあります。

ただし、仮に楽天モバイル回線に接続できたとしても、楽天モバイル回線のエリア外(パートナー回線)では使えません。楽天モバイルによる動作確認もとれておらず、楽天モバイルを契約しても思うように使えないリスクが高いと考えられます。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットは?

ドコモから楽天モバイルに乗り換える際は、事前にメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット
  1. スマホの利用料金を安く抑えられる
  2. 楽天モバイル回線エリア内なら無制限で高速データ通信可能
  3. 楽天リンクアプリを使えば国内通話とSMSが無制限で使い放題
  4. 契約期間の縛りや各種手数料が発生しない
デメリット
  1. ドコモに比べて回線対応エリアが未成熟
  2. 手持ちの端末が楽天モバイルに対応しない可能性がある
  3. ショップ数が少ないので地域によっては対面での相談が難しい
  4. ドコモメールなどが利用できなくなる

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え手順とメリット・デメリットまとめ

au版「Galaxy A41 SCV48」の場合

au版Galaxy A41 SCV48の場合、一部の機能は非対応だが、問題なく利用できる

au版Galaxy A41 SCV48の場合、4Gデータ通信、通話、SMS(楽天回線およびパートナー回線)に対応しています。APN自動設定など一部の機能には非対応ですが、普段使いするぶんには問題なく利用できるでしょう。

APN設定を自身でおこなうことを念頭におき、ETWS(緊急速報受信などの機能)の代わりに「Yahoo!防災」といったアプリの利用を検討してください。

auから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットは?

auから楽天モバイルに乗り換える際は、事前にメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット
  1. スマホの利用料金を安く抑えられる
  2. 楽天モバイル回線エリア内なら高速データ通信が無制限で利用可能
  3. 国内通話とSMSが無制限で使い放題
  4. 契約期間の縛りや各種手数料が発生しない
デメリット
  1. auに比べて回線対応エリアが未成熟
  2. 手持ちの端末が楽天モバイルに対応しない可能性がある
  3. ショップ数が少ないので地域によっては対面での相談が難しい
  4. auメールやキャリア決済が利用できなくなる

auから楽天モバイルへの乗り換え前に確認、メリット・デメリットまとめ

UQモバイル版「Galaxy A41」の場合

楽天モバイルに対応するGalaxyシリーズの中に、UQモバイルの記載はない

UQモバイル版のGalaxy A41は、楽天モバイルによる動作未確認の端末です。そのため、UQモバイル版Galaxy A41の利用はユーザー判断となります。

UQモバイル版のGalaxy A41の型番は、取扱説明書(※PDF)などで「SCV48」と記載されており、au版の「Galaxy A41 SCV482」と同じものとみられます。しかし、対応周波数などの記載がなく、楽天モバイルによる動作確認もできていない端末です。楽天モバイルを契約しても、au版のように利用できるという保証はありません。

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットは?

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換える際は、事前にメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット
  1. 料金プランは楽天モバイルのほうが割安
  2. 通話オプションが無料で充実
  3. 専用アプリ「Rakuten Link」で無料通話かけ放題
デメリット
  1. データ消費量がゼロになる「節約モード」が使えなくなる
  2. 楽天モバイルで手持ちの端末が使えない可能性
  3. データ容量の繰り越しができなくなる

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順とメリット・デメリットまとめ

Galaxy A41で楽天モバイルを契約する準備と手順

楽天モバイルの回線を契約するには、契約後に利用する端末がSIMロック解除されていることが前提となります。契約前に手持ちのGalaxy A41がSIMロック解除されているかどうかを必ず確認しましょう。UQモバイル版のGalaxy A41は、SIMフリー製品として販売されていますが、端末をWi-Fi接続した状態でユーザーにてSIMロック解除をする必要があります。

また、楽天モバイルの契約には本人確認のための身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)やMNP予約番号の発行(他社からの乗り換えの場合)などが必要です。こちらも契約前に忘れずに準備しておきましょう。

その他、楽天モバイルのキャンペーンや新規申し込み方法、乗り換えの手順なども必要に応じてチェックしてください。

Galaxy A41はどんな機種?

Galaxy A41の特徴
  • 有機ELを採用したGalaxyシリーズの中級モデル
  • 普段使いには十分な構成、microSDによるストレージ増設も可能
  • おサイフケータイや防水に対応、顔認証と指紋認証どちらも使える
  • カメラは3眼で、ひとつに超広角レンズを採用

Galaxy A41は、6.1インチの有機ELディスプレイを採用したAndroidスマホ。Galaxyシリーズの中では中級モデルで、有機ELを採用しながら3万円台という手ごろな価格も魅力的です。本体サイズは152.9×70.4×8.1ミリ、重量も160グラムと軽量。横幅が比較的狭いので片手でも持ちやすく、本体も軽量なので持っていても負担は少ないでしょう。

CPUはMediaTek Helio P65(MT6768)を採用し、メモリは4GB搭載。内蔵ストレージは64GBと最近のスマホとしては少し物足りなく感じますが、512GBまでのmicroSDカードで増設が可能です。全体的に値段相応の構成といった印象で、軽い使い方なら問題はないでしょう。

低価格モデルながら、おサイフケータイや防水に対応しています。生体認証は顔認証と指紋認証に対応し、ディスプレイに指紋センサーを内蔵するタイプです。ワンセグ・フルセグには対応しませんが、手ごろな値段で全部入りスマホを探しているという人には選択肢のひとつになりそうです。

背面のカメラは、広角4800万画素、超広角800万画素、深度測位500万画素の3眼です。深度測位はポートレート用となり、「ライブフォカース」機能を使うことで、背景をぼかして被写体を際立たせる撮影ができます。広角レンズは80°、超広角レンズは123°となっており、シーンに応じた画角の使い分けが可能です。

EDITED BY
AO