「iOS 16」正式発表、主な新機能まとめ【WWDC 2022】

iOS 16の対応機種はiPhone 8/8 Plus以降のモデル

Appleは2022年6月6日(米国時間)、開発者向けイベント「WWDC 2022」を開始しました。

初日の基調講演(キーノート)では、iOS、iPadOS、watchOS、macOSのアップデートのほか、最新のAppleシリコン「M2チップ」を搭載するMacBook AirとMacBook Proの発表がおこなわれました。本記事では、その中でもiPhoneユーザーからの関心が高い「iOS 16」の主な新機能について、WWDC 2022での発表内容に基づいて解説します。

iOS 16の対応機種はiPhone 8/8 Plus以降のモデル。iOS 16アップデートは2022年秋ごろに配信される予定です。

ロック画面がカスタマイズ可能に、フォントの変更やウィジェットの追加などに対応

ロック画面のデザインが変わり、カスタマイズ可能に

iOS 16では、iOSで初めてロック画面のカスタマイズ機能が搭載されます。ロック画面の編集モードを起動すると、時刻のフォントや写真の色調など、さまざまな要素のカスタマイズができるようになります。

時刻の下にはウィジェットを配置できる

時刻の下部には、好きなウィジェットを追加することも可能。天気や株価など、使用頻度の高いウィジェットをロック画面に追加しておけば、わざわざホーム画面を開かなくても必要な情報をすばやくキャッチできます。

複数のロック画面を作成できる

また、ロック画面をホーム画面のように複数ページ作成する機能も導入します。表示する写真や時刻のフォント、ウィジェットなど、事前に複数のパターンを作成しておけば、その日の気分や状況に応じたロック画面の切り替えに対応します。

通知はロック画面の下部に表示されるように

せっかくカスタマイズしたロック画面が通知で埋もれてしまわないよう、通知の表示の方法も変更されます。これまでは、画面の上部から新しい通知が追加されていく方式でしたが、iOS 16では画面下部に通知がまとめて表示されるようになります。従来のようにロック画面の一面に最新の通知を表示することや、1日中ロック画面への通知表示をオフにすることもできます。

現在進行しているアプリの状況を表示する「ライブアクティビティ」

「ライブアクティビティ」では、音楽再生やデリバリーなど、現在進行しているアクティビティの状況をロック画面から確認できるようになります。

集中モードであらゆるアプリのコンテンツをフィルタリング可能に

Safariで選択した集中モードに適したタブのみを表示させることなどができる

iOS 15で導入された集中モードにフィルタリング機能「集中モードフィルタ」が追加されます。iOS 15の集中モードは、仕事や読書などユーザーが設定したモードに対応するアプリの通知管理が主な機能でした。iOS 16では、あらゆるアプリで表示するコンテンツのフィルタリングも可能になります。

たとえば、集中モードで「パーソナル」を設定しているときは、メールアプリで仕事のメールを非表示にするといった使い方ができます。集中モードフィルタは、Apple製のアプリだけでなく、サードパーティ製のアプリもサポートします。

「メッセージ」に送信済みメッセージの編集機能や送信取り消し機能が導入

送信済みメッセージの編集機能などが追加

iOS 16では「メッセージ」アプリに、「送信メッセージの編集機能」と「送信の取り消し機能」「スレッドの未読化機能」の3つの新機能が追加されます。送信メッセージの編集機能では、すでに送信済みのメッセージのテキストを編集できます。送信したあとに入力ミスに気づいたり、書き方を変えたりしたいときでも、編集機能を使えば簡単にメッセージの修正が可能です。

送信メッセージの取り消しにも対応する

送ったあとに送信内容を取り消したいときは、送信取り消し機能を使えば相手が読む前にメッセージを消去できます。

また、すでに開いたスレッドでも未読の状態に変更できるようになります。重要な情報を含むスレッドを、あとでもう一度忘れずに確認したいときなどに活用できそうです。

「マップ」で最大15箇所を経由するルート案内が可能に

「マップ」アプリで最大15個までの経由地を設定可能に

Appleの地図アプリ「マップ」のナビゲーション機能で、最大15箇所までの経由地を含むルート案内が可能になります。運転中に経由地を追加したい場合は、Siriを利用すればハンズフリーで経由地の追加ができます。

交通系ICカードの管理も「マップ」アプリ上でできる

また、Apple Payに登録している交通系ICカードを「マップ」アプリから確認できるようになります。残高の確認やチャージも「マップ」アプリ上からできるため、地図上の現在地や道順の画面を離れずに交通系ICカードの管理ができます。

キーボードを表示しながら音声入力が可能に、タッチと音声を組み合わせたテキスト入力に対応

音声入力とキーボード入力を同時に利用できる

これまでテキストを音声入力する際は、キーボードの表示が消えてしまっていたため、キーボード入力に戻るためには再度キーボードを表示させる操作をおこなう必要がありました。iOS 16では、音声入力をしている間でもキーボードが表示され続けるため、音声入力をしながらキーボードでテキスト入力を組み合わせて利用することができます。

たとえば、すでに入力されているテキストをタップで選択し、音声入力で入力し直すといったことが可能になります。

また、iOS 16の音声入力では、音声入力のみで句読点やクエスチョンマークをテキストに挿入されます。絵文字を示すワードを読み上げれば、自動的に絵文字に変換して挿入することもできます。

「テキスト認識表示」でビデオからテキスト抽出が可能に

ビデオからのテキスト抽出に対応

テキスト認識表示はiOS 15で導入された機能で、写真の中に写っているテキストを選択したりコピーしたりすることができます。iOS 16では、テキスト認識表示がビデオでもできるようパワーアップします。

テキストが映っているシーンでビデオを停止すれば、画面上に表示されているテキストのコピーや検索ができます。

クイックアクションの導入で使えるアクションが増える

また、テキスト認識表示にクイックアクションを導入することにより、使えるアクションがさらに豊富になります。テキスト認識表示のクイックアクションでは、通貨の換算や他言語テキストの翻訳機能などが利用できます。

追加手数料なしで分割払いができる「Apple Payで後払い」(米国のみ)

Apple Payで分割払いができる「Apple Payで後払い」は米国のみの提供

Apple Payには、追加手数料を払わずに分割払いができる「Apple Payで後払い」機能が追加されます。「Apple Payで後払い」を使うと支払料金が4分割され、6週間にかけて支払いをおこなえます。純正のWalletアプリで手数料を払わずに分割決済ができるという魅力的な機能ですが、「Apple Payで後払い」は米国内のみでの提供となります。

Apple Payでの注文情報が見られる「注文の追跡」は日本国内でも利用可能

日本国内では、Apple Payで注文した商品の価格や、配達予定日、購入した店舗などを確認できる「注文の追跡」機能を新機能として利用できます。

ファミリー共有のアップデートで、子ども用デバイスのセットアップがより簡単に

最大5人の家族とサブスクリプションなどを共有できるファミリー共有のアップデートで、子ども用アカウントの作成や適切なペアレンタルコントロール設定がより簡単にできるようになります。

クイックスタートでペアレンタルコントロール設定ができる

また、子ども用に用意したデバイスに、クイックスタートでペアレンタルコントロール設定ができる機能も追加されます。デバイスのセットアップ時に、クイックスタートを利用すると、Apple IDのセットアップなどと同時にユーザーが事前に設定したペアレンタルコントロールの内容を適用できます。家族の誰がデバイスを使うか選択するだけなので、複数のデバイスでいちいちペアレンタルコントロールの設定をする手間が省けます。

「iCloud共有写真ライブラリ」でスピーディーに家族と写真共有ができるように

iCloud共有写真ライブラリ

iOS 16では、最大5人の家族と共有できる新しい共有ライブラリ「iCloud共有写真ライブラリ」が新たに登場します。家族と共有する写真は、日にちや写っている人などから指定して選択できます。

カメラの撮影画面からiCloud共有写真ライブラリへの共有のオン/オフを設定できる(黄色いボタン)

また、写真を撮影したらすぐに家族と共有できる機能も導入されます。カメラの撮影画面に新しく追加されるボタンをタップすると、共有のオン/オフを簡単に切り替えられるため、状況に応じて柔軟に共有設定を変更できます。

位置情報を利用して家族が近くにいる場合は、自動で写真が共有される機能も利用できるようになります。写真に加えられた編集や、写真の削除などもiCloud共有写真ライブラリで即座に共有されます。

他ユーザーに許可したアクセスのリセット機能「セーフティチェック」を搭載

家族などから暴力行為にあっている人をサポートするための「セーフティチェック」

iOS 16では、家族などから暴力行為にあっている人のために、自身のアカウントへのアクセスをリセットできる「セーフティチェック」が利用できるようになります。「探す」アプリでの位置情報の確認や、アプリのアクセス許可などを確認してリセットすることができます。

アクセス許可の設定画面では、誰にアクセスを許可したかや、特定のアプリにどのような権限を与えているかを一覧で確認可能です。

EDITED BY
TOKIWA