スマホでLINEなどに音声入力する方法、句読点や改行の入力も解説【iPhone/Android】

スマホでLINEなどに音声入力する方法、句読点や改行の入力も解説【iPhone/Android】

料理中など手が離せないときやスマホの画面を触れないときに、思いついたことを書きとめておきたい。そのような場面ではスマホの音声入力機能が活躍します。

音声入力は、メモを取るだけでなくLINE(ライン)やメールのメッセージの入力も可能です。使いこなせれば、フリック入力よりも素早く文章を入力できるようになるかもしれません。

本記事では、スマホで音声入力をおこなうための設定方法や、日本語による音声入力時に注意すべき点を解説します。

準備:端末の設定で音声入力をオンにする

音声での入力を試そうと思っても、スマホの画面に音声入力を始めるためのマイクボタンが見つからないことがあります。まずは、端末の「設定」で音声入力の機能を有効にする方法を解説します。

iPhoneで設定する手順

iPhoneでは「設定」アプリで音声入力の設定をおこないます。

音声入力設定 iPhone音声入力設定 iPhone

[一般]→[キーボード]と進み、「音声入力」のスイッチをオンにして[音声入力を有効にする]をタップしてください。

音声入力設定 iPhone音声入力設定 iPhone

左:ホームボタンのある機種の場合右:ホームボタンのない機種の場合

すると、ホームボタンのある機種では[]の右隣に、ホームボタンのない機種ではキーボードの右下にマイクボタンが表示されます。

これで、iPhoneの音声入力設定は完了です。

iPhoneのキーボードから絵文字、マイクボタンを非表示にする(消す)方法

Androidスマホで設定する手順

Androidスマホでは、機種やAndroid OSのバージョンによって音声入力の設定方法が異なる場合があります。本記事では、Google Pixel 3a(Android 11)で検証をおこなっています。

音声入力設定 Android音声入力設定 Android

まずは、スマホの「設定」で[システム]→[言語と入力]と進みます。

音声入力設定 Android音声入力設定 Android

「言語と入力」で[画面キーボード]→[Gboard]と進み、さらに深い階層に入っていきます。

音声入力設定 Android音声入力設定 Android

「Gboard」の設定画面に[音声入力]があるので、これを選択します。そこで「音声入力を使用」のスイッチをオンにすればOKです。

音声入力設定 Android

音声入力設定をオンすると、キーボードの右上に黒色のマイクボタンが表示されます。

本検証で使用しているキーボードアプリは「Gboard」です。他のキーボードアプリでも音声入力に対応している場合は、同様の手順で音声入力の設定ができます。

音声入力でLINEのメッセージを作成する

音声入力の設定をオンにしたら、LINEのトーク画面を開いてメッセージを音声で入力してみましょう。

従来どおり、トークでメッセージを入力するところまで進んでキーボードが表示されたら、マイクボタンをタップします。すると、音声入力ができるようになります。

音声入力

iPhoneの音声入力画面

iPhoneでは音声入力画面に遷移、Androidスマホでは「お話しください」というメッセージが表示されるので、入力したい文章を声に出してください。入力したメッセージを送るには、送信ボタンをタップする必要があります(音声操作での送信はできません)。

音声入力の際は、漢字とカタカナの単語を自動的に変換してくれます。変換の手間が省けて便利なのですが、その反面、あえてひらがなのまま入力するといったことはできません。文面に工夫をこらしたい場合は、音声入力した文章をキーボードで修正する必要があります。

音声アシスタントを使ったLINEの操作も可能

LINEは、GoogleアシスタントやClovaといったAIアシスタントを活用した音声による操作に、一部の機能が対応しています。

Android版LINEでは、スマホに向かって「OK Google、○○(相手)にLINEを送って」と話しかけてメッセージを送ったり、受け取った新着メッセージの内容を読み上げさせたりすることも可能です。

また、スマホに話しかけるだけでLINEの各種機能の起動や、天気・ニュースの検索などがおこなえる「音声検索・操作」も提供。ただし、トークの操作には非対応で、現状ではプロフィールやタイムライン、LINE Payなどを音声で立ち上げられるにすぎません。

句読点・改行・記号なども音声で入力できる

音声入力 記号

音声入力では、文章の途中に句読点や記号などを挿入できます。読点()を入力したいときは「てん(iPhoneのみ)」か「読点」、句点()を入力したいときは「まる(iPhoneのみ)」か「句点」と声に出してください。

そのほか、主な記号の音声入力での入力方法を表にまとめました。iPhoneとAndroidスマホのどちらでも入力できる記号は太字、それ以外のものはiPhoneのみに対応する入力方法です。

音声入力に対応している主な記号等と入力方法
入力する記号等 発声する言葉
改行 かいぎょう
タブ タブキー
スラッシュ
ビックリマーク、かんたんふ
はてなマーク、クエスチョンマーク、ぎもんふ
× バツ、かける
たす、プラス
イコール
かぎかっこ
かぎかっことじ
かっこ
かっことじる
アットマーク、アット
やじるし
パーセント
アンド
シャープ

上表で取り上げたもの以外にも、多くの記号の入力に対応しています。いろいろなパターンを試してみてもいいかもしれません。

音声入力がうまくできないときに確認したい点

スマホの音声入力がうまくいかないときは、以下の点を確認してみましょう。

自分の周囲がうるさくないか

すぐ近くで人が話している状況や人混みの中などで、他人の声が重なると正しく音声入力ができません。スマホのマイクが他の声も拾って入力してしまうためです。

自分で声に出した文章に意図しない文字や単語が入ってしまったときは、周りが静かな場所に移動してから音声入力を再開してください。

誤ったマイクボタンをタップしていないか(例:LINEのボイスメッセージ)

音声入力 できない場合音声入力 できない場合

左:LINEのメッセージ入力欄の隣にあるマイクボタンは「ボイスメッセージ」用右:タップするとボイスメッセージの録音画面が表示される

LINEの場合、音声入力用のマイクボタンとは別に、「ボイスメッセージ」を録音するためのマイクボタンがメッセージ入力欄の横に表示されています。「ボイスメッセージ」は、自分の声を録音して音声データを相手に送信する機能なので、音声入力とは異なります。

どちらもマイクボタンの形が似ているので、間違えないようにしましょう。

文字起こし(録音された音声による入力)は困難

録音した音声データの文字起こし(テープ起こし)が音声入力でできたら大変便利ですが、残念ながらそれは厳しいようです。

今回、iPhoneとAndroidスマホを使って実際に検証をおこないました。録音した日本語の音声をマイク部分で聞かせたところ、どちらも「音」としては認識するものの文章の入力はされませんでした。

検証端末:iPhone X(iOS 14.5)、Pixel 3a(Android 11)

EDITED BY
TOKIWA