LINEで相手の友達リストから自分を消す方法と注意点

一度友だち追加されると気軽には削除できない

完全に縁を切りたい相手がいる場合に、LINE(ライン)でのつながりは最も早く断ち切りたいもの。相手をブロックすればLINE上でのコンタクトは一切受け付けませんが、もはや相手の友だちリストに自分が存在していることすら嫌な人もいるでしょう。

そこで本記事では、LINEで相手の友だちリストから自分を消す方法と、その注意点を紹介します。実際におこなった場合、相手側にどのような影響があるのかなども細かく解説しているので参考にしてください。

相手の友達リストから自分を消す2つの方法

まず前提として、LINEには相手の友だちリストから自分を消す機能は搭載されていません。一度友だちリストに追加されてしまうと、そこから手軽に自分を消すのは難しいのが現状です。

似たような趣旨として「友だちリストから特定のアカウントを消す」機能が備わっていますが、この機能はお互いに作用するものではありません。

上図で説明するように、AのLINEから一方的にBを消すことはできますが、同時にBのLINEからAが消える、といったことは起こらないのです。

この2点を理解した上で、以下のLINEで相手の友だちリストから自分を消す方法に進みましょう。

方法1:相手に依頼して自分のアカウントを友達リストから削除してもらう

相手に依頼して自身のアカウントを消してもらうのが、一番手っ取り早く負担も少ない方法です。

LINEの友だち削除機能では、相手の友だちリストから自らを消すことはできませんが、相手側に操作してもらって自らを友だちリストから消してもらうのは簡単です。

とはいえ、相手に直接その旨を伝えるのは難しいという人も多いはず。その場合は、後述するアカウント削除やブロック削除も合わせて検討してください。

相手にLINEアプリで友だちリストを開いてもらって、あなたのアカウントを長押し後に削除をタップ。これで友だちリストから削除できました。

削除され次第、相手の友だちリスト上にあなたのアカウントが表示されなくなります(実際に削除されたかどうかを確認する方法はない)。

自分の存在をより完全に消してもらいたい場合は、トークルームの削除も合わせて実行してもらいましょう。

方法2:自分のLINEアカウントを削除(退会)する

相手に削除を依頼するのが難しい場合、残る方法は「LINEアカウントを削除(退会)する」しかありません。

確かに自身のLINEアカウントを消せば、友だち全員のリストからあなたのアカウントが消えます。ただ同時に、LINEの全データ・アイテムを消してしまう非常にリスクの高い行為でもあります。

LINEのアカウント削除(退会)で失う主なデータ
  • 友だちリスト
  • グループ
  • トーク履歴
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(ツムツムなど)
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Pay残高・LINEポイント残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • 通知などの設定

その上、一度消したアカウントは、同じ電話番号で再登録しても元には戻りません。

LINEアカウントの削除は、どうしても相手の友だちリストから自分を消したい、そしてゼロベースでLINEをやり直したいといった場合にのみ、慎重におこないましょう。

補足:LINE上で縁を切りたいだけならブロック削除も効果的

特定の相手のために、LINEの全データを犠牲にするのはあまり現実的ではありません。

二度とLINEでつながりたくない、縁を切りたいといった場合には、相手をブロックした上でブロックリストから削除するのもひとつの手です。

一方的ではありますが、手軽にLINE上での関係を断ち切れるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

LINEアカウントを削除すると相手にはどう見える?

「アカウント削除」をおこなうと、友だちだった人にはどういった影響があるのでしょうか。LINEアカウント削除後に起こる変化を細かく調べてみました。

相手の友達リストからアカウントが消える

LINEアカウントを削除すると、LINEで友だちだったすべての人の友だちリストで、あなたのアカウントが表示されなくなります。

アカウント削除前

アカウント削除後

実際に試してみると、LINEアカウントの削除と同時に相手の友だちリストから消えました。

その際、通知が届いたり履歴が残ったりといったことはありませんでした。

トークルーム上にアカウント名・アイコン画像が表示されなくなる

メッセージのやりとりをしたことがある全員のトークルームやトークリスト上から、アカウント名やアイコン画像が表示されなくなります。

アカウント削除前

アカウント削除後

削除済みアカウントとのトークルームを見ると「メンバーがいません」と記載され、アカウント名が非表示になっていました(iOS版/Android版共通)。アイコンは初期設定のものが表示されます。

アカウント削除前

アカウント削除後

トークルームを開くと、〇〇(アカウント名)が退出しました(Androidの場合は、Unknownが退出しました)メッセージとともに、アカウントを削除した時刻が表示されます。

アカウント削除前

アカウント削除後

グループトークは自動的に退会し、アカウント名はすべて「Unknown」に変更されます。アイコンも表示されません。

トーク履歴やアルバムはトークルームに残り続ける

アカウントを削除しても、トーク履歴や送信した写真、作成したアルバムは消えません。

事前に削除しておかない限り、トーク履歴は相手のLINE上に残ります。過去に共有したアルバムやノートなども相手側からは閲覧し続けられる状態です。

アカウントの削除後はLINE自体にアクセスできなくなってしまうので、これらのデータは消したくても消せません。気になる人は、アカウントの削除前にトーク履歴やアルバムを消去しておくのがいいでしょう。

検証バージョン
LINE
iOS
11.10.0
LINE
Android
11.11.0
EDITED BY
MOEGI