LINEで相手の友達リストから自分を消す方法と注意点

LINEで相手の友達リストから自分を消す方法と注意点

完全に縁を切りたい相手がいる場合に、LINE上での繋がりは最も早く断ち切りたいもの。相手をブロックすればLINE上でのコンタクトは一切受け付けませんが、もはや相手の友達リストに自分が存在していることすら嫌な人もいるでしょう。相手に自分のLINEアカウントを削除してもらうように依頼すれば済む話ですが、なかなかそうはいかないものです。

そこで本記事では、LINEで相手の友達リストから自分を消す方法と、その注意点を紹介します。実際におこなった場合、相手側にどのような影響があるのかなども細かく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

自分のLINEアカウントを削除すると相手の友達リストからも消える

LINEで一度相手に友達として追加されてしまうと、そこから手軽に自分を消すのは難しいのが現状です。

相手の友達リストから自分を消す方法はアカウント削除だけ

結論からいうと、相手の友達リストから自分を削除するには「自分のLINEアカウントを削除(退会)する」しか方法がありません。

冒頭で述べたように、相手に依頼して自分のアカウントを友達リストから削除してもらえば済む話ですが、あまり現実的ではないでしょう。

ただ、アカウントを削除するとLINEの全データが削除されるうえ、相手のLINE上にはトーク履歴やアルバムが残ったままとなります。このようなリスクや注意点を確認したうえで、どうしても相手の友達リストから自分を消したい場合は、以下の記事を参考にLINEアカウントを削除しましょう。

注意点1:すべてのデータが消えてしまう

前述のように、LINEには相手の友達リストから自分を消す機能は存在しません。唯一の方法である「アカウント削除」をおこなうと、下記リストに挙げているようにすべてのデータが消えてしまいます。

注意
LINEのアカウント削除(退会)で失う主なデータ
  • 友だちリスト
  • グループ
  • トーク履歴
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(ツムツムなど)
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Pay残高・LINEポイント残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • 通知などの設定

LINEアカウントの削除は、どうしても相手の友達リストから自分を消したい、そしてゼロベースでLINEをやり直したいといった場合にのみ、慎重におこないましょう。

注意点2:友達リストからは消えるがトーク履歴やアルバムは残り続ける

注意したいのが、たとえLINEアカウントを削除しても、トークルームは残るということ。つまり、トーク履歴や送信したメッセージ内容が消えるわけではないのです。また、個別に削除しておかない限り共有したアルバムやノートも相手からは閲覧し続けられます。

LINEで相手の友達リストから自分を消す 注意点 LINEで相手の友達リストから自分を消す 注意点

アカウント削除後、アカウント名が1対1トークでは「メンバーなし」、グループでは「Unknown」に変わるものの、LINEでのやりとりは消えません。ノートやアルバムの写真もダウンロードして保存できます。

アカウントの削除後はアルバムやノートを消したくても消せない状況になってしまうので、気になる人は事前に消去しておくのがいいでしょう。

LINEアルバムを「削除」する方法と注意点、相手やグループへの通知やトーク表示など
LINE「ノート」機能の使い方──編集・削除の方法や通知の仕様、タイムラインとの関係など

アカウント削除後の相手からの見え方

では、実際にアカウントを削除するとそれまで友達だった相手にはどういった影響があるのでしょうか。アカウント削除後の友達リストやトークルームの挙動を細かく検証してみました。

友達リストからアカウントが消える

LINEアカウントを削除すると、LINEで友達だったすべての人の友だちリストで、あなたのアカウントが表示されなくなります。

LINEで相手の友達リストから自分を消す 相手からの見え方 LINEで相手の友達リストから自分を消す 相手からの見え方

実際に試してみると、アカウントを消すと同時に、相手の友達リストから消えることが確認できました。その際、通知が届くといったことはないので安心してください。

アカウント名が表示されなくなる

前述で触れたように、アカウント削除後も相手とのトークルームは残り続けます。ただ、あなたのアカウント名が表示されることはありません。

LINEで相手の友達リストから自分を消す 相手からの見え方

トークリストを見ると、1対1トークでは削除済みアカウント名の表記が「メンバーがいません。」に変わっています。アイコンも初期設定のものが表示されるようです。

LINEで相手の友達リストから自分を消す 相手からの見え方 LINEで相手の友達リストから自分を消す 相手からの見え方

1対1のトークルームには「メンバーなし」と記載され、「Unknownが退出しました。」というメッセージとともにアカウントを削除した時刻が表示されます。

グループトークではアカウント名の部分はすべて「Unknown」に変更され、「Unknownが退出しました。」というメッセージとともに自動的にグループを退出します。

完全に縁を切りたいならブロック・削除も効果的

前述の通り、LINEのアカウント削除にはデータの消失というリスクが伴います。もし二度とLINEでつながりたくない、縁を切りたいといった場合には、相手をブロックした後、ブロックリストから削除してしまうのもひとつの手です。

この方法では、相手からのコンタクトをすべて拒絶できることに加え、自分の友達リストから相手を消すことができます。つまり、LINEのデータを消すことなく、特定の相手とのLINE上での関係を完全に断ち切ることができるというわけです。

自分のアカウントを削除するよりも手軽でリスクもないので、一度検討してみてはいかがでしょうか。詳しい方法などは下記の記事を参照してください。

EDITED BY MOEGI