LINE絵文字の購入・使い方 一覧の出し方、文字化け・表示されないときの注意点も

LINE絵文字の購入・使い方まとめ 出し方や文字化け・表示されない場合の注意点も

LINE(ライン)のトークではメッセージやスタンプを送り合えますが、絵文字やデコ文字(ひらがなスタンプ文字等)などもトークを彩る必須アイテムの一つです。

本記事では、LINE絵文字の使い方や購入方法のほか、無料で提供されている絵文字の出し方、文字化けなどでうまく表示されないときの対処法なども解説します。

LINEで使える「絵文字」「デコ文字」とは?

LINEスタンプは人気のツールですが、より幅広いユーザーに親しまれているのが絵文字やデコ文字かもしれません。ガラケー時代も多く使われていました。

LINE トークルーム スマイルアイコン  LINE トークルーム 絵文字

スタンプ同様、トークのメッセージ入力欄の中にあるスマイルマークをタップすることで候補を表示できます。無料で20種類以上が用意されていて、それぞれダウンロードして利用します。

LINE ホーム スタンプ LINE スタンプショップ 絵文字

LINEキャラクターズのほか、サンリオ、ディズニー、TVアニメなど、さまざまな人気キャラクターの「LINE絵文字」が次々と追加されており、その数は160種類を超えています(2020年8月現在)。

LINE絵文字は1セット250円(100コイン)で、アプリ内のスタンプショップだけでなく、LINE STORE(LINEのウェブストア)からも購入できます。

LINE 絵文字 デコ文字

デコ文字の例

また、絵文字のカテゴリに含まれる「デコ文字」とは、上記のように大きくてカラフルな絵文字のことを指します。ひらがな・カタカナ・アルファベット・特殊記号・数字などがあり、無料でダウンロードできます。

LINE絵文字を入手する方法

ここではiPhoneを例に、アプリ内のスタンプショップで絵文字を購入する方法と、無料でダウンロードする方法を解説していきます。詳しい購入手順は、スタンプの場合とまったく同じです。

LINE STOREでLINE絵文字を購入する際は、LINEプリペイドカードLINE Payなど多様な決済方法が選択できます。

アプリのスタンプショップとLINE STOREの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

有料のLINE絵文字を購入する

1ホームタブで「スタンプ」→「絵文字」を選択する

LINE ホーム スタンプ LINE スタンプショップ 絵文字

有料のLINE絵文字を新しく入手するには、LINEアプリの「ホーム」タブで[スタンプ]を選択し、スタンプショップへと進みます。

LINE絵文字は、スタンプショップの「絵文字」タブで検索できます。

LINE 絵文字情報

購入したい絵文字をタップすると購入画面に移動し、絵文字の一覧や価格、利用期限などを確認できます。

友だちの絵文字をすぐにショップで確認する方法

LINE スタンプショップ トークから

LINE絵文字のダウンロード画面には、トークルーム内で送受信された絵文字の長押し→[ショップ]からでも移動可能です。友だちとの会話の中で気になる絵文字があれば、即座にスタンプショップでチェックできます。

2絵文字を選んでコインで購入する

LINE 絵文字情報 購入する LINE 絵文字 コインチャージ

買いたいLINE絵文字を選択したら、[購入する]をタップします。

スタンプショップにおける絵文字の購入にはLINEコインが必要です。足りない場合は不足分のコインをチャージします。

LINE 絵文字 コインチャージ LINE 絵文字 コインチャージ

LINE絵文字は通常1セット100コイン(250円)なので、ここでは[¥250]をタップして100コインをチャージ。App Storeの決済でLINEコインを購入します。

LINEコインについては、以下の記事で詳しく解説しています。

LINE 絵文字 コインチャージ完了 LINE 絵文字 購入

LINEコインの購入チャージが完了したら、[OK]をタップして進みます。

続けて「〜絵文字(100コイン)を購入しますか?」のポップ表示で[OK]を選択し、チャージした100コインで絵文字を買います。

LINE 絵文字 ダウンロード完了 LINE トークルーム 絵文字選択

購入が完了すると、自動的に絵文字がダウンロードされます。その後トークルームのメッセージ入力欄でダウンロードした絵文字を確認し、トーク内で使用できます。

また、LINE絵文字は友だちにプレゼントすることも可能です。

無料のLINE絵文字をダウンロードする

現在デフォルトで24セット(約5000種類)の絵文字が無料で提供されており、ダウンロードしてすぐに利用できます。次の方法以外に、トーク中の絵文字入力画面からも入手できます

1ホームタブの「設定」から「スタンプ」を選択

LINE ホーム 設定 LINE 設定 スタンプ

「ホーム」タブで設定ボタン[]→[スタンプ]の順にタップします。

2「マイスタンプ」→「絵文字」を選択し、好きな絵文字をダウンロードする

LINE スタンプ マイスタンプ LINE マイスタンプ 絵文字

「スタンプ」画面で[マイスタンプ]を選択。

「マイスタンプ」画面で[絵文字]タブを開いて、リストアップされている絵文字から好きなものを選択し、ダウンロードボタン[]をタップすれば完了です。

トークでのLINE絵文字の使い方

実際にトークで絵文字を使う手順を見ていきましょう。

絵文字・デコ文字の出し方

LINE トークルーム スマイルアイコン LINE トークルーム 絵文字表示

メッセージ入力欄でスマイルアイコンをタップし、絵文字タブ(くまのマーク)に切り替えると、デコ文字を含む絵文字一覧が表示されます。

使いたい絵文字を選んで[送信]をタップすれば、トークに投稿されます。

絵文字・デコ文字のさまざまな使い方

LINE 絵文字のみ投稿

絵文字だけ単独で投稿すると、小さめのスタンプのように表示されます(スタンプのように表示されない絵文字もあります)。

LINE デコ文字 LINE デコ文字のみ投稿

デコ文字(スタンプ文字)は絵文字の入力画面で一覧を開き、テキストのように入力していくと便利です。

デコ文字も通常、1文字だけ入力して送信すると、ミニスタンプのようにメッセージの吹き出しに入らない形で投稿されます。

LINE テキストと絵文字

絵文字とともにテキストを入力すれば、吹き出し内で絵文字が投稿されます。

LINE デコ文字 サジェスト

また絵文字やデコ文字は、サジェストに表示することも可能です。

サジェスト機能を有効にするには

LINE サジェスト設定

サジェストを有効にするには、LINEの[ホーム]タブで設定ボタン[]→[トーク]と進み、[サジェスト表示]をオンにします。

なお、スマホに依存した絵文字(キーボードアプリ由来の絵文字など)を使うこともできますが、相手と携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク等)やLINEのバージョンが違ったりすると正しく表示されなかったり、文字化けしてしまったりする場合もまれにあるため注意が必要です。

デコ文字の使い方は次の記事でも詳しく解説しています。

タイムライン・プロフィールでもLINE絵文字が使える

LINEの絵文字やスタンプはトーク以外にも、タイムラインの投稿やプロフィール背景のデコレーションなどにも利用できます。

タイムラインで使う

LINE タイムライン LINE タイムライン 投稿

タイムラインにスタンプを投稿するには、[タイムライン]タブで[+]マークをタップし、[投稿]画面を開きます。

LINE タイムライン スマイルアイコン LINE タイムライン スタンプ 確認

タイムラインの投稿画面が開いたら、スマイルアイコンをタップ。

トークに投稿する時と同じく、スタンプや絵文字を選択しましょう。選択後[確認]をタップします。

LINE タイムライン スタンプ 投稿 LINE タイムライン 投稿

スタンプがタイムライン投稿に添付(プレビュー)された状態となります。スタンプの背景色を変更することも可能です。選んだスタンプをキャンセル・変更したい時は、プレビューされたスタンプ右上にある[×]をタップすればOK。

[投稿]をタップすると、ホームやタイムラインへ投稿されます。

LINE タイムライン スタンプと絵文字

タイムラインでは、絵文字を単独でスタンプのように投稿することはできません。ただし、テキストと絵文字を組み合わせての利用は可能です。

LINE タイムライン スタンプを複数投稿 LINE タイムライン サウンドスタンプ

また、複数のスタンプを選択して投稿することも可能ですが、サウンドスタンプやアニメーションスタンプは1件の投稿につき1つしか使用できません。

プロフィール背景で使う

LINE プロフィールデコレーション

プロフィールに「デコレーション」と呼ばれる新機能が登場しました。プロフィール背景にSNSリンクを貼り付けたり、スタンプや好きなメッセージを挿入したりして自分なりに“デコれる”もので、その中で絵文字も活用できます。

LINE プロフィール 絵文字 デコ LINE プロフィール 絵文字 デコ LINE プロフィール 絵文字 デコ

使い方は簡単。LINEで自分のプロフィール画面を開いたら、[デコ]をタップします。デコレーションのメニューで下部のスマイルボタンをタップすると、スタンプや絵文字を貼り付けられる画面になります。絵文字とスタンプは上部の顔マークで切り替え可能です。

貼り付けたい絵文字を選んで、サイズや向きなどを調整したら、[保存]をタップしてデコレーションが完了します。保有しているスタンプや絵文字を活用すれば、オリジナリティの高いプロフィールにカスタマイズできるでしょう。

絵文字が出ない、表示されない、文字化けする場合

絵文字がうまく表示されないときは、以下のようにさまざまな原因が考えられます。ただし、自分と相手に由来することでもあるため、特定するのは困難かもしれません。

  • 古いOSバージョンのスマホを利用している
  • 自分または相手が古いバージョンのLINEアプリを利用している
  • キャリア独自の絵文字を使っている(現在は概ね共通化されている)
  • サードパーティ(LINE以外で入手した)絵文字を利用している など

現実的にはすぐにおこなえる対処法は、LINEアプリをアップデートする程度でしょう。また、あまり特殊な絵文字は利用しないことが予防策の一つともいえます。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.0、Android版10.14.2

EDITED BY SORA