LINEで送信取り消しされたメッセージを復元して見る方法とは

専用アプリを使って確認する方法と注意点

LINE(ライン)で誤送信してしまったときに役立つのが、メッセージの「送信取り消し」機能。便利である一方、受信側のトークルームには「○○がメッセージの送信を取り消しました」と表示が残るため、その内容が余計に気になってしまいます。

この記事では、LINEにおける送信取り消しの仕様を簡単に紹介したうえで、専用アプリを使って送信取り消し後のメッセージを復元して確認する方法を紹介します。

本記事で紹介しているアプリはいずれもiPhone(iOS)には対応しておらず、Androidスマホ向けの内容となることをあらかじめご了承ください。

LINEで送信取り消しされたメッセージを読む裏ワザはある?

送信取り消しされたLINEのメッセージを確認できるかどうかは、利用している機種(iPhone/Androidスマホ/パソコン)によって異なります。

iPhone・PC:送信取り消しされたメッセージを読む手段はない

iPhoneおよびPCでは、LINEの送信取り消しされたメッセージを復元して読む方法はありません。

iPhoneの場合、設定次第ではメッセージを受信した際に通知バナーにメッセージ内容が表示されますが、相手が送信取り消しすると「メッセージの送信を取り消しました」という通知内容に変わってしまいます。

取り消されたメッセージは復元できないので、リアルタイムで通知内容を目にしていない限り、後から確認することはできないわけです。

Androidスマホ:既読回避アプリで送信取り消しされたメッセージを読める

LINEアプリのトーク画面

既読回避アプリのトーク画面では取り消されたメッセージが表示されたまま

Androidユーザーであれば、サードパーティアプリを使って送信が取り消されたLINEのメッセージを読むことが可能です。具体的には、LINEで届いたメッセージをLINEアプリを開かずに(既読を付けず)に閲覧できる「既読回避」アプリを使います。

既読回避アプリはその名の通り、相手のメッセージに既読を付けずに読めるアプリですが、送信取り消しされたメッセージを確認できるという一面もあります。

本記事ではAndroidユーザーが既読回避アプリを使って送信取り消しされたメッセージを確認する方法について解説しています。ただし、これらのアプリも万能ではないため、使用するにあたってまずは注意点を確認してください。

LINEで送信取り消しされたメッセージを読む際の注意点

Androidユーザーが既読回避アプリを使って送信取り消しされたメッセージを確認する際は、以下の点に注意しましょう。

アプリ使用前に受信したメッセージはさかのぼって確認できない

厳密にいうと、既読回避アプリは取り消されたメッセージを「復元する」ものではありません。取り消し後も既読回避アプリには当該メッセージが残ったままになるため、送信取り消し後でも関係なく読むことができる、というだけです。

そのため、アプリ使用前に受信したメッセージをさかのぼって確認することはできません。既読回避アプリが受信できるのは、アプリをインストール後、適切な設定が済んだ後に受信した新規メッセージのみとなります。

通知が表示されなかったメッセージは反映されない

既読回避アプリでは、通知領域からLINEのメッセージを記録します。

適切な通知設定がされていなかったり、相手とのトークルームを開いている時に受信してしまったりすると、アプリに反映されません。

基本的に写真や動画は表示できない

後述するアプリ「あんりーど」は、Android 10までなら受信した写真の表示が可能です。しかし、あんりーどであっても、Android 11以上を搭載したスマホの場合はOS側の制限により写真を閲覧することはできません。

写真・動画、ボイスメッセージ、LINE MUSICの楽曲、連絡先・位置情報・ファイルなどメッセージ以外のコンテンツは、基本的にアプリ上では表示できないものと思っておいたほうがよいでしょう。

送信取消されたメッセージを見るアプリとその使い方

送信取り消しされたメッセージを見るためにおすすめの既読回避アプリを2つ紹介します。それぞれに機能性や特徴が異なるので、自分の好みのものをインストールしてください。

なお、機種によっては正しく通知設定をしていてもうまく受信できないケースがあるようです。その場合、以下で紹介するアプリだけでなく他の既読回避アプリも試してみましょう。

まずはメッセージ受信に必要な通知設定をおこなう

既読回避アプリは、通知領域からLINEのメッセージを取得して記録しています。そのため、既読回避アプリでメッセージを受信するには、端末側とLINEアプリ側の両方で正しく通知設定をしておかなければなりません。

既読回避アプリに「通知へのアクセス」を許可する

まずは端末の「設定」で、既読回避アプリが通知にアクセスすることを許可しましょう。

上の手順で「通知へのアクセス」画面へ進んだら、各既読回避アプリが許可されているかチェックしてください(機種によって手順が異なる場合があります)。

既読回避アプリへのアクセスが許可されていない場合は、画面の注意事項を確認のうえ[許可]をタップして許可に切り替えます。

もし上記手順で進めない場合(Galaxy端末など)は、設定画面の検索窓に「通知へのアクセス」と入力するとすぐに対象の画面が表示されるはずです。

LINEアプリで「メッセージ通知の内容表示」をオンにする

続いて、LINEアプリ側で「通知」がオンになっていること、「メッセージ通知の内容表示」がオンになっていることを確認しましょう。

これで設定は完了です。LINEで受信したメッセージが自動的に既読回避アプリにも受信します。もちろん、LINEアプリで送信取り消しされた後のメッセージや写真もしっかり残しておけます。

インスタ等にも対応、広告表示もなく使いやすい「既読回避サポーター」

「既読回避サポーター」は、1つでLINE、インスタグラム、Facebookメッセンジャー、WhatsApp、カカオトークなど複数のSNSやメッセージアプリの既読を回避できるアプリです。

広告表示などが一切なく、スッキリと見やすい画面が特徴です。ただし以下で紹介するアプリ「あんりーど」と違って、写真は一切表示できません。

LINEだけでなく、インスタグラムやFacebookの既読も回避できる

広告もなく、シンプルで見やすい画面設計

「会話」タブの上部にあるボタンをタップするだけで、「インスタDM」⇄「LINE」などメッセージアプリを切り替えられます。複数アプリのユーザーに馴染むようシンプルに設計されているためか、未読数の表示などはありません。

アプリ「既読回避サポーター」をダウンロード

Android 10以前なら写真を表示できる「あんりーど」

かわいいアイコンが特徴のLINE既読回避アプリ「あんりーど」。LINEに特化しているだけあって、グループトークの設定画像が表示されたり、フォントサイズを変えられたりと、細部まで作り込まれたアプリです。

ただ、画面下部に常に広告が表示されるので、気になる人は前述の「既読回避サポーター」を使うのがおすすめです。

本家LINEと似たUI

Android 10以下であれば画像を表示できる(Android 11以上は表示されない)

未読数の表示や背景色など、限りなく本家LINEアプリに寄せたUIがポイントです。

また、搭載しているOSがAndroid 10までなら、写真の表示も可能です(Android 11以降を搭載するスマホの場合は、OS側の制限により写真を閲覧することはできません)。

アプリ「きどくつけずに読むアプリ あんりーど」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.19.1
LINE
Android
11.19.1
EDITED BY
AO
MOEGI