AirDropができない・送れないときの7つの対処法【iPhone/iPad/Mac】

エアドロ送れない・受信できない問題を解消する

iPhoneやiPad、MacといったApple製のデバイス間で利用できる「AirDrop(エアドロップ)」。近くにある端末に写真や動画、URLなどを送れる便利機能のはずですが、うまくエアドロップできない・送れない問題に直面することがままあります。

本記事では、エアドロップができない・送れない場合に試してほしい対処法をまとめました。

対処法1:AirDropを「受信しない」設定になっていないか確認

まずは、AirDropの受信設定を見直してみてください。ここで「受信しない」または「なし」が選択されていると、誰からも写真やファイルなどを受け取れません。

iPhoneやiPadでは、端末の「設定」アプリから[一般]を開き、[AirDrop]を選択します。

Macでは、Finderのサイドバーから[AirDrop]を選択。続いて画面下の「このMacを検出可能な相手」の部分をクリックしてください。

iPhoneの画面

続いて「受信しない」(または「なし」)にチェックが入っている場合は、下の2つのどちらかを選択します。

  • 連絡先のみ:電話番号またはメールアドレスを登録している相手からのAirDropが有効
  • すべての人(全員):すべての人からのAirDropが有効

その場にいる相手と取り急ぎAirDropを使う場合は、受信側の設定を「すべての人」にしておくのがおすすめです。

設定はいつでも変更ができるので、AirDropでコンテンツを送受信後に設定を「受信しない」や「連絡先のみ」に切り替えれば、知らないユーザーからのコンタクトを防げます。

対処法2:Wi-FiとBluetoothを両方「オン」にする

お互いに「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオンになっているかどうかを確認してみてください。

たとえば、iPhoneからMacへAirDropでファイル共有をしようとしたとき、Mac側のBluetoothがオフになっていると、送信先の候補に当該Macが表示されないといったことが起こります。

iPhone同士でのやりとりでは、Wi-Fiのみがオンになっている、あるいはBluetoothのみがオンになっている状態でもAirDropが利用できるケースがあります。とはいえ、お互いにWi-FiとBluetoothをオンにしておくことが推奨されているので、うまく使えない場合は各設定を見直してみてください。

対処法3:端末の「コンテンツとプライバシーの設定」を確認する

iPhoneやiPadでは、特定のアプリや機能の利用を制限できる「コンテンツとプライバシーの制限」があります。ここでAirDropの使用が制限されていないかを確認してください。

設定アプリを開いたら[スクリーンタイム]へ進み、[コンテンツとプライバシーの制限]をタップします。

続いて「コンテンツとプライバシーの制限」がオンになっていれば、[許可されたApp]を選択します(オフであれば、本設定が原因ではないことが確定するので、他の対処法を試してみましょう)。

ここで「AirDrop」がオンになっているかを確認してください。オフになっている場合は、スイッチをオンにすればAirDropの利用が許可されます。

対処法4:インターネット共有(テザリング)を「オフ」にする

iPhoneにはアクセスポイント代わりに、モバイル通信環境のないPCやiPadなどをネット接続できる「テザリング」機能があります。

iOSでは「インターネット共有」と表記されますが、これがオンになっていると、AirDropが使えない可能性があります(iOS 12以前はインターネット共有がオンの場合、AirDropを使えない仕様でした)。

設定アプリから[インターネット共有]へ進み、「ほかの人の接続を許可」がオフになっているかを確認しましょう。

対処法5:端末を再起動する

前述したAirDropの受信設定や、Wi-Fi・Bluetoothのオンなどを実行してもうまくAirDropが使えない場合は、端末を再起動してみましょう。

端末を再起動すると通信状況などのトラブルが改善され、AirDropがうまく動作する可能性があります。

対処法6:OSを最新版にアップデートする

AirDropでファイルを送受信するには、以下の条件に当てはまるiPhone、iPad、Macが必要です。

  • iPhone・iPad:iOS 7以降を搭載したiPhoneまたはiPad(iPadOSも含む)。AirDrop対応モデルは、iPhone 5以降、iPad(第4世代)以降、iPad mini、iPad Air、iPad Pro
  • Mac:OS X Yosemite以降をインストールした2012年以降のMac(ただしMid 2012 の Mac Proは除く)。ただしMac同士の共有ならば、より古いデバイスでも対応

かなり古い端末でも使えるので要件を満たさないケースは少ないと思われますが、OSが最新バージョンになった状態でAirDropをあらためて使ってみると送受信がうまくいく可能性もあります。

iPhone、iPadでは「設定:アプリの[一般]、Macでは[このMacについて]を選択します。続いて[ソフトウェア・アップデート]へと進みます。

ここで、現在のiOSバージョンが最新かどうかがわかります。アップデートが必要な場合は、画面の指示に従って設定を済ませてください。

対処法7:その他に考えられる要因を確認

そのほか考えられる要因や解決策をまとめたので、前述の対処法1〜6でうまく改善しないときは念のため確認してみてください。

壁や電子機器などの干渉はないか

前述したように、AirDropはWi-Fi、Bluetoothを利用して情報を転送する機能です。そのため、これらの通信経路が何らかによって遮断されると、AirDropが使えないケースがあります。

電子レンジや電子ケーブルなどの近くでAirDropを利用していないでしょうか。電子機器による干渉が原因で、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス通信の接続が途切れ、うまく動作していないかもしれません。また、壁や窓ガラスなどを挟んでいると、ワイヤレス信号の経路を物理的に遮断してしまう可能性があります。

お互いのデバイスとの距離は適切か

AirDrop機能は、双方のデバイスが9メートル以内の位置にあることが推奨されています。そのため、違う部屋同士やまったく異なる場所からのAirDropは難しいでしょう。なるべく近距離で使用してみるとうまくいくかもしれません。

受信側の容量(ストレージ)が不足していないか

AirDropでは、送受信できるデータの容量に制限はありません。ただし、受信する側のストレージに十分な空きがないために、データが受け取れないエラーが生じることがあります。

iCloudにサインインせず使っていないか

AirDropを「連絡先のみ」の公開設定で利用するには、送信側・受信側の双方がiCloudにサインインしている必要があります。iCloudにサインインせずAppleデバイスを利用しているケースはまれかもしれませんが、念のため状態を見直してみましょう。

またiCloudにサインし直すことで、AirDropの送受信がうまく場合もあるので試してみてください。

検証バージョン
iPhone 11Pro
iOS
14.7.1
MacBook Air
macOS Big Sur
11.5.1
EDITED BY
BOTAN