「iPadOS 15」の新機能まとめ マルチタスキングやウィジェットなどが進化

Apple Pencilによる手書きにも対応するクイックメモも注目

2021年9月、iPhone 13やiPad miniなどの新モデル登場と合わせて、iOSとiPad OSが「15」へとアップデートされました。

今回は、進化の大きかったiPadOS 15の注目すべき機能について、利用頻度の高い順に分かりやすく紹介していきます。iPadOSをアップデートした人は、ぜひチェックしてみてください。

マルチタスキングの関連機能がさらに充実

iPadOS 15では、複数の画面を表示してアプリを併用するマルチタスキングが使いやすくなりました。

アプリを開くと、画面上の中央にマルチタスキング用のボタンが表示されるのでタップします。画面の表示方法を選択するとホーム画面に戻るので、そこで追加で開きたいアプリを選びます。

これで、2つのアプリのウインドウが並びます。アプリを並べるのが簡単になり、とても作業がしやすくなっています。もちろん、境目をドラッグして表示幅を変更することもできます。

アプリを開くと画面上の真ん中にメニューが表示されるのでタップする

開いたメニューから画面表示の方法を選ぶ

ホーム画面に戻るので追加で開くアプリを選ぶ

SplitViewでアプリが2つ開いた

境目をドラッグすると表示幅を調整できる

センターウインドウで3画面を開く

新しく採用されたセンターウインドウ機能を使うと、3つ目の画面を開くことができます。メールやメッセージ、メモなどが対応しており、メールやメモのリストを長押しして[新規ウインドウで開く]をタップすれば、センターに新しいウインドウが開いて作業ができます。

メモの一覧を長押しして、「新規ウインドウで開く」をタップ

センターウインドウが開いた

アプリの一覧でSplit Viewを設定

画面を右下から上にスワイプするとアプリの一覧画面が表示されます。このAppスイッチャー上で、Split View表示を設定できます。2画面表示したいアプリを重ねるように動かすだけでOK。簡単な操作なので、こちらもぜひ覚えておきましょう。

Appスイッチャーを開いてアプリを重ねる

Split Viewの表示が作成できる。このまま開けば2画面で作業可能

「シェルフ」が一新、素早い切り替えが可能に

Safariやメモで、開いているアプリのウインドウが表示される「シェルフ」が新しくなりました。アプリを起動したり、アクティブにしたりすると表示されるので、必要なウインドウに素早く切り替えられます。

シェルフで開いているウインドウを管理しやすくなった

ウィジェットがiPhoneのように進化

iPadのウィジェットもiPhoneのように好きな位置に移動できるようになりました。画面の面積が広いiPadにはこの機能がとても合っています。 ウィジェットのサイズや種類を変更する機能も利用できます。

ウィジェットを自由な位置に置けるようになった

ウィジェットの種類も選べる

大きさによって情報量も変わる

Appライブラリをサポート、アプリ管理も便利に

こちらも、iPhoneで先に採用されていたAppライブラリがiPadでも使えるようになっています。画面を最後まで左にスワイプすれば表示されるのも、iPhoneと同様です。また、ドックの右に表示されているAppライブラリのアイコンをタップしても表示できます。

iPadでもAppライブラリが表示できる

クイックメモを使いこなそう

iPadOS 15の目玉機能と言えるのが「クイックメモ」です。iPadの画面右下から中央部分に向かってスワイプすると、四角いクイックメモが表示されます。Apple Pencilによる手書きにも対応しているので、さまざまな作業をしながら、サッとメモを呼び出して素早く使っていきましょう。

クイックメモは、標準のメモアプリのフォルダとして管理できます。もちろん、不要なメモの削除や他のフォルダーへの移動も可能です。

クイックメモは、Safariのテキストをドラッグで貼り付けられます。また、リンクのボタンを押してリンクを埋め込むこともできます。こうしておくと、後でクイックメモをタップするだけで該当する文字列をハイライトした状態のSafariが開くわけです。

クイックメモは、いつでもサッと呼び出せる便利なメモ

標準メモアプリの「クイックメモ」フォルダで管理できる

ブラウザのリンクを貼り付けておくと、後で選択したテキストをハイライトした状態で開ける

FaceTimeには画面共有機能など多くの新機能が追加

FaceTimeが進化して、通話相手と画面を共有したり、映画やビデオをストリーミングで一緒に観たりできます。音楽を一緒に聴く機能も追加されています。他にも多くの機能が搭載されていますが、背景をぼかせる機能は今どきです。

FaceTimeの進化点は多いのですが、日本ではLINEを使っているユーザーが多いので、今回は簡単な紹介にとどめます。なお、FaceTimeリンクという新機能で、ブラウザからFaceTimeが利用できるようになったことで、今後はユーザーが増えていくかもしれません。

作成したFaceTimeリンクは様々な方法で共有できる

「集中モード」で自分だけの集中環境を作れる

iPadOS 15では、新たに「集中モード」が採用されています。モードは色々用意されており、さらに自分でモードのカスタマイズもできます。

たとえば、ゲームの集中モードでは、通知を受信しないようにできますが、特定のユーザーだけの通知は許可できます。こまめに設定を変えることで、自分が必要な通知だけが得られて、さまざまな作業に集中できるわけです。

新機能「集中モード」が搭載された

作業に応じて通知をカスタマイズできる

Safariがタブグループに対応

標準ブラウザの「Safari」がタブブラウザとしての機能をさらに進化させました。タブグループを作成できるのです。これによって、複数のタブを開いた状態で保存し、あとで再度開けるようになります。仕事のタブ、趣味のタブなどをまとめておくと便利です。

また、新しく拡張機能も追加できるようになりました。

Safariがタブグループに対応した

拡張機能は「設定」アプリの「Safari」で追加できる。まだ数が少ないが今後増えていくだろう

拡張機能は、ブラウザの検索ボックス右のアイコンをタップして設定する

手書きの文字をテキスト化する「スクリブル」が日本語に対応

iPadOS 14で採用された新機能の「スクリブル」ですが、iPadOS 15と同時に日本語に対応しました。

スクリブルを使ってテキスト検索できる

Apple Pencilを使って書いた文字がテキストになります。スポットライトやブラウザの検索ウィンドウでは、Apple Pencilで普通に文字を書くだけで、すぐさまテキスト化されます。

メモなどで文字列を入力する際には、Aペンを選んで作業する

メモなどの文字入力で使う際には、Apple Pencilのパレットで「A」マークのスクリブルを選択してから文字を手書きします。間違えたときにはぐちゃぐちゃとなぞれば消すことが可能です。感覚的にテキストを入力して編集できるのが素晴らしく便利です。

間違えた文字はなぞると消せる。さらにそこに挿入も可能

まとめ

iPadOS 15には、魅力的な機能が多数搭載されました。マルチタスキングが使いやすくなり、便利なクイックメモも登場しています。今回は取り上げていませんが、Macと組み合わせるユニバーサルコントロールなども魅力的です。

対応モデルは、iPad Air 2やiPad(第5世代)からとなっています。特にApple Pencilが使えるモデルでは非常に便利だと感じるはずなので、ぜひアップデートしてみましょう。

構成・文
戸田 覚
編集
アプリオ編集部
EDITED BY
TOKIWA