【iOS 15】iPhoneのSafariに機能拡張を追加・削除する方法

App Storeから機能拡張をインストールできる

iOS 15では、標準ブラウザであるSafari(サファリ)に「機能拡張」がサポートされました。App Storeを通じて拡張機能を同梱したアプリをインストールし、Safariでそれらを有効化して使います。

本記事では、iPhoneのSafariに機能拡張を追加し、利用する方法を解説します。なお、不要になった機能拡張は、オフまたは削除することも可能です。

iPhone向けSafariの「機能拡張」とは?

iPhoneをiOS 15にバージョンアップすると、macOSのデスクトップ版Safariと同様、App Storeを介してSafariのウェブ機能拡張を入手できるようになります。

機能拡張をインストールしたSafariでは、できることの幅が広がります。現在、ウイルス対策、翻訳、パスワード管理などの機能拡張が配信されています。

iPhoneでSafariに機能拡張を追加する方法

iOS 15でSafariの機能拡張をインストールする方法を紹介します。

  1. 「設定」アプリで「Safari」→「機能拡張」→「機能拡張を追加」と進む

    「設定」アプリを開き、[Safari]→[機能拡張]→[機能拡張を追加]の順にタップして進みます。

  2. App Storeで機能拡張(アプリ)をインストールする

    App Storeが開くので、アプリをインストールするときと同様の手順で、機能拡張を入手しましょう。

  3. インストールした機能拡張を有効にする

    インストールできたら機能拡張の追加は完了です。

    「設定」アプリから前述の手順でSafariの「機能拡張」を開き、インストールした機能拡張が有効になっているか確認しましょう。

インストールした機能拡張を利用する

インストールした機能拡張によっては、Safariアプリから利用できることもあります。

Safariを開いたら、タブバー内にある[ぁあ]をタップし、[機能拡張を管理]を選択。利用したい機能拡張をオンにします。

再び[ぁあ]をタップすると、有効になった機能拡張を利用できるようになります。

サイトを見ながらメモを取る

サイトのリンクをアプリに保存

たとえばメモアプリの「Notebook」の場合、Webサイトを見ながらメモを取ったり、ページのリンクをアプリ内にブックマーク保存したりできます。

機能拡張の使い方はアプリによって異なるので、詳細はアプリのヘルプページなどを参照してください。

Safariに追加した機能拡張を削除・オフにする

アプリをアンインストールして機能拡張も削除する

インストールした機能拡張を削除するには、元となっているアプリをアンインストールしましょう。アプリ自体をアンインストールすれば、アプリに付随する機能拡張も削除されます。

アプリをアンインストールせず機能拡張のみオフにする

アプリをアンインストールしたくない場合は、設定で機能拡張をオフにしてください。前述と同じ手順で「機能拡張」画面を開き、不要な機能拡張をオフにすればOKです。

検証バージョン
iPhone XR
iOS
15.0
EDITED BY
AO