【iOS 13】iPhoneのダークモードの使い方──目とバッテリーに優しい必見の新機能

【iOS 13】iPhoneのダークモードの使い方──目とバッテリーに優しい必見の新機能

iOS 13で登場した数多くの新機能のなかでも、目玉機能といえば「ダークモード」です。

ダークモードは目に優しいだけでなく、有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したiPhoneにとっては消費電力も少なくなるため、ヘビーなiPhoneユーザーに必須の機能といえます。

本記事ではそんなダークモードの設定方法から使い方まで徹底的に解説します。

iOS 13の新機能「ダークモード」とは?

ダークモードは、暗い色を背景に表示することで画面が眩しくならないようにするモードです。

iOS 13 ダークモードとは iOS 13 ダークモードとは

「App Store」をダークモードとライトモードで表示

ダークモードでは、これまで白く表示していた部分を反転し、黒を基調とした配色に切り替わります。薄暗い場所でiPhoneを使うときも眩しくないので、画面が見やすくなり目への負担が減ります。

過去には、アクセシビリティの「色を反転(スマート)」をダークモード代わりに使うというワザもありましたが、写真などの画像まで色を反転してしまうのが欠点でした。この点iOS 13のダークモードでは、写真などはそのままの配色で表示されるのがうれしいところです。

また、有機ELディスプレイ(OLED)を搭載した機種(iPhone X/XS/XS Max/11/11 Pro/11 Pro Max)では、バッテリーに優しいというメリットもあります。液晶ディスプレイと異なり、OLEDでは黒で表示する部分に電力を使わないため、ダークモードを使うことでバッテリーの持ち時間を改善できるわけです。

ダークモードはiPhoneのコントロールセンターと「設定」アプリで切り替え可能

iOS 13にアップデートしたときに、「ライト」(通常)と「ダーク」を選びましたが、ダークモードとライトモードは、「コントロールセンター」や「設定」アプリでいつでも切り替えられます。

コントロールセンターでダークモードのオン/オフを切り替える

iOS 13 ダークモードとは iOS 13 ダークモードとは

左:コントロールセンターの明るさのスライダを長押し(またはプレス)する右:タップしてオンオフが切り替わる

コントロールセンターを開いたら、画面の明るさを調節するスライダを長押しします。画面が切り替わった先では、「Night Shift」や「True Tone」の設定に「ダークモード」が加わっています。左端のダークモードのアイコンをタップするとオン/オフが切り替わります。

コントロールセンターから素早くダークモードのオン/オフを切り替える方法

iOS 13 ダークモードとは iOS 13 ダークモードとは

左:ダークモードをカスタマイズで追加右:コントロールセンターのアイコンをタップするだけで切り替えできる。頻繁にモードを切り替えたい人におすすめ

筆者のお気に入りは、「設定」アプリの[コントロールセンター]→[コントロールをカスタマイズ]で「ダークモード」のアイコンをコントロールセンターに追加する方法です。「ダークモード」のアイコンを事前にコントロールセンターに追加しておけば、「明るさ」のスライダを長押ししなくてもコントロールセンター直下の画面でダークモードのオン/オフが切り替えられます。

「設定」アプリでダークモードのオン/オフを切り替える

iOS 13 ダークモードとは

「設定」アプリ→[画面表示と明るさ]で「自動」をオンにする

「設定」アプリでは、時間帯でダークモードに切り替えるオプションや、スケジュールを指定して切り替えができる設定も用意されています。このオプションは[画面表示と明るさ]から、「自動」のトグルをオンにすることで使用できます。

iOS 13 ダークモードとは

カスタムスケジュールで好きな時間に指定可能

初期状態では「日の入から日の出まで」となっていますが、「カスタムスケジュール」から切り替えるタイミングを自分の好きな時間に設定できます。

Siriにダークモードのオン/オフを切り替えてもらう

iOS 13 ダークモードとは iOS 13 ダークモードとは

Siriで切り替えも可能

ダークモードを手早く切り替えるならSiriもおすすめです。Siriに「ダークをオン」「ダークをオフ」と話しかけるか入力すれば、ダークモードとライトモードに切り替えてくれます。

ダークモードに最適化された壁紙も試してみよう

ところでダークとライトを切り替えても、ホーム画面ではドックの背景がわずかに暗くなる程度で、今ひとつ違いがわかりにくいという人もいるかもしれません。そこで試したいのが、ダークモード用の壁紙です。

iOS 13 ダークモード 最適化された壁紙 iOS 13 ダークモード 最適化された壁紙

左:ダークモードに最適化された壁紙にはダークモードのアイコンがついている右:白い部分がモードによって切り替わる

「設定」アプリの[壁紙]→[壁紙を選択]→[静止画]を開き、右下にダークモードのアイコンがついた壁紙を選択してください。

iOS 13 ダークモード 最適化された壁紙 iOS 13 ダークモード 最適化された壁紙

左:ライトモード右:ダークモード

ダークモードに最適化された壁紙は、ダークモードのオンとオフで白黒の部分が反転し、違いがはっきりわかるように演出されています。

iOS 13 ダークモードで壁紙を暗くする

「設定」アプリの[壁紙]で「ダークモードで壁紙を暗くする」をオン

このほか既存の壁紙でも、ダークモード向けに暗く表示してくれる機能(ダークモードで壁紙を暗くする)もあります。壁紙によってはあまり違いが感じられませんが、自分好みの壁紙を使っている人はこちらもぜひ試してみてください。

サードパーティ製アプリも続々とダークモードに対応中

カレンダーやリマインダー、メモなどの標準アプリは、iOS 13でダークモードに対応しています。

iOS 13 ダークモード対応状況 iOS 13 ダークモード対応状況

また、サードパーティ製のアプリも順次ダークモードに対応する予定ですが、こちらはアップデートが必要です。対応までしばらく待ちましょう。

ちなみにiOS 13では、アプリのアップデート画面が変更されています。App Storeに[アップデート]タブがなくなり、アップデート画面を表示するにはアカウントのアイコンをタップする操作が必要になっています。

iOS 13でのアプリのアップデート方法は、下記記事で解説しています。

検証端末:iPhone X(iOS 13)

EDITED BY TOKIWA