【インスタグラム】プロフィールの書き方 基本と応用テク──タグや空白行、フォント変更など

【インスタグラム】プロフィールの書き方 基本と応用テク──タグや空白行、フォント変更など

Instagramの「プロフィール」にはアイコン画像をはじめ、自己紹介文やハイライト、これまでの投稿一覧などが表示されるため、ユーザーの人となりやセンスを伝える重要な部分です。統一感がなかったり手抜き状態だったりすると、フォロワーが増えない要因にもなり得るでしょう。

本記事では、インスタグラムのプロフィールの基本的な書き方はもちろん、ワンランク上のテクニックとしてタグや絵文字、余白、おしゃれなフォント・字体の使い方などを紹介します。

【基本】インスタグラムのプロフィール作成に困ったら

インスタグラムのプロフィールにどのような写真や紹介文を設定すればいいのか迷っている人向けに、おすすめの作成方法を解説します。応用テク(改行やフォント、タグなど)については後述しているので参考にしてください。

プロフィール画像は画質のいい”見てすぐわかる写真”を

プロフィール写真は画質のいい”誰が見てもわかる写真”へ

プロフィールアイコンは、インスタグラムでの投稿やコメント、ダイレクトメールなどあらゆる場面で使われる重要なものです。アプリ版インスタグラムでは、意外と小さいサイズでアイコンが表示されてしまうので、できるだけ画質がよく、誰が見ても何が写っているかがわかる写真がよいでしょう。

顔写真が好ましいですが、適切なものがなければ似顔絵や料理、風景といった趣味に関する写真などに設定してください。

インスタグラムのプロフィール画像を変更する方法 サイズを調整して枠内に収めるワザ、変更できない場合の対処法も

名前は”誰なのかわかるもの”、ユーザーネームは”好きな英数字”

名前は”実名がわかるもの”、ユーザーネームは”好きな英数字” 名前は”実名がわかるもの”、ユーザーネームは”好きな英数字”

プロフィール画面の一番上に表示されるのが「ユーザーネーム」で、ユーザーアイコンのすぐ下にあるのが「名前」です。

「ユーザーネーム」は半角英数字、ピリオド、アンダースコアを組み合わせて作り、インスタでの投稿やコメントなどに表示されます。たとえば「sayukooooo_3123」や「sssayu_u3123」など、同じ英数字を並べたり、記号と英数字をうまく使って顔文字のようにしたりと、ひと工夫するのがおすすめです。

一方で「名前」は、そのユーザーが誰なのかを特定しやすくする役割を兼ねていて、本名や下の名前などを利用している人が多くみられます。

インスタグラムのユーザーネームを変更する方法と注意点

自己紹介文では世代や趣味、出身地などを書いてみる

自己紹介文では世代や趣味、出身地などを書いて 自己紹介文では世代や趣味、出身地などを書いて

左:学生であれば学年や生まれなど右:職業やその情報などもわかりやすい

充実したプロフィール紹介文によって、同世代や同じ趣味を持つユーザーの興味を引き、フォローしてもらえるかもしれません。

学生なら学年や生まれなど、社会人であれば職業や趣味などを簡潔に書くといいでしょう。また、世界中の人々が見るものですから英語表記もおすすめ。おしゃれな印象にもなります。

【応用】ひと手間加えて目を引くプロフィール文にするテクニック

シンプルなプロフィールでも十分なのですが、ひと手間加えて、思わずフォローしたくなるプロフィールにしてみてはどうでしょうか。人気のユーザーは、統一感のあるおしゃれなプロフィールに仕上げるためにさまざまな工夫をしています。

ハッシュタグを付ける

紹介文にハッシュタグ「#」を加えます。ハッシュタグをプロフィールに入れることで、紹介文がタグ化され、自分の紹介文からリンク先に誘導できるだけでなく、タグを検索したユーザーをプロフィールに引きつける効果も見込めます。フォロワーを増やしたい場合におすすめでしょう。

ハッシュタグを付ける

プロフィール編集画面で、自己紹介文に「#料理」や「#ファッション」などのハッシュタグを追加していくだけでOKです。

料理アカウントやペットアカウントなど、自分のアカウントの趣向を示すようなキーワードを入れるといいでしょう。

ハッシュタグを付ける

ハッシュタグでタグ化した部分をタップすると、そのキーワードに関連した投稿が表示されます。逆を言えば、誰かのタグ検索結果にあなたのプロフィールが表示される可能性がある、ということです。

URLリンクを挿入する

自分が運営・出演しているウェブサイトや、他のSNSアカウントのURLリンクをプロフィールに挿入することも可能です。

URLリンクを挿入する

プロフィール編集画面の「ウェブサイト」欄にURLを入力してください。「自己紹介文」にURLを記載してしまうとリンク化できません。

URLリンクを挿入する

URLは自己紹介文の下に表示されるようになります。他のユーザーがURLをタップすると、そのリンク先にアクセスできます。

改行・空白行・記号(絵文字)を使う

紹介文に改行や空白行、絵文字を取り入れると、読みやすいだけではなく親しみやすさやセンスの良さが伝わるプロフィールになります。

改行する

改行する 改行する

改行のない紹介文は、余白があまりなくスタイリッシュな印象になります。逆に改行した紹介文は、各項目が際立ち、明らかに読みやすくなるのがわかります。

空白行をいれる

「・(中点)」「.(ドット)」「-(ハイフン)」などの記号を行の合間に入れることで空白行を作ることができます。

空白行をいれる

自己紹介の編集画面で、行と行の間に記号を入れて改行するだけでOKです。

空白行をいれる

左揃えで連続した記号が、空白行のような効果を出してくれます。紹介文にデザイン性を加えられるため、人気の小技です。

絵文字を使ってカラフルに

絵文字を使ってカラフルに

紹介文のテキストに関連する絵文字を入れたり、ハートや星などの記号を使うとプロフィールがより鮮やかになります。親しみやすさもプラスされるため、積極的に使ってみてはどうでしょうか。

フォントを変える(かわいい・おしゃれな字体へ)

フォントを変える(かわいい・おしゃれな字体へ)

プロフィールの名前や紹介文の文字が斜体や飾り文字になっているのを見かけたことはないでしょうか。字体を変えるだけで個性的でおしゃれな印象になります。ここでは、専用アプリを使わずに簡単にフォントを変更できる方法を解説します。

1専用サイト「PlainStyle」へアクセスし、テキスト・フォントを選択する

SafariやChromeなどのWebブラウザから、フォント変更サイト「PlainStyle」にアクセスします。

専用サイト「PlainStyle」へアクセスし、テキスト・フォントを選択する

文字入力欄にテキストを入力しましょう。今回は名前のフォントを変えてみます。

入力欄の下に表示されたフォント一覧から好きなものを選んでタップすると、入力した文字の字体が変更されます。

2テキストをコピーする

専用サイト「PlainStyle」へアクセスし、テキスト・フォントを選択する

フォント変更が完了したら、長押しして[コピー]してください。

3インスタへ戻ってプロフィール編集画面に貼り付ける

専用サイト「PlainStyle」へアクセスし、テキスト・フォントを選択する 専用サイト「PlainStyle」へアクセスし、テキスト・フォントを選択する

インスタグラムへ戻り、コピーしたテキストをプロフィール編集画面でペーストします。「名前」「自己紹介」で変更フォントは反映可能です。

専用アプリを使えば、変更できるフォントの種類が増えます。以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ストーリーハイライトでプロフィールに統一感を出す

ストーリーハイライトでプロフィールに統一感を出す

自己紹介文やアイコン画像以外にも、プロフィールに大きな影響を与えているのが「ハイライト」です。ハイライトとは、お気に入りのストーリーをプロフィール上で公開できる機能で、プロフィール紹介文のすぐ下に丸いアイコンボタンで表示されます。

このハイライトのカバー写真やタイトルを統一性のあるものにすることで、プロフィール画面全体の雰囲気をさらにセンスの光るものにできるのです。

ストーリーハイライトでプロフィールに統一感を出す ストーリーハイライトでプロフィールに統一感を出す

たとえば上の画像のように、同じ写真サイズでカバーを揃えたり、ポップなカラーを使ったりと、ハイライトも工夫されています。

なお、鍵アカウント(非公開アカウント)に設定していると、フォロー関係にないユーザーにはハイライトは表示されません。

検証したInstagramのバージョン:iOS版121.1.0.22.122、Android版121.0.0.29.119

EDITED BY BOTAN