インスタグラム「グリッド投稿」の作り方  写真を分割してプロフに拡大表示

インスタグラムの「グリッド投稿」とは?  グリッドの作り方や、ズレる原因・対策を解説

Instagramのプロフィール画面を開くと、一枚の画像が3枚、6枚、9枚にうまく分割されて、大きく表示されているものを見たことはありませんか? これは「グリッド投稿」と呼ばれる、インスタの投稿テクニックの一つ。画面いっぱいにきれいな景色や美味しそうな食べ物などをグリッド投稿して、他の人とは一味違うプロフィールを作ってみてください。

本記事では、グリッド投稿の作り方をはじめ、作成に便利なおすすめアプリ、投稿がずれてしまうときの原因・対策などについて解説します。

Instagramの「グリッド投稿」とは?

インスタグリッドとは

グリッド投稿は、1枚の写真を3/6/9枚と3枚ごとにに分割させてインスタグラムへ連続投稿し、パズルのピースを埋めるようにプロフィールページの一面で表示させる投稿方法です。

通常の3倍以上プロフィールスペースを利用するためインパクトがあり、目を引きます。グリッドにする写真や、分割枚数を調整しながらプロフィール画面をデザインするような感覚で、企業やインフルエンサー、有名人などが宣伝を兼ねてグリッド投稿をしていることも多いようです。

グリッド投稿が簡単にできるアプリ3選

難しそうに見える写真の分割も、アプリを利用すれば簡単に作れます。グリッド投稿に便利なおすすめアプリを3つ紹介します。

グリッドパターンが揃っている「Photo Grids」

「Photo Grids」は、グリッドのパターンが豊富に揃っているため、無料版でも十分楽しめるでしょう。

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」 使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

左:iPhone版の画面右:Android版の画面

iOS版はホーム画面から「Photo Grids」をタップ、Android版であれば「Gallery」から自分の端末のカメラロールへ遷移します。

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

写真を選択後、グリッドの種類を選択していきます。無料で一部を透過背景で覆ったかたちのグリッド投稿ができるので、ここでは3×3のグリッドで一番上の横一列に透過背景を設定してみます。

透過背景の濃さや色を調整し(Android版の場合、画面右側の塗りつぶしマークから設定できる)、右上の[NEXT]で進みます。

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

フォントや文字色なども種類豊富に揃っている

画面下アイコン(左からフィルターの設定、透過画像を重ねる、テキスト設置、その他の設定)から様々な効果を付けることができます。ここでは、グリッドの一番上の透過部分にテキストを入れてみました。

他にもこんなグリッドが無料でできる

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

画像を選択後、画面下の王冠マークをタップすると、ハートやりんご、ドクロなど様々な形のグリッドが表示されます。一味違うグリッド投稿が楽しめるでしょう。

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」 使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」 使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

画面右上のチェックをタップすると、数字が反映された状態になります。数字の小さいほうから順に画像をタップし、画像が拡大されたら右上の[次へ]と進んで通常のInstagramと同様に投稿していきます。

使いやすい、多機能、広告が少ない三拍子そろった「Photo Grid」

再度Photo Gridアプリへ戻り、順番どおりに画像を投稿し終えたら完了です。プロフィール画面にグリッド投稿が反映されています。

機能豊富な「GRIDS」(iOS版のみ)

GRIDSの無料版は、投稿の右下に「GRIDS」のロゴが入ってしまう点や、広告を見終わるまで投稿作業を待つ必要がある点を除けば、簡単で使いやすいアプリでしょう。

機能豊富な「GRIDS」 機能豊富な「GRIDS」

左:カメラロールから写真を選択右:画面下に表示された分割アイコンから1つ選び、右上のチェックマークをタップ

アプリを開くと、デフォルトで自分のカメラロールが表示されます。その中からグリッドにしたい写真を選び、何分割したいかを決めます。

無料版では、分割する数を1×3、2×3、3×3の中から選べるほか、1×3であれば真ん中が左右の1ピースだけを透過背景で覆ったスタイルのグリッド投稿がおこなえます(透過背景の色も選択可)。「PRO」がついている分割スタイルは有料版限定となります。

機能豊富な「GRIDS」 機能豊富な「GRIDS」 機能豊富な「GRIDS」

左:分割番号順に画像をタップ中:Instagramを選択右:「フィード」を選択(ストーリーではない)

写真が分割されると、それぞれに番号が振られます。1番から順に画像をタップ→Instagramに投稿→次の画像をタップ→Instagramに投稿を繰り返していけば、グリッド投稿が完成します。

機能豊富な「GRIDS」

順番どおり画像を投稿すれば、インスタのプロフィール画面を表示させると、きちんとグリッド投稿ができています。ただし、無料版では写真右下の「GRIDS」ロゴを消せません。

注意
無料利用ボタンがわかりづらい

機能豊富な「GRIDS」(iPhone限定)

アプリを開いてすぐの[無料で試しましょう]から始めると、3日間は無料で有料版も利用できますが、それ以降は1週間ごとに約600円ほど費用がかかってしまいます。

ボタンのすぐ上にある[もしくは、機能制限版を継続する]を選択し、無料版を使うのがおすすめです。

グリッド投稿以外の機能も

機能豊富な「GRIDS」 機能豊富な「GRIDS」

左:GET INSPIRED右:COLLAGES

GRIDSでは、アプリを開いてすぐ下にある「GET INSPIRED」「COLLAGES」では、グリッド投稿以外のコンテンツを楽しむことが可能です。たとえばGET INSPIREDでは、世界的に有名なアリアナ・グランデや、ビヨンセなどのアカウントのプロフィールが紹介されており、そういった有名人のグリッド投稿を見ることができます。

COLLAGESは、複数に分割したテンプレートに画像を当て込み、アルバムのような形でグリッド投稿する機能です。

アプリ「Grids」をダウンロード
Grids

シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」(iOS版のみ)

グリッド投稿以外のプラス機能は兼ね備えていませんが、シンプルでわかりやすいのが「grid-it」です。

シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」 シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」

ホーム画面から「start gridding(with ads)」をタップし、広告が流れ終わればさっそくグリッドの作成開始です。

画面が切り替わったら、上に表示された分割数を選びます。ここでは9(3×3)を選択して、右上の「next」をタップします。

シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」(iPhone版のみ) シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」(iPhone版のみ) シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」

カメラロールが表示されるので、グリッドしたい写真を選択→[next]→[upload To Instagram]をタップします。

注意書きをよく読んで、[Okay]するとグリッドの一枚目が表示されるので[open in Instagram]からInstagramアプリを選択します。

シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」 シンプルで操作が分かりやすい「grid-it」

左:[フィード]を選び画像をインスタに投稿する右:全部投稿できたあとにプロフィールを表示させるとグリッド投稿が完成

「Instagramに投稿」画面が表示されるので[フィード]を選択、インスタグラムの画面に切り替わったら普段どおりに投稿してください。

1枚目の投稿ができたら、「grid-it」に戻って[next]をタップすると次の画像が表示されるので、1枚目と同様に画像をInstagramに投稿します。順番どおりに画像が投稿できたらプロフィール画面を開けばグリッド投稿が表示できます。

アプリ「grid-it」をダウンロード
grid-it

グリッド投稿がずれる原因

グリッド投稿がずれる原因

グリッド投稿の後、1枚だけ通常投稿をすると、プロフィール画面のグリッドがずれてしまった

アプリを使って手軽にできるグリッド投稿ですが、グリッド投稿した後の投稿の仕方に気を付けないと、すぐに順番が乱れてグリッドではなくなってしまいます。

理由は、グリッド投稿した後、普段から横一列(3枚)ごとに投稿しないとグリッド投稿が維持できないから。

Instagramのプロフィール画面の画像一覧では、横一列に3枚ずつ画像が表示されています。グリッド投稿は3枚(3の倍数)からスタートするものが多いため、グリッド投稿をした後は3枚同時に通常投稿をしていかなければ、いつの間にかずれて表示されるのです。

グリッド投稿した直後はよくても、その後の管理が必要なため、そのひと手間が面倒になるでしょう。

グリッド投稿のデメリット

グリッド投稿は、投稿後の維持を徹底しないと前述のようにずれてしまうというデメリットがあります。そして、もう一つの大きなデメリットが、よくわからないグリッドの断片的な投稿が相手のタイムラインに連続で流れてしまうという点でしょう。

グリッド投稿のデメリット

よくわからない写真がタイムラインに連続で流れてくる

自分をフォローしてくれている相手のタイムラインには、連続して分割された投稿が流れてくることになります。つまり、9分割してグリッド投稿した場合、9連続の投稿がフォロワーのタイムラインへ流れるのです。

フォロワーを増やす目的でグリッド投稿をしたのに、これでは逆にフォローを外されてしまう可能性も出てきます。もしグリッド投稿をするなら、短期間に連続で行わないようにするなど、フォロワー側を考慮するといいでしょう。

検証したInstagramのバージョン:iOS版98.0.0.13.119、Android版96.0.0.28.114

EDITED BY BOTAN