インスタで「グリッド(分割)投稿」を作る方法──便利なおすすめアプリも紹介

インスタで「グリッド(分割)投稿」を作る方法──便利なおすすめアプリも紹介

Instagramのプロフィール画面を開くと、1つの画像が3枚、6枚、9枚にうまく分割されて、大きく表示されているものを見たことはありませんか? これは「グリッド投稿」と呼ばれる、インスタの投稿テクニックの一つ。

画面いっぱいにきれいな景色やおいしそうな食べ物などをグリッド投稿して、他の人とは一味違うおしゃれなプロフィール画面を作ってみてください。

本記事では、グリッド投稿の作り方をはじめ、作成に便利なおすすめアプリを紹介します。また、投稿がずれてしまう、連続投稿でフォロワーに「うざい」と思われないようにするための対処法も解説します。

Instagramで「グリッド投稿」を使う効果

グリッド投稿

グリッド投稿は、1枚の写真を3・6・9枚などと3枚ごとに分割させてインスタグラムへ連続投稿し、パズルのピースを埋めるようにプロフィールページの一面で表示させる投稿方法です。

通常の3倍以上のスペースを利用するためインパクトがあり、目を引きます。おしゃれなプロフィール画面や投稿に興味を持ってもらえれば、フォロワーを増やすことにも一役買うでしょう。

グリッドにする写真や、分割枚数を調整しながらプロフィール画面をデザインするような感覚で、企業やインフルエンサー、有名人などが宣伝を兼ねてグリッド投稿を利用することも多いようです。

グリッド投稿が簡単に作れるおすすめアプリと使い方

難しそうに見える写真の分割も、アプリを利用すれば簡単に作れます。グリッド投稿に便利なおすすめアプリを4つ紹介します。

iPhone・Android問わずダウンロードできるアプリもあるので、自分の目的に合ったアプリを選んでみましょう。

シンプルで操作が分かりやすい「Grid-it」

「Grid-it」はグリッド投稿に特化したアプリで、操作もシンプルでわかりやすいのが特徴です。

1グリッドサイズを選ぶ

「Create grid(free)」をタップグリッドのサイズを選んでタップ

無料版を使うなら、ホーム画面で[Create grid(free)]を押してください。

続いてグリッドのサイズを選んでタップ。今回は「3×3」で作成します。[Next]で次に進みます。

2グリッド投稿に使いたい写真を選ぶ

写真をトリミング

端末のアルバムから写真を選びます。「3×3」は正方形のグリッドなので、その形に合わせて写真をトリミングします。表示したい部分が枠に収まるようにしたら[Done]をタップしてください。

3順番にインスタに投稿

1番から順にインスタに投稿フィードを選ぶ

写真が9分割されて、投稿すべき順番でナンバリングされます。[1]から順にインスタに投稿しましょう。番号をタップし、[フィード]を選びます。

新規投稿画面に遷移通常通り投稿

左:新規投稿画面で[次へ]をタップ右:右上の[シェア]で投稿完了

インスタグラムアプリの新規投稿画面に遷移するので、画像の編集はせずに通常通り投稿します。

再度アプリに戻り、2〜9番まで順に投稿

再度「Grid-it」のアプリに戻り、2〜9番まで順に投稿していきましょう。番号を間違えて投稿すると、グリッドがバラバラになってしまうので気をつけましょう。

4グリッド投稿ができた

グリッド投稿が完成

9枚すべてを投稿し終えてプロフィール画面を見ると、グリッド投稿が完成したことを確認できます。

グリッドパターンがそろっている「Grid Post」

「Grid Post」は、グリッドのパターンが豊富に揃っているため、無料版でも十分楽しめるでしょう。

1グリッドに使いたい写真を選ぶ

フォトグリッドをタップ写真とグリッドサイズを選ぶ

左:アプリのホーム画面で[フォトグリッド]をタップ右:グリッドサイズを選ぶ

アプリを開いたら、画面右下の[フォトグリッド]をタップすると、端末のカメラロールへ遷移します。

グリッド投稿に使いたい写真を選び、グリッドサイズを決めます。今回は「3×2」を選択しました。自動で写真が6分割されて表示されます。

2写真を追加することも可能

写真を追加する「+」ボタンをタップ縦写真が追加された

任意でグリッドに写真を追加できます。画面左下の写真マークから写真を追加しましょう。今回は縦写真をグリッドの中央に使いたいので、中央の縦2列の[+]ボタンをタップします。すると縦写真がグリッド2枚のスペースを使って表示されました。

さらに写真を追加する場合は同じように左下の写真マークをタップしましょう。

グリッドに写真が埋まった

グリッドに写真をすべて埋めたら、[次]を押して進みます。

3グリッド写真を編集する

写真を編集する

グリッドの写真に自由に加工を施せます。フィルター、オーバーレイ、テキスト、ステッカーを追加でき、投稿をより華やかに仕上げることができます。

編集が終わったら[完了]を押してください。

4写真を番号順にインスタへ投稿

写真を1番から投稿する

グリッドを投稿する順番が表示されるので、1番から順番にインスタアプリに投稿していきます。

インスタアプリの新規投稿画面に遷移「シェア」をタップ

左:新規投稿画面で[次へ]をタップ右:右上の[シェア]で投稿完了

[1]の写真をタップすると、インスタアプリの新規投稿画面に遷移します。あとは通常通りに[シェア]すればOK。

2番以降の写真も投稿

もう一度「Photo Grids」のアプリに戻り、2番以降の写真も投稿をしましょう。

5グリッド投稿が完成

グリッド投稿が完成

6枚すべてを投稿し終えたらインスタアプリのプロフィール画面を開き、グリッド投稿がきちんと投稿できているかチェックしてください。

このように2分割を使うことで縦写真がより映える投稿になります。

機能が豊富な「Grids」(iOS版のみ)

「Grids」はiOS版しか提供されていませんが、グリッドの機能はもちろん、そのほか通常のフィード投稿やストーリーズ、ストーリーズハイライトのカバー画像を作成することも可能です。

アプリ「Grids」をダウンロード
Grids

1グリッドのサイズと写真を選ぶ

「Grid」をタップグリッドサイズを決める

「Grids」のアプリを起動し、ホーム画面で[Grid]をタップします。グリッドサイズの画面で、[+]と[−]ボタンを操作し、幅と高さを決めてください。続いて[Done]をタップします。

グリッドの中央をタップし写真を選ぶ

グリッド表示の中央をタップし、[Image from the Gallery]を押すと、カメラロールが開くので、グリッド投稿に使いたい写真を選択してください。

2写真を編集する

画面下部のメニューで編集できる編集が終わったら「→」ボタン

写真にテキストやステッカーなどを貼り付けて編集することもできます。画面下部のメニューから好きなようにデコレーションしてみましょう。編集が終わったら[→]ボタンを押します。

3インスタアプリに投稿する

「Instagram」をタップ1番から順に投稿していく

インスタグラムに投稿していきます。画面左下の[Instagram]を選択すると、グリッドの投稿順で各画像に番号が振られます。[1]から順にタップします。

「フィード」をタップ新規投稿画面投稿をシェアする

次の画面で[フィード]を押せば、インスタグラムアプリの新規投稿画面に遷移するので、通常通り投稿してください。

2番以降も順に投稿を繰り返す

「Grids」アプリに戻り、2番以降の画像も同じ手順で投稿を繰り返してください。

4フィード投稿が完成

投稿が完了した

9枚投稿し終えたら、プロフィール画面を確認してみましょう。グリッド投稿がきれいに表示されていれば完成です。

使いやすさ抜群「Grid Maker for Instagram」(Android版のみ)

グリッド投稿以外のプラス機能は兼ね備えていませんが、「Grid Maker for Instagram」も簡単で使いやすいアプリでしょう。Androidユーザーのみ利用できます。

アプリ「Grid Maker for Instagram」をダウンロード
Grid Maker for Instagram

1写真をアップロードしてグリッドサイズを選ぶ

「Grid Maker」をタップグリッドサイズを選ぶ

アプリを起動したら[Grid Maker]をタップします。端末のアルバムが開くので、アップロードする写真を1枚選びます。

続いてグリッドサイズを決めましょう。「Grid Maker for Instagram」はグリッドサイズが豊富で、さまざまな分割に対応しています。今回は「3×4」で作成していきます。

画面右下の[✔︎]ボタンを押して進みます。

2インスタアプリに画像を順番ずつ投稿する

「1」をタップ「Feed」を選ぶ

画像が12分割されて表示されるので、1番から順番に投稿します。[1]をタップし、下のメニューから[Feed]を選びます。

インスタアプリの新規投稿画面通常通りに投稿する

インスタアプリの新規投稿画面に遷移したら、[→]を押して進み、[✔︎]ボタンをタップして通常通りに投稿してください。

2番以降も同様に投稿

再度「Grid Maker for Instagram」に戻り、2番目以降の画像も同様に投稿します。

3グリッド投稿が完了

グリッド投稿が完了した

すべて投稿した後にプロフィール画面を見ると、12分割されたグリッド投稿が表示されていることを確認できるでしょう。

グリッド投稿のデメリットと対処法

アプリを使って手軽に迫力のある投稿を作れるグリッドですが、デメリットもあります。

ここからはグリッド投稿のデメリットと、それに対する対処法について説明します。

デメリット1:投稿枚数に注意しないとグリッド投稿がずれる

投稿枚数に注意しないとグリッド投稿がずれる

グリッド投稿の後、1枚だけ通常投稿をすると、プロフィール画面のグリッドがずれてしまった

グリッド投稿した後の投稿の仕方に気を付けないと、すぐに順番が乱れてグリッドではなくなってしまいます。

理由は、グリッド投稿した後、普段から横一列(3枚)ごとに投稿しないとグリッド投稿が維持できないから。

Instagramのプロフィール画面の画像一覧では、横一列に3枚ずつ画像が表示されています。グリッド投稿は3枚(3の倍数)からスタートするものが多いため、グリッド投稿をした後は3枚同時に通常投稿をしていかなければ、いつの間にかずれて表示されるのです。

グリッド投稿した直後はよくても、その後の管理が必要なため、そのひと手間が面倒になるでしょう。

デメリット2:連続投稿でタイムラインを埋め尽くしてしまう

もう一つの大きなデメリットが、よくわからないグリッドの断片的な投稿が相手のタイムラインに連続で流れてしまうという点でしょう。

連続投稿でタイムラインを埋め尽くしてしまう

よくわからない写真がタイムラインに連続で流れてくる

自分をフォローしてくれている相手のタイムラインには、連続して分割された投稿が流れてくることになります。つまり、9分割してグリッド投稿した場合、9連続の投稿がフォロワーのタイムラインへ流れるのです。

タイムラインが断片的な投稿で埋め尽くされることにより、フォロワーの中には「うざい」「煩わしい」とネガティブな感情を抱く人もいるでしょう。

フォロワーを増やす目的でグリッド投稿をしたのに、これでは逆にフォローを外されてしまう可能性も出てきます。

対処法:インスタのアーカイブ機能で投稿を一時非表示にする

せっかく作ったグリッドがずれる、連続で投稿することでフォロワーに疎まれるといったことを避けるには、Instagramのアーカイブ機能を使うといいでしょう。

フィード投稿をアーカイブすると、その投稿をタイムラインやプロフィール画面から非表示にできます。アーカイブした投稿は削除されたのではなく、後で確認したり、再表示したりすることも可能です。

ずれたグリッド投稿グリッド投稿

左:ずれてしまったグリッド投稿右:アーカイブ機能で投稿を削除せずにグリッドを保てる

投稿が連続するのを少しでも回避するために、1つ投稿するごとにアーカイブを繰り返し、まずはグリッドをすべてアーカイブに保存しましょう。

しばらく経ってからアーカイブの投稿を再表示すれば、グリッドの投稿は元の位置に戻るだけなので、タイムラインの下側で表示されて悪目立ちしません。プロフィール画面にもグリッド投稿を再表示できます。

グリッド表示のずれが起きそうな時も、アーカイブ機能でグリッド投稿をあらかじめ非表示にしておけば、プロフィール画面をきれいに保つことができます。削除したわけではないので、好きな時にグリッド投稿を復活させられます。

「アーカイブする」をタップ

アーカイブのやり方は、投稿のメニューボタン[]から[アーカイブする]をタップすればOKです。

「アーカイブ」をタップ投稿アーカイブの画面

保存したアーカイブは専用フォルダに格納されています。プロフィール画面のメニューボタン[]から[アーカイブ]をタップすると、投稿のアーカイブを確認できます。

他にも、ストーリーズやインスタライブのアーカイブもこのフォルダに保存されています。

戻したい投稿を選択プロフィールに表示をタップ

アーカイブを再表示するには、フィード投稿のアーカイブ画面で、戻したい投稿をタップし、右上のメニューボタン[]→[プロフィールに表示]を選択すれば完了です。

検証したInstagramのバージョン:iOS版182.0、Android版182.0.0.29.124

EDITED BY
MIKAN