メルペイの使い方 超入門──iD決済やコード払い、チャージなど

メルペイの使い方 超入門──iD決済やコード払い、チャージなど

これまでフリマアプリの「メルカリ」で得た売上金は、銀行口座に出金するか、メルカリ内での品物購入に使うかの2パターンしかありませんでした。しかも銀行口座への出金は、手数料がかかるうえ実際に入金されるまで時間がかかっていたため、不便に感じていたユーザーも多いはず。

そんな中、スマホ決済サービス「メルペイ」の登場で、わざわざ売上金を出金しなくてもコンビニやスーパー、飲食店など全国約90万店舗で現金同様に使えるようになり、メルカリユーザーの利便性は格段にあがりました。

本記事では、メルペイとはどんなサービスなのか、またチャージの方法やメルペイ残高・ポイントの使い方などをわかりやすく解説します。

メルペイとは? その特徴と利用メリット

メルカリの子会社であるメルペイが、2019年2月から運用開始した新たなスマホ決済サービスです。メルカリで得た売上金を、電子マネーとしてコンビニや飲食店、Suicaのチャージなどに利用できます。また、銀行口座からチャージが可能なので、メルカリの売上金がなくても利用できます。

メルカリ内に組み込まれたスマホ決済サービス

メルペイはフリマアプリ「メルカリ」内のメルペイ画面からおこなえるサービスなので、メルカリユーザーであることが前提となります。PayPay(ペイペイ)や楽天ペイと違い、決済機能のみのアプリは存在しません。

メルペイ、口座登録前画面 口座登録後のメルペイ画面

左:支払い用口座登録前のメルペイ画面右:支払い用口座登録後のメルペイ画面

メルペイ画面では、売上金の確認や履歴の表示、振込申請といった従来の機能に加え、iD連携やQRコード表示などの決済機能が利用できるようになっています。支払い用(メルペイチャージ用)の銀行口座を連携させると、メルペイ残高とポイントの記載に変わり、売上金は表示されなくなります。

メルペイと銀行口座の連携で使いやすくなる

メルペイの利便性をより向上させたいなら、支払い用の銀行口座を登録しておくのがおすすめです。

メルペイ、銀行口座の登録メリット

というのも、売上金を実店舗で利用したい場合、通常はまず1P=1円換算の「ポイント」に変換(購入)しなければなりません。しかし、メルペイに銀行口座を紐づけておくことで、売上金が自動でメルペイ残高にチャージされ、いつでも実店舗での支払いに利用できるほか、メルペイあと払いを利用できるようになるなど、使い方の幅も広がります。また、180日間と定められている振込申請期限が無期限になるといった嬉しい特典も。

チャージも決済手数料もすべて無料

銀行口座からのメルペイ残高チャージや、売上金でのポイント購入、またiD、コード決済での手数料は一切発生しません。

ただ、売上金の銀行出金に関しては、従来どおり通常振込は200円、通常振込より早く入金できるお急ぎ振込は400円の手数料がかかってしまいます。

全国約90万店舗で利用可能

メルペイはNTTドコモが展開している非接触決済サービス「iD」による決済に加え、バーコード・QRコードを生成して店舗レジで読み取って決済をおこなうコード支払いに対応しています。

また、iOSユーザーの場合はApple Pay(アップルペイ)からSuicaへのチャージもできます。

iD、メルペイ、ロゴ

メルペイはどちらかのロゴが表記されている店舗で使用できる

iD決済は数ある電子マネーの中でも普及率が高く、2019年4月現在では全国約89.6万店舗で利用可能。iOSユーザーはApple Pay、Androidユーザーはおサイフケータイを通じて、店の端末にスマホをかざすだけでスピーディーに支払いができます。

利用特典はクーポンと不定期開催のポイント還元キャンペーン

メルペイには、通常時にはPayPayのようなキャッシュバックや楽天ペイのようなポイント還元システムはありません。そのかわりに、メルペイ支払い限定で使える割引クーポンが配布されています。

メルペイ、クーポン メルペイ、クーポン

また、不定期ではありますが、メルペイの利用金額に応じて20%〜最大70%ものポイントが還元されるキャンペーンが開催されます。ここで獲得したポイントは、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに充てられます。

メルペイの登録方法とiD決済を使うための初期設定

前述したように、メルペイはメルカリに登録していることが前提のサービス。そのためメルカリを使ったことがない人は、まずインストールと会員登録が必要です。

また、メルペイは「iD」による非接触決済を使用しているため、OSのバージョンが下記記載のものより古く、また非接触決済に対応していない端末の場合、iDによる決済機能を利用できない可能性があります。

  • iOS端末:日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上
  • Android端末:Android 5.0以降がインストールされている「おサイフケータイ」(Felica搭載)対応の端末

メルペイでiD決済するためには電子マネーカードを発行し、iOSユーザーはApple Pay(アップルペイ)、Androidユーザーはおサイフケータイと連携させる必要があります。それぞれ操作手順が異なるので、使っているOSに合わせて確認してください。

iOSでの初期設定方法

iOSでの初期設定方法は、以下の記事に詳しく書いているので参照してください。

メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」をコンビニ支払いで使ってみた

Androidでの初期設定方法

まずAndroid 5.0以降のおサイフケータイ対応(Felica搭載)端末であることを確認し、バージョンが古い場合はアップデートをしておきましょう。

今さら聞けない、Androidスマホをアップデートする方法と注意点【ドコモ/au/ソフトバンク端末など】

メルペイ、「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ メルペイ、「次へ」をタップ

メルカリアプリの下部メニューにある「メルペイ」タブを選択してメルペイ画面を開き、[売上金・ポイントをお店で使う]をタップします。続いてチュートリアル画面が表示されるので、[設定をはじめる]→[次へ]の順にタップ。

iOS版と異なり、利用規約が自動で表示されないため、気になる人はここで「メルペイ利用規約」や「プライバシーポリシー」を開いて確認しておきましょう。

メルカリ、アカウントの中から任意のものをタップ おサイフケータイアプリ画面

Felica搭載の端末であれば、おサイフケータイアプリに自動で移動し、メルペイの電子マネーカードが登録されます。アカウントを複数保持している場合は、使用したいアカウントを選択しましょう。設定完了画面が表示されたらiDの初期設定は完了です。

おサイフケータイアプリからも、メルペイが追加されているのが確認できます。

メルペイ残高にチャージする方法と注意点

メルカリの売上金は、そのままでは実店舗で利用できません。少々ややこしいのですが、iD決済やQRコード支払いをするには、売上金をメルペイ残高、もしくはポイントに交換する必要があるのです。ただ、ポイントにはいくつか注意点があるので、交換前に確認しておきましょう。

メルペイ残高とポイントの違いに注意

ポイントもメルペイ残高も、実店舗で使えることには変わりませんが「メルペイ残高=ポイント」ではないため、注意が必要です。

ポイントとメルペイ残高の相違点
ポイント メルペイ残高
取得方法
  • 売上金で購入する(1P=1円)
  • キャンペーンでGETする
  • 売上金取得と同時に自動チャージされる
  • 銀行口座から指定した金額をチャージする
使い道
  • iD/メルペイコード払い
  • メルカリ内での支払い
  • Suicaへのチャージ(iOSのみ)
  • メルカリあと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)
  • 銀行口座への出金
  • iD/メルペイコード払い
  • メルカリ内での支払い
  • Suicaへのチャージ(iOSのみ)
利用条件 なし 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませる
有効期限
  • 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間
  • キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間
なし

有効期限と銀行口座への出金ができなくなる点が大きな違いです。ポイントとメルペイ残高の大きな違いは、「有効期限の有無」と「銀行口座への出金の可否」です。また、メルペイ残高はあと払いの精算に使えませんが、キャンペーンで付与されたポイントに限って、あと払いの精算に充てることができます。

なお、支払い用銀行口座が登録済みの場合や、「アプリでかんたん本人確認」が完了したアカウントでは、売上金によるポイントの購入はできません。

支払い用銀行口座を登録してチャージする

メルペイに銀行口座を登録すると、売上金は自動でメルペイ残高にチャージされ、口座からチャージしたお金と合わせて実店舗での決済に利用できます。

1. 銀行口座を登録する

メルペイ、「お支払い用銀行口座の登録」をタップ メルペイ、銀行口座の選択

メルペイ画面を下にスクロールし、「お支払い用銀行口座の登録」をタップします。チュートリアルが表示されるので読み進み、一番下の[銀行口座を登録する]をタップ。登録可能な銀行の一覧が表示されたら、任意の銀行を選択します。なお、連携できる銀行は今後順次拡大されるようです。

同意して次へをタップ 売上金がメルペイ残高に変わる

案内通りに支店/口座番号や暗証番号などを入力していき、最後に登録完了画面が表示されれば口座の登録は完了です。

口座の登録前は「売上金」と「ポイント」に分かれていたのが、売上金とチャージ額の合計で表記される「メルペイ残高」に変わりました。右上には、友達紹介やキャンペーンで得られる「ポイント」が表記されます。

2. 口座からメルペイ残高にチャージする

メルペイ、チャージ金額を入力 「チャージする」をタップ

メルペイ画面で[チャージ(入金)]をタップし、[チャージ金額]を選択します。初期設定では3000円となっていますが、最低チャージ金額1000円〜1日のチャージ限度額20万円の間であれば、1円単位でチャージ金額を決められます。

金額を入力したら、[チャージする]ボタンをタップして端末のパスコードを入力。これでチャージは完了です。

口座登録なしで売上金をチャージする

「銀行口座を登録したくない」「メルペイ残高には売上金のみをチャージできればいい」という人もいるでしょう。

その場合、免許証などの本人確認書類を登録する「アプリでかんたん本人確認」をおこなうことで、口座登録をしなくても売上金をメルペイ残高にチャージできます。この場合、180日間の売上金の振込申請の制限も、口座登録をした場合と同様に外されます。

売上金でポイントを購入する

前述の通り、銀行口座の登録や本人確認をしなくても、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円として、メルカリ内や実店舗での支払い、Suicaへのチャージに使用できます。ポイントは売上金での購入以外にも、友達招待やキャンペーンなどで手に入ります。

メルペイ、「ポイント購入」をタップ メルペイ、「ポイントを購入する」をタップ

ポイント購入は、メルペイ画面で[ポイント購入]ボタンをタップし、売上金の中から購入したいポイント数を指定して[ポイントを購入する]をタップすれば完了です。

メルペイ残高の使い方(使い道)

従来からの「メルカリ内で消費する」「銀行口座へ出金する」に加え、メルペイ残高は「実店舗で使う」「Suicaへチャージする」といった使い道があります。今後は、オンライン決済にも対応予定とのことです。

銀行口座へ出金する

売上金と口座からのチャージ額の合計であるメルペイ残高は、振込申請(201円以上から)をすれば銀行口座への出金ができます。

また、前述したように支払い用銀行口座を登録して売上金をメルペイ残高に変えてしまえば、通常180日間と定められている振込申請期限が無期限に。さらに、入金までにかかる日も下記の通り大幅に短縮されます(ゆうちょ銀行以外)。

申請から入金されるまでにかかる日数
申請が完了した曜日 振込日(0時00分〜8時59分までの申請) 振込日(9時00分〜23時59分までの申請)
月曜日 火曜日 水曜日
火曜日 水曜日 木曜日
水曜日 木曜日 金曜日
木曜日 金曜日 月曜日
金曜日 月曜日 火曜日
土曜日 火曜日 火曜日
日曜日 火曜日 火曜日

ただ、残念ながら2019年4月23日より、申請金額が1万円以上の場合も一律200円(お急ぎ振込では400円)手数料がかかるように改定されました。これは売上金からの出金であっても、メルペイ残高からの出金であっても変わりません。

メルカリ内での買い物に使う

もちろん、メルカリ内の買い物にもメルペイ残高は使用できます。

「メルペイ残高を使用する」にチェックを入れる

使用方法は、支払い時に「メルペイ残高を使用する」にチェックを入れるだけです。ポイントとの併用も可能です。

実店舗での支払いに使う(iD決済/メルペイコード払い)

実店舗での支払いは、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」のどちらかでおこなえます。決済前には必ずメルペイ残高、もしくはポイントが購入金額分あるか確認しておきましょう。

iDによる決済

メルペイ、iD決済

iDでの決済は、SuicaやApple Pay、QUICPayでの決済と同じく、支払い時に店員へ「iD(アイディ)で」と伝えたうえ、レジの端末にかざすだけです。

メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」をコンビニ支払いで使ってみた

メルペイコード払い

メルペイ、ロゴ

メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。まだ加盟店はそこまで多くありませんが、「LINE Pay(ラインペイ)」との業務提携により使える場所は増加する予定です。

LINE Payとメルペイが提携、それぞれのサービスで両方の加盟店が利用可能に

メルペイ、「コード払い」をタップ メルペイ、パスコードを入力 コードが表示される

使う時はメルペイ画面から[コード払い]をタップし、パスコードやFace IDで本人確認をしてコードを表示します。支払い時に、表示したQRコードを店員に読み取ってもらえば支払いは完了です。

Suicaへチャージする(iOS版のみ)

現状iOSのみの機能となりますが、メルペイ残高またはポイントから、Apple Payを通してモバイルSuicaへチャージが可能です。iD決済が利用できる店舗に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもメルカリの売上金が活用できることになります。

モバイルSuica画面 チャージ金額を入力 支払画面でメルペイ電子マネーを選択

チャージ手順はいたってシンプル。まずApple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣の[チャージ]ボタンをタップして、チャージしたい金額を入力します。なお、チャージ金額は1円単位で指定可能。

右上の[チャージ]ボタンをタップすると支払画面が表示されるので、メルペイ電子マネーを選択。あとはFaceIDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージができます。

メルペイのポイントの使い方

ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得したポイントは、前述のメルペイ残高と同じように、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。また、メルカリ内での支払いや、iOSユーザーであればモバイルSuicaへのチャージにも活用できます。

ポイントを利用したい場合、特別なに設定やチャージは必要ありません。ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費される仕組みになっています。

なお、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできません。また、ポイントが購入金額分足りない場合は、メルペイ残高と併用しての支払いも可能です。

残高ゼロでも利用できる「メルペイあと払い」

「メルペイあと払い」は、メルカリ内での支払いをはじめ、実店舗でのiD、コード払いの代金を翌月にまとめて精算できるサービス。クレジットカードに近いイメージで、メルペイ残高やポイントが0の状態であっても利用上限金額までなら買い物ができます。

利用上限金額は「メルカリ」での利用実績などを元にユーザーごとに決定されます。ユーザー自身でも上限金額を設定できるので、使いすぎの心配もありません。なお、現段階では18歳以上のユーザーのみが使えるようになっています。

メルペイあと払いイメージ

使ったお金は、翌月1日から末日までの間であれば自由なタイミングでメルペイ残高払いやポイント、コンビニ払い、口座振替での精算が可能。ただし、メルペイあと払いの精算には、売上金や売上金で購入したポイントは利用できません。

また口座振替に設定したい場合は、メルペイ残高チャージ用の口座とは別に「メルペイあと払い」専用の口座を登録する必要があります。精算時には手数料として300円がかります(2019年5月31日までは手数料が無料となるキャンペーンも実施)。

メルカリ内の買い物で後払いを利用する方法

支払い方法で、メルペイあと払いを選択 購入ボタンをタップ

メルカリ内での後払い利用方法は「メルカリ月イチ払い」と同様です。

商品の購入手続き画面で[支払い方法]をタップ。支払い方法の一覧から[メルペイあと払い]を選択し、再度購入手続き画面で[購入する]ボタンをタップすれば後払いでの商品購入ができます。

実店舗の買い物で後払いを利用する方法

実店舗で後払いをするには、あらかじめ初期設定をする必要があります。なお、実店舗で利用する場合に限りメルペイチャージ用の銀行口座の登録またはアプリでかんたん本人確認のどちらかを済ませる必要があります。

メルペイあと払い、初期設定 メルペイあと払い、初期設定 メルペイあと払い、初期設定

上記の登録を済ませたら、メルペイ画面の中央にある[お店でのあと払いを設定する]を押します。

チュートリアルを読み進め、[設定をはじめる]をタップしたら利用目的を確認し、[上記の利用目的で申し込む]をタップ。メルペイ側が定めた上限金額の中から、自分にちょうどいい利用上限金額を選択し、[この金額ではじめる]を押せば初期設定は完了です。また、上限金額は後からも変更できます。

メルペイあと払い メルペイあと払い、履歴画面

メルペイ画面に戻ると、設定した上限金額(あと払い残枠)が表示されています。この状態でiD決済やメルペイコード払いをおこなうと、メルペイあと払いが適用され残枠が減っていきます。[あと払い履歴]をタップすると、当月分の購入履歴が確認できます。

メルペイ残高支払いにも戻す

なお、右上の[支払い方法を変更]をタップすると、メルペイ残高支払いにも戻せます。

まとめ:メルカリユーザーにとってはメリット大

日常生活のさまざまなシーンで利用できるメルペイは、従来のクレジットカードや交通電子系マネーに加わる新しい決済方法として、かなり有力な選択肢となっていくように感じます。また、そもそも不用品を売ることで得たお金が中心のため、消費するというより「活用している」感覚で使えるのも大きなポイント。

ただ、不定期で大胆なポイント還元キャンペーンは開催されるものの、普段からポイント還元のシステムがないのが残念。頻繁にメルカリを使うわけではなく、売上金が常にある状態ではない人には、それほどおすすめできないのが現状です。

EDITED BY MOEGI