メルペイ「ポイント」の使い道──支払い方や有効期限、残高チャージとの違いなど解説

メルペイ「ポイント」の使い道──支払い方や有効期限、残高チャージとの違いなど解説

先におこなわれたメルペイのポイント還元キャンペーンで、大量に獲得した人も多いであろうメルカリ(メルペイ)の「ポイント」。ポイントは1P=1円としてメルペイのiDやコード決済、メルカリ内の買い物に利用できるほか、iOSユーザーはモバイルSuicaへのチャージに充てることも可能です。

ただ、メルペイは開始まもないサービスで不慣れなためか、ポイントの使い方に迷っている人が多いようです。本記事では、ポイントの使い道など、メルペイ残高と売上金から購入したポイント、キャンペーンで獲得したポイントの違いや有効期限などの注意点まで、詳しく解説します。

メルペイのポイントの使い道

メルカリ(メルペイ)のポイントは、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。また、メルカリ内での支払いや、後払いの精算、iOSユーザーであればモバイルSuicaへのチャージにも活用できます。

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない

ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。また、する必要もありません。というのも、ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。

ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。

iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する

実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。ただ、支払い方法が「あと払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。

メルペイ ポイント 使い方

メルペイ残高支払いに設定されていないとポイントは消費されないので注意

なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。

iDでの支払い方

メルペイ ポイント iD払い

「iD」はNTTドコモが展開している非接触決済サービスで、上掲のiDマークがある店舗で利用できます。ただし、端末が非接触決済に対応していない場合、iDによる決済機能を利用できません。

iD決済を利用できる端末とOS
  • iOS端末:日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上
  • Android端末:Android 5.0以降がインストールされている「おサイフケータイ」(Felica搭載)対応の端末

利用方法は、ポイントとメルペイ残高を足した額が購入金額分あることを確認したら、支払い時に店員へ「iD(アイディ)で」と伝えたうえ、レジの端末にかざすだけです。

メルペイポイント iDによる決済

初めてメルペイでiD決済を使う人は、初期設定が必要となります。詳しい手順は下記の記事を参照してください。

iDを使うための初期設定方法

メルペイコード払い

メルペイ ポイント コード払い

メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。

メルペイ ポイント コード払い メルペイ ポイント コード払い メルペイ ポイント コード払い

使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。パスコードやFace IDで本人確認をしてコードを表示し、支払い時に店員にコードを読み取ってもらえば完了です。

メルカリ内での支払いに利用する

ポイントは、メルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。

ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。

メルペイ ポイント メルカリ内で購入 メルペイ ポイント メルカリ内で購入

購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。

Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ)

現状iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。

メルペイ ポイント Suicaへのチャージ メルペイ ポイント Suicaへのチャージ

メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣の[チャージ]ボタンをタップして、チャージしたい金額を入力して[チャージ]を押します。チャージ金額は1円単位で指定可能です。

なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。

メルペイ ポイント Suicaへのチャージ

支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。あとはFaceIDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。

メルペイあと払いの精算に使う(キャンペーンで付与されたポイントのみ)

メルペイの「あと払い」は、実店舗やメルカリ内での購入代金を、使った分だけ翌月にまとめて支払える機能です。各種キャンペーンで獲得したポイントは、この「あと払い」の精算に充てることもできます。

メルペイ ポイント あと払い精算

ただし、売上金で購入したポイントや売上金はあと払いの精算には利用できません。例外として、支払い期限が過ぎた場合にのみ、売上金が強制的に精算に充てられます。

使えない? メルペイのポイント有効期限を確認する方法

売上金から購入したポイントと、キャンペーンで獲得したポイントで、それぞれ違った有効期限が設定されています。

ポイントの有効期限
  • 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間
  • キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間

有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。

メルペイ ポイント 有効期限 メルペイ ポイント 有効期限

メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。

ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。

ポイントとメルペイ残高の違い

ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。

ポイントとメルペイ残高の相違点
ポイント メルペイ残高
取得方法
  • 売上金で購入する(1P=1円)
  • キャンペーンでGETする
  • 売上金取得と同時に自動チャージされる
  • 銀行口座から指定した金額をチャージする
使い道
  • iD/メルペイコード払い
  • メルカリ内での支払い
  • Suicaへのチャージ(iOSのみ)
  • あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)
  • 銀行口座への出金
  • iD/メルペイコード払い
  • メルカリ内での支払い
  • Suicaへのチャージ(iOSのみ)
  • あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)
利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる
有効期限
  • 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間
  • キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間
なし

ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。

売上金から購入したポイントとは

メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。

メルペイポイント 売上金から購入 メルペイポイント 売上金から購入

左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する右:ポイント購入に手数料はかからない

銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。

それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。

キャンペーンで付与されたポイントとは

ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。

メルペイ ポイント キャンペーン メルペイ ポイント キャンペーン

左:口座登録が済んでいないアカウント右:口座登録済のアカウント

ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。

これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

EDITED BY MOEGI