LINEで一斉送信する方法──複数のトークに同じメッセージをまとめて送るには

「あけおめ」「メリクリ」などにも使える

季節の挨拶や待ち合わせの連絡、イベントの案内など、LINE(ライン)で複数の友だち・トークに同じ内容のメッセージを一斉送信したい、と思ったことはありませんか。

本記事では、LINEでグループトークなどを使わず、転送機能を活用してメッセージをまとめて複数のトークに送る「一斉送信」のやり方を紹介。一斉送信をおこなう上で気になる疑問点や注意点もまとめています。

LINEのメッセージをまとめて一斉送信する方法

LINEでメッセージを複数の人に一斉に送信する場合、自分だけが見ることができるトークルーム「Keepメモ」に下書きした内容を転送(シェア)するのが最もスムーズな方法です。

今回はiOS版アプリの画像で解説していますが、Android版アプリでもやり方はほとんど同じです。

  1. 送りたいメッセージをKeepメモに下書きする

    Keepメモは、自分だけが見られるトークルーム。テキスト、リンク、画像や動画ファイルなどをメモ代わりに管理することができます。

    まずは「トーク」タブからKeepメモのトークルームを開きます。見当たらない場合、トークタブ画面の上部にある検索窓に「Keepメモ」と入力すると簡単にアクセスできます。

    みんなに一斉送信したいメッセージを入力し、とりあえず送信します。

    ここで送信したメッセージは、一斉送信用メッセージの「下書き」だと考えればよいでしょう。

  2. メッセージを長押しして転送を選択する

    送ったメッセージの吹き出しを長押しすると、メニューが表示されるので転送を選択し、さらに画面下部の転送をタップします。

    一斉送信は、トークメッセージの転送機能を応用しておこないます。

    画像・動画、位置情報、リンク、ファイルなども同様の方法で転送機能が使えます。

    画像と動画は転送アイコンからも転送可能

    画像や動画はトークに送信すると左横に転送アイコンが表示されます。そのアイコンをタップすることでも転送できます。

  3. 一括送信したい先のトーク・友だちをすべて選び、転送をタップする

    送信先として、メッセージを送りたいトーク・友だちを複数選択してください。もっと見るまたは虫眼鏡マークをタップすると、一覧から選べます。

    最後に転送ボタンをタップしましょう。

  4. 同じメッセージが複数の個別トークに送られる

    これで、同じメッセージが複数の友だちの個別トークに一斉送信されます。

    一斉送信したメッセージが受け手側にどのように見えるのかについては後述します。

    自分だけのグループトークを使う方法も

    一斉送信する際、Keepメモにメッセージを下書きすると、Keepの中身が散らかるので避けたいという向きもあるかもしれません。その場合、自分だけがメンバーの専用グループトークを作成する手もあります。

    LINEのホームタブで「友だち追加」ボタンをタップし、友だち追加画面でグループ作成を選択。他の友だちを誰も追加せず、右上の次へをタップして進んでください。

    続いて任意のグループ名(例:自分用など)を入力し、作成をタップします。これで、自分しかいないグループが作成されました。トークを押してメッセージを送信しましょう。

    自分専用グループのLINEトークルームなら、送信したメッセージは誰にも届きません。一斉送信用の下書きスペースとしても活用できます。

LINEの一斉送信に関してよくある疑問と答え

LINEで一斉送信したことは友だちにバレてしまうのか、何人までまとめて送信できるのかなど、よくある疑問とその回答をまとめました。

一斉送信したことは相手にバレる?

一斉送信用メッセージを作成したことや、同内容のメッセージを一斉送信した事実が相手に伝わることはありません。

メッセージを受け取った側の画面。一斉送信されたメッセージも、通常の個別メッセージの表示と変わらない

もちろん、一斉送信したメッセージに特有の表示などはなく、一斉送信したこと(他のトークにも同じメッセージが送られていること)が友だちに知られることはないはずです。

一斉送信を見分ける方法はある?

ありません。

一斉送信のメッセージと通常のメッセージの見た目は同じです。よって一斉送信か否かを見分けるには、普段のやりとりとは異なる表現やタイミングなどから推測するほかありません。

グループや複数人トークにも送れる?

グループや複数人トークも、一斉送信する転送先に指定できます。

当然ですが、そのグループ内のメンバー全員に送信メッセージが見られることになります。

10人以上に一斉送信できる?

1回の送信で最大15件まで送信先を選択できます。

以前は、一斉送信できるのは1回の送信につき最大で10件までしかできませんでしたが、現在では15件まで選択できる数が増えました。

それ以上のトークルームに送信する場合は、何回かに分けて転送する必要があります。

スタンプやアルバムは一斉送信できない?

スタンプとアルバムは転送に対応しておらず、一斉送信することはできません。

スタンプやアルバムを長押ししても、メニューに「転送」がない

テキストや画像、動画ファイルなどと違い、スタンプやアルバムを転送しようと長押ししても、メニューに転送がなく、一斉送信できないようになっています。

送り先を間違えたときは送信取消できる?

送り先を間違えて一斉送信してしまった場合、個別のトークごとにメッセージの送信を取り消すことは可能です。

間違えた送信先のトークを開いて、該当のメッセージを長押し→送信取消をタップし、確認画面で再び送信取消を選択すれば、そのトークに限って送信を取り消せます(送信から24時間以内)。

ただし、一斉送信自体を取り消せる機能はないので、すべてのトークで一つずつ送信取り消し操作をおこなう必要があります。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.10.0
LINE
Android
11.10.2
EDITED BY
MIKAN