LINEの通話を録音する3つの方法と注意点【最新版】

LINEの通話を録音する3つの方法と注意点

LINE(ライン)で音声通話やビデオ通話をするなかで、その通話内容を記録・保存しておきたいこともあるでしょう。

そこで本記事では、iPhoneやAndroidスマホ、パソコン(PC)でLINE無料通話をするとき、自分や相手の音声を録音する最新の方法を解説します。

LINE通話を録音する際の注意点

LINE通話の録音を実行する前に、押さえておきたい注意点を解説します。なお、LINEのビデオ通話を録画したい場合は、以下の記事を参照してください。

スマホ単体(アプリなど)による通話録音は難しい

2020年9月現在、iPhoneでは通話内容の録音は基本的にできない仕様になっています(LINE通話を含む)。

試しにLINE通話中に「ボイスメモ」アプリを起動したところ、下の画面が表示されて録音できませんでした。また、かつてiPhoneでは画面収録機能を使って簡単に録音をおこなえましたが、現在はその方法も使えなくなっています。

LINE 通話 録音

Androidスマホの場合、標準機能で通話を録音できる機種があったり、通話録音用アプリなども機能したりしますが、LINE通話に対応していると明示し、正常に動くものはないのが現状です。

そのためLINE通話を録音するには、ボイスレコーダーやテレフォンピックアップ、パソコンなどの機器を用意しなければなりません。

録音は相手にバレないがトラブルに注意

LINE 通話 録音

本記事で紹介する録音方法は、いずれも録音していることが通知や音などで相手にバレることはありません。しかし録音する際は、あらかじめ相手に同意を得てから録音すべきでしょう。

通話内容を録音するのは、通信の秘密やプライバシーなどの点でリスクのある行為です。海外では、同意なく通話内容を録音すること自体が違法となる国もあります。

録音した内容を自分だけで聞くならそこまで問題はありませんが、正当な理由なく録音データを第三者に漏えいしたり、他人のために利用したりするのは避けるべきでしょう。

総務省/通信の秘密、個人情報保護について

方法1:スマホとボイスレコーダーを使って録音する

LINE 通話 録音

iPhoneやAndroidスマホでLINE通話を録音するには、ボイスレコーダーやICレコーダーなどの録音機器が必要です。

ここでは、ボイスレコーダーとインナーイヤー型のマイク「テレフォンピックアップ」を組み合わせて録音する方法を説明します。

テレフォンピックアップを用意するのが面倒であれば、LINE通話をスピーカーにして直接ボイスレコーダーで録音したり、Bluetooth搭載のボイスレコーダーを利用したりするのもよいでしょう。

1. テレフォンピックアップなど必要機材を用意する

LINE 通話 録音

ボイスレコーダーのマイク端子につないで、イヤホンを耳に入れた状態で電話をかければ、イヤホンの外側にあるマイクロホンを通して、相手の声と自分の声が録音される

テレフォンピックアップとは、通話内容を録音するための専用機器です。スマホに接続するものではないので、iPhone・Androidスマホいずれも機種依存はありません。

筆者が検証したところ、会話内容を把握するという用途では、問題なく使える印象でした。ただし、あくまで受話器の音を録音しているので、音声が小さくなってしまったり、雑音が入ったりしてしまうこともあります。

2. ボイスレコーダーのマイク端子にテレフォンピックアップを差し込む

LINE 通話 録音

ジャックはイヤホン端子ではなく、マイク端子に挿し込む

ボイスレコーダーのマイク端子にテレフォンピックアップのジャックを挿し込んでください。イヤホン端子と間違えやすいので、挿し込み口には注意しましょう。

3. イヤホンを耳にセットしてその上にスマホを当てて会話する

LINE 通話 録音

次に、イヤホンを耳にセットし、その上にスマホを当ててください。

テレフォンピックアップは、イヤホンの背面部分がマイクになっています。このイヤーピースのマイク部分にスマホを当てて会話することで、相手の声が録音される仕組みです。

LINE 通話 録音

LINE通話が始まったら、任意のタイミングでボイスレコーダーの「録音」ボタンを押して録音を開始します。通話が終わったら録音を終了してください。

方法2:Windows 10の「ゲームバー」機能(動画キャプチャ)を使う

Windows 10を搭載したパソコンがあれば、「ゲームバー」と呼ばれる動画キャプチャ機能を使ってLINE通話を録音できます。

ボイスレーコーダーやテレフォンピックアップなどの録音専用機器を揃える必要がない点では、前述の方法よりも手軽だといえるでしょう。

1. Windows版LINEをインストールしてログイン

まずは、Windows版LINEをインストールしてログインしましょう。

インストールやログイン手順などは、以下の記事に詳しく記載しているので参考にしてください。

2. 動画キャプチャを起動してマイクを有効にする

LINE 通話 録音

キーボードの「Windows」+「G」を同時に押して動画キャプチャの操作パネルを表示させます。

続いて、操作パネルの設定ボタン[]をクリックし、「キャプチャ中」の項目にある「録音するオーディオ」で[すべて]を選択しておきましょう([ゲーム]でも通話音声を拾えますが、念のためすべての音声を録音できるようにします)。

3. LINEの通話を開始して「収録開始」ボタンをクリック

LINE 通話 録音

トーク画面右上にある受話器アイコンから、[音声通話]もしくは[ビデオ通話]を選択してLINE通話を開始します。

LINE 通話 録音

通話画面が表示されたら、最前面に出してアクティブ化してください。このアクティブウィンドウが動画キャプチャされる仕組みになっています。

あとはキーボードの「Windows」+「G」キーを同時押しして再び動画キャプチャの操作パネルを呼び出し、「キャプチャ」パネルにある録画開始ボタンをクリックするだけでOK。通話画面の録画と録音がスタートします。

4. 画面録画の停止後、「キャプチャ」フォルダに動画が保存される

LINE 通話 録音

録画を終了するときは、表示された録画停止用のパネルから[停止]ボタンをクリックしてください。これで通話中の音声が収録完了です。

LINE 通話 録音

通話の音声と通話画面のファイルは、「ビデオ」フォルダ内にある「キャプチャ」フォルダにmp4形式で保存されています。

方法3:macOSの「画面収録」機能を使う

iPhoneでは「画面収録」を利用した通話録音はできなくなりましたが、Macの画面収録なら通話音声の録音が可能です。

1. Mac版LINEをインストールしてログイン

まずは、Mac版LINEをインストールしてログインしましょう。

インストールやログイン手順などは、以下の記事に詳しく記載しているので参考にしてください。

2. 画面収録を起動してマイクを有効にする

LINE 通話 録音

まず、キーボードの「shift」+「command (⌘)」」+「5」を同時に押して画面収録のコントローラーを表示させます。

ここではmacOS Mojaveで画面収録する手順を紹介しますが、OSによる画面収録機能が使えない場合は「QuickTime Player」アプリを開いて、メニューバーから[ファイル]→[新規画面収録]の順にクリックし、画面収録をおこなってください。

LINE 通話 録音

続いて、コントローラーの[オプション]ボタンをクリックし、「マイク」の項目にある[○○のマイク](○○はデバイス名や接続済のマイク名)にチェックを入れます。これで、音声が録音される設定になりました。

3. LINEの通話を開始して「収録」ボタンをクリック

LINE 通話 録音

トーク画面右上にある受話器アイコンから[音声通話]もしくは[ビデオ通話]を選択して通話を開始します。

LINE 通話 録音

録音を開始したいタイミングで、再びキーボードの「shift」+「command (⌘)」」+「5」を同時に押して、画面収録のコントローラーを表示させてください。

あとはコントローラーの[収録]ボタンをクリックすれば、すぐにLINE通話の収録が開始されます。

4. 画面収録の停止ボタンを押せば収録データが保存される

LINE 通話 録音

収録を停止するには、メニューバーの収録停止ボタンをクリックするか、「command (⌘) 」+「control」+「esc」キーを押します。これで、収録した画面のデータが自動保存されます。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.1、Android版10.15.1、Windows版6.2.2、Mac版6.2.1

EDITED BY MOEGI