dマガジンに無料で会員登録する方法 ドコモ以外のやり方も解説

申し込みまでの手順を解説

900誌以上の雑誌が月額440円(税込)で読み放題になる「dマガジン」。リーズナブルな料金と豊富なラインナップはもちろん、目的の雑誌や興味をそそる記事が探しやすく、ダウンロードなど便利な機能も人気を後押ししています。

本記事では、dマガジンに登録する(申し込む)方法や注意点について解説します。ドコモユーザーもドコモ以外のユーザーも、初回の31日間は無料で利用できます。

dマガジンとは?

dマガジンの強みは、国内最大級の雑誌ラインアップと便利な検索機能です。そうした特長や、無料お試し期間、dマガジンの登録に必要な条件などについてざっくり紹介します。

dマガジンの特長

国内の雑誌読み放題サービスの中でも、楽天マガジンと並んで高い人気を誇る「dマガジン」の特長を見ていきましょう。

2500冊を超えるラインアップ

dマガジンはNTTドコモが提供する雑誌読み放題のサブスクリプションサービスで、料金は月額440円(税込)。年額プランなどはなく、シンプルなワンプランです。

ファッション、ビジネス、スポーツ、エンタメ、料理など15ジャンルの900誌以上の雑誌を常時楽しめます。最大1年分のバックナンバーを含めると、2500冊以上が掲載されています。

読みたい記事が見つけやすい

ジャンル別に記事が整理されている「記事から選ぶ」

特定のテーマに沿った記事がまとめられている「おすすめ」

キーワード検索できる「かんたん検索」

dマガジンには、興味のありそうな記事を探せる検索機能も充実しています。

「記事から選ぶ」や「おすすめ」のタブでは、旬なキーワードやジャンル別のおすすめ記事が表示されます。各ジャンルごとにまとまっているので、いくつもの記事をナナメ読みして、トレンドウォッチや情報収集をしたい人にぴったりの機能です。

また、フリーワードを打ち込んで探せる「かんたん検索」からも、読みたい記事を容易に見つけられます。

チェック機能で気になる雑誌、記事を保存

チェック機能では、気になる雑誌、記事を保存できるので、あとで読み直したい時などにおすすめです。

雑誌を保存する場合は、ホーム画面に表示される雑誌タイトル横の[…]ボタンをタップして、「チェックする」にチェックを入れてください。または、ビューアメニュー選択時に表示される雑誌の詳細画面より[チェックする]を選択しましょう。

チェックが完了すると、「マイページ」タブの「お気に入り」にチェックした雑誌が追加されます。

気になる記事をチェックするには、記事サムネイルの右上にある「チェック」ボタンを押しましょう。

チェックした雑誌と同じように、「マイページ」タブの「お気に入り」から、チェックした記事を確認できます。

初回31日間無料で楽しめるキャンペーン

dマガジンには、雑誌の一部だけが読める「試し読み」サービスのほか、初回登録時に限って一定期間無料で楽しめるキャンペーンが随時実施されています。実際に試してみてイマイチだと感じても、無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

登録不要で雑誌の一部が試し読みできる

作品の右上の数字が試し読み可能なページ数

試し読みできる範囲が終わると、終了の画面が現れる

[試し読み]をタップすれば、作品を読める

dマガジンに登録しないでも雑誌の一部が読める「試し読み」サービスは、アプリをダウンロードするだけで該当する雑誌や記事の一部を読めます。

試し読みができるものは、dマガジンサイトの雑誌・記事紹介ページに[試し読み]ボタンが表示されているほか、アプリ上に表示されているコンテンツのみとなっています。

初回31日間無料キャンペーン

初回登録時に限り、31日間は無料でdマガジンを利用できます(dアカウント1つにつき1回のみ適用)。無料期間中に解約手続きをしないと、無料期間終了後に有料会員へと移行します。なお、本来の初回無料特典は7日間で、31日間の特典延長はキャンペーンによるもののため、予告なく内容が変更される可能性もあります。

また、過去に登録していたユーザーを対象にした「おかえりなさいキャンペーン」も開催中です。1年以上前に初回31日間キャンペーンを適用し現在は退会している人も、再びdマガジンに登録すれば最初の31日間が無料となります(対象ユーザーに表示される「再入会でも31日間無料OK! dマガジン会員の登録」ボタンをタップし、登録を進めてください)。

dマガジンを利用するために必要な条件

dマガジンを利用するには、dアカウントの登録と、dマガジンに対応した端末が必要です。

dアカウントの作成

dアカウントはドコモユーザー以外でも発行できるため、ドコモ回線を契約していない人でもdマガジンを利用可能です。dアカウントを持っていない場合、下記の手順でdアカウントを発行してdマガジンの登録を進めてください。

dマガジンの対応端末

dマガジンはスマホ、タブレット、パソコンのマルチデバイスに対応しています。ウェブ上で閲覧することもできますが、「ランキング」や「お気に入り登録」などのスマホやタブレットの専用機能を活用するには、アプリをインストールする必要があります。

また、使う端末によってはdマガジンを利用できないものもあるので、事前に対応機種一覧より確認しておくことをおすすめします。

dマガジンに無料で登録する方法

登録手順は、dアカウントを持っている場合と持っていない場合、またドコモユーザーであるか否かで異なります。ドコモユーザーではない場合、決済用クレジットカードの登録が必須です。あらかじめ用意しておきましょう。

dアカウントを持っていないときの手順

dマガジンに登録する際には、原則としてdアカウントが必要です。ただしドコモユーザーの場合、携帯電話番号と回線契約時のネットワーク暗証番号による簡単な登録も可能です。

また、非ドコモユーザーはdアカウントが必須なので、保有していない人は作成が必要です。

ドコモユーザーの場合

ドコモ回線のスマホでWi-Fiをオフにし、モバイルデータ通信でdマガジンの公式サイトにアクセスします。

[まずは初回31日間無料でお試し]をタップします。内容確認の画面に遷移したら下にスクロールして利用規約を確認し、「上記の注意事項・ご利用規約/パーソナルデータの取扱いに同意する」にチェックを入れます。

ネットワーク暗証番号を入力し、[申込みを完了する]を選択すればdマガジンの登録は完了です(dアカウントを利用した登録手順は後述)。

ドコモユーザー以外の場合

dマガジンの公式サイトにアクセスして、[まずは初回31日間無料でお試し]→[dアカウント発行]の順にタップします。 

ドコモユーザーかどうか尋ねられるので[ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま]を選び、メールアドレスを登録します。

「Google」「Yahoo! JAPAN」「Twitter」「LINE」のうちアカウントを保有しているいずれかのサービスを選択するか、もしくはメールアドレスを手入力します。

今回は、「Google」を選択した場合の手順を紹介していきます。

Googleを選択したら、次の画面でdアカウントに使うIDとパスワードを設定します。dアカウントのIDを連絡先メールアドレス(Googleのメールアドレス)か独自の文字列のどちらにするか選び、8文字以上のパスワードを入力してください。

入力したら[次へ進む]をタップします。

ドコモユーザーではない場合、支払いはクレジットカード決済となります。

利用できるのはVISA、MasterCard、JCB、American Expressのいずれか。クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力し、[確認画面へ]をタップします。

内容を確認して[規約同意画面へ]を選んだら、次のページで利用規約に目を通して下にスクロールし、「上記の注意事項・ご利用規約/パーソナルデータの取り扱いに同意する」にチェックを入れます。

あとは[申込みを完了する]をタップすれば、dマガジンへの登録が完了です。

dアカウントを持っているときの手順

非ドコモユーザーでも、dアカウントを持っているなら登録は簡単です。ただし、クレジットカード情報を入力する必要があります。

またドコモユーザーは、前述の電話番号とネットワーク暗証番号を使った登録方法のほか、dアカウントを利用しても申し込みが可能です。

ドコモユーザーの場合

dマガジンの公式サイトにアクセスして[まずは初回31日間無料でお試し]→[ログイン]と進みます。

続いて、dアカウントのIDとパスワード、セキュリティコードを入力してください。

内容確認画面に遷移するので、利用規約に目を通して下にスクロールし、「上記の利用規約/注意事項に同意する」にチェックを入れます。

[申込みを完了する]をタップすれば登録完了です。

ドコモユーザー以外の場合

dマガジンの公式サイトにアクセスして[まずは初回31日間無料でお試し]→[ログイン]と進みます。

dアカウントのIDとパスワード、セキュリティコードを入力してログインしてください。

ドコモユーザーではない場合、支払いはクレジット決済となります。利用できるのはVISA、MasterCard、JCB、American Expressのいずれかです。

dマガジンの登録画面に遷移したら、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力し、[確認画面へ]を選択します。

利用規約の同意にチェックを入れて、[申し込むを完了する]をタップすれば登録完了です。

EDITED BY
KON