「dマガジン」徹底レビュー、6つの魅力と3つの弱点とは?

超コスパ「dマガジン」の6つの魅力と3つの弱点を徹底レビュー

「dマガジン」は、NTTドコモの運営する雑誌読み放題サービスです。月額440円(税込)で500誌以上の雑誌が読み放題になるという圧倒的なコストパフォーマンスで、サブスク雑誌読み放題の定番としての地位を築いています。

本記事では、そんなdマガジンの魅力と弱点を徹底レビュー。数ある雑誌読み放題サービスで選択に迷っている人は、ぜひ本記事を検討材料にしてみてください。

詳細はこちら

「dマガジン」とは?

dマガジンとは

dマガジンは、NTTドコモが提供している雑誌読み放題サービスです。月額440円(税込)で500誌以上、バックナンバーを含めて2500冊以上の電子雑誌、増刊・ムック本が読み放題となります。

雑誌1冊分にも満たない金額で読める情報量の多さは破格なもの。暇つぶしにはもちろん、情報収集のツールとして、いろいろな雑誌やムックを読み耽ることができます。初回は31日間の無料お試し期間も付いています。スマートフォンやタブレットだけでなく、機能は違いますがパソコンからの閲覧も可能です。

dマガジンはこんなサービス
  • 料金プラン:月額440円(税込)
  • 無料体験期間:31日間
  • 読み放題雑誌数:500誌以上(バックナンバー含めて2500冊以上)
  • 同時に利用できる端末の数:アプリ5台+PCブラウザ1台
  • 利用できる端末:iOS/Android端末、パソコン

提供開始2年目で300万人を突破

dマガジンがスタートしたのは2014年6月です。提供を開始して2年目の2016年には、会員数が300万人を突破しています。ドコモショップでの販促という営業力をもとに会員を増やしてきた背景があるとはいえ、電子雑誌市場の中でトップに躍り出ました。

現在の会員数は非公表ですが、雑誌読み放題サービスの普及を牽引してきた存在であり、シェアという点で他社に差を付けているのは間違いありません。

5台の端末+1台のパソコンで使える

dマガジンとは

Image:dマガジン

dマガジンはドコモユーザーでなくても利用できますが、dアカウントが必要です。

対応端末は、スマートフォン・タブレット・パソコンです。iOS 11.0以降、iPadOS 13.1以降、Android 5.0以降に対応します。パソコンはWindows 10またはmacOS 10.6以降に対応しています。

マルチデバイス利用も可能です。マルチデバイスとは、対応した複数の端末でdマガジンを利用できる機能のこと。1つのdアカウントで5台まで専用アプリを通じて利用可能です。またアプリとは別に、ブラウザを利用することで同時に1台のパソコンで接続できます。

dマガジンをおすすめする6つの魅力

dマガジンの魅力は、圧倒的なコストパフォーマンスの良さと、主要雑誌をほぼ網羅するという王道を行くラインナップです。記事の探しやすさや、読みやすさも堂に入ったもので、安心して利用することができます。

月額440円のハイコストパフォーマンス

dマガジン 魅力 コスパ

Image:dマガジン

まず注目したいのは、月額440円(税込)というコスパの良さ。週刊誌を1冊買うのとあまり変わらない値段です。最近では1000円近くする雑誌も珍しくなく、2、3冊も読めば必ず元が取れてしまう価格設定は、まさに格安と言えます。

ただし紙の雑誌と比べて、読めない記事やページもあります。週刊誌でもスクープなどは読み放題の対象外になっていることも多く、こうした記事を読みたいときは出版社のWebサイトなどで個別に記事を購入する必要があります。

またグラビアなども一部が隠されているので、紙の雑誌とまったく同じわけではありません。当然、付録などもついていません。ただ、以前のようにジャニーズ事務所所属のタレントがシルエットで差し替えられているいったことはなく、表紙や記事を完全に楽しめるようになっています。

コスパ面では、dマガジンの利用で所定のdポイントが貯まるのも注目です。dポイントは、ネットやリアル店舗で利用できるポイントで、携帯料金への充当も可能です。ただし、dマガジンの購読費にdポイントを充てることはできません。

dポイントおすすめの使い方 お得な交換や使い道まとめ

500誌以上を誇る読み放題ラインナップ

読み放題の雑誌ラインナップは圧巻の500誌以上、バックナンバーを含めて2500冊以上です。

500誌の内訳は、雑誌が240誌程度で、主要な雑誌はほぼ網羅しています。そして残りはムック・増刊です。同程度のラインアップを揃えている読み放題サービスには「楽天マガジン」があり、どちらも屈指のラインナップ数を誇ります。

「楽天マガジン」と「dマガジン」を徹底比較 雑誌読み放題2トップどっちがおすすめ?

dマガジン ラインナップ dマガジン ラインナップ

左:雑誌から選ぶ右:ムック増刊

「雑誌から選ぶ」タブでは、総合週刊誌、男性ライフスタイルなどの11ジャンルがあり、それに加えて「人気雑誌 TOP50」や「雑誌一覧 新着順」「ムック・増刊」コーナーから電子雑誌を探すことができます。

dマガジンの雑誌ジャンル(2021年1月時点)

  • 総合週刊誌
  • 女性ファッション
  • 女性ライフスタイル
  • 料理・暮らし・健康
  • お出かけ・グルメ
  • エンタメ・趣味
  • スポーツ・車
  • ビジネス・IT・国際
  • 海外誌
  • 男性ファッション
  • 男性ライフスタイル

冊子数に対して11ジャンルは少なく感じますが、ムック・増刊コーナーはさらに「旅行ガイド」や「おでかけ」「エンタメ・趣味」など13ジャンルに整理されているため、探しにくいという印象はあまり感じません。

雑誌の下にある[+]をタップすればバックナンバーが表示され、読みたい号をスムーズに選べる仕組みです。

dマガジン ラインナップ dマガジン ラインナップ

各雑誌の[+]ボタンからバックナンバーが閲覧可能

ただ、雑誌とムック・増刊が分かれているので、その違いを知っていないと見つけにくいかもしれません。ムック(mook)は、雑誌(magazine)と書籍(book)の両方の性格を持った出版物のことです。

書店では雑誌コーナーによく陳列されていますが、雑誌のように販売期間が決まっておらず、また特定のテーマ色を強く持っています。また増刊は、雑誌とは別に不定期で刊行される出版物を指します。雑誌の編集部が制作していることが多く、あくまでも臨時に発行される雑誌です。

公式サイトで確認する

記事単位で横断的な情報収集ができる

dマガジン 記事単位検索 dマガジン 記事単位検索

左:「記事から選ぶ」画面右:「おすすめ」画面

dマガジンでは「雑誌から選ぶ」のほかに「記事から選ぶ」と「おすすめ」タブがあり、人気の記事や旬の話題を記事単位で探せます。ラインナップが500誌以上もあると、読んだことのない雑誌も多くあるはずです。ジャンル別やおすすめ記事を見て興味を引くものががあれば、そこから情報を集めるといった使い方もできます。

たとえば2020年12月では、大掃除やベストヒット、お正月料理、週刊誌ナナメ読みなどのテーマで人気の記事が集められていました。普段読まないような雑誌の記事も横断して読めるのは、読み放題ならではです。

記事を1つ読むだけなら数分で済みます。就寝前や休憩中など空いている時間にちょっと読むだけで情報通になれるのは間違いありません。

dマガジン 記事単位検索

ブラウザ版のdマガジンでもおすすめ記事が読める

ウェブ版のdマガジンでも、おすすめ記事やホットワードが用意されています。ただしアプリ版と完全に同じではなく、人気記事 TOP50などはアプリ版からのみアクセスできます。

キーワード検索で興味のあるテーマを深堀り

dマガジン 検索機能

かんたん検索

記事を探すときに便利なのが検索機能です。雑誌の目次データだけでなく、記事の内容からも検索できるので、知りたい情報をWeb上で検索するようにして集めることができます。

検索は、おすすめ記事でも選ばれていないテーマを探すのにぴったりです。2500冊の雑誌を丸ごとデータベースとして利用する感覚で、履歴からも簡単に再検索できます。配信期間が終了した雑誌は検索できないものの、膨大なラインナップの中から興味のあるテーマを深堀りできます。

dマガジン 検索機能 dマガジン 検索機能

左:ムックや増刊も検索可能右:履歴から簡単に検索できる

雑誌だけでなく、ムック本や増刊も検索の対象になります。ただしムック本・増刊は記事ではなく、関連する出版物がヒットした場合に表示されます。

直感的に雑誌を読めるシンプルなリーダー機能

dマガジンで雑誌を読むときの基本操作は、スワイプしてページをめくる、ダブルタップで拡大縮小する、タップでメニューを表示するの3つだけです。複雑な操作は必要ないので、感覚的に操作できます。

dマガジン リーダー機能 dマガジン リーダー機能

左:左右のスワイプでページめくり右:ダブルタップで拡大縮小

読みたい雑誌をタップして読み込んだら、スワイプしてページをめくります。紙をめくる感覚でとてもスムーズです。スマホでは文字が小さいため、ダブルタップやピンチ操作で拡大縮小しながら読むことになるでしょう。その際、ページをドラッグして読む箇所を移動します。

dマガジン リーダー機能 dマガジン リーダー機能 dマガジン リーダー機能

左:画面をタップするとメニューが表示される中:目次を表示右:一覧(サムネイル)でページを選択

また、画面をタップすると各種メニューが表示されます。読んでいる雑誌を閉じたり、目次や一覧(サムネイル)を利用して任意の記事やページに移動したりできます。

dマガジン リーダー機能 dマガジン リーダー機能

左:「クリッピング」をタップ右:マイページからクリッピングを表示

お気に入りやクリッピングといった機能も利用できます。クリッピングは、ページを切り取って端末に保存する機能です。紙の雑誌で言うと、気になる部分を切り取ってスクラップ帳を作る感覚に似ています。

クリッピングは1ページ単位で端末に保存し、最大100ページまで保存できます。保存したページはオフラインで読めるだけでなく、雑誌の配信期間が終了した後でもアプリ内に残ります。ブックマーク感覚で記事を保存しておいたり、読み返したい記事を保存することで、いつでも簡単に取り出せるのが便利です。

なお、dマガジンを解約した場合、クリッピングしたページも削除されます。

自動ダウンロード機能でオフラインでも雑誌が読める

dマガジン ダウンロード機能

ダウンロードの設定

雑誌を開くと、雑誌のデータが端末にダウンロードされます。初期状態では、ダウンロード設定で「自動モード」が選択されています。表紙から開くと1冊分、記事から選ぶと記事の分だけダウンロードするモードです。

電子雑誌のサイズは1冊あたり100MB前後あります。Wi-Fiがないオフライン環境でも、あらかじめダウンロードしておけば外でもサクサク読めます。

dマガジン ダウンロード機能 dマガジン ダウンロード機能

左:雑誌一覧でお気に入りに登録右:雑誌ごとにお気に入りの設定が可能

またお気に入り機能を使うと、新しい号が出た時に自動でダウンロードしてくれます。お気に入りに登録するには、参加雑誌一覧や雑誌を読んでいるときに[☆]マークをタップするだけです。新着時の動作には「通知」と「自動取得」(ダウンロード)をそれぞれ雑誌ごとに設定しておけます。

ダウンロードした雑誌は、配信期間が終了するまで削除されません。メニューから「ダウンロード」を開くと、現在の使用容量や手動削除のためのオプションが表示されます。端末の空き容量が心配なら、メモリ使用上限を変更しておくとよいでしょう。あらかじめ設定した上限を超えると自動で雑誌を削除します。

詳細はこちら

dマガジンで気になる3つの弱点

圧倒的なコスパの高さを誇るdマガジンですが、その機能やプランについて少々物足りない点もあります。

クリッピングできない記事もある

クリッピングは、あとで読み返したい記事を保存できる便利な機能ですが、100ページまでという制限があります。

またクリッピングはブックマークではなく、任意のページだけを切り取って保存します。クリッピングからは前後のページを読めないので、必要な部分は全ページでクリッピングする必要があります。

dマガジン 弱点

「クリッピング」ボタンがグレーになっているとクリッピングできない

雑誌によっては、保存できない記事もあるので注意が必要です。この場合、あとで読み返したければスクリーンショットやメモなどに頼るほかなく、オールマイティに使える機能ではありません。

PC(パソコン)版の機能が少ない

dマガジン 弱点

誌面によっては拡大しきれないものもある

スマートフォンやタブレットでは文字が小さく表示されるため、デスクトップ上で雑誌を読みたいと考えている人は多いでしょう。ところがdマガジンは、画面を拡大すると文字がぼやけてしまいます。解像度が足りないため、本文レベルの文章も文字がつぶれて読めない場合があります。

dマガジンは雑誌のファイルサイズが比較的コンパクトなので、ストレージの容量を無駄に消費しにくいというメリットがあります。反面、ブラウザなどで大きく拡大して読みたいときには解像度が足りないと感じます。

利用しているディスプレイのサイズや、視力などにも影響されますが、自分の環境で読みやすく拡大できるかどうか確認が必要です。

年額プランが用意されていない

月額440円というコスパのよさはdマガジンの長所ですが、年額プランが用意されていません。同じようなラインアップの楽天マガジンと比べると、これはマイナスです。

dマガジン 弱点

楽天マガジンには年額プランがある

月額418円(税込)の楽天マガジンには、年額3960円(税込)のプランが用意されており、コストをさらに抑えることができます。年間で1300円ほどの違いですが、コストをできるだけ抑えたい人は、気になるところです。

まとめ

数ある雑誌読み放題サービスの中でもダントツの人気を誇っているのがdマガジンです。すぐに元が取れてしまう値段で、何冊でも読み放題というのは衝撃的と言えるでしょう。

おすすめや検索機能で、好きなテーマの記事を読み漁ることができ、情報通になりたい人にはぴったりのサービスです。記事を深堀りしたい、広く浅くナナメ読みしたいなど、読者のさまざまなニーズに応えられる面も魅力になっています。

初めてのユーザーは31日間無料お試しがおこなえます。また現在、入会時に400円分のdポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。もちろん無料体験中に解約も可能なので、実際の雑誌ラインナップや使い勝手などを自身で気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら
EDITED BY TOKIWA