スマホで動画を圧縮する方法 容量を小さくするには【iPhone/Android】

おすすめアプリも紹介

最近で4Kの動画も手軽に撮影できます。画質がよくなったのはうれしい半面、ファイルサイズも劇的に増えたためストレージを圧迫しやすくなっています。4Kでなくても動画は写真よりもサイズが大きくなりがちです。

そこで本記事では、iPhoneやAndroid端末で動画のサイズを小さく圧縮する方法を解説します。動画を共有したいときや、ストレージの空き容量を増やしたいときに活用できるはずです。圧縮専用のアプリや普段使っているLINEなどを利用して、動画のサイズを減らす方法を紹介方法を紹介します。

スマホの動画の容量を圧縮できるおすすめアプリ

アプリを使って動画のサイズを小さくしてみましょう。サイズ(解像度)変更や再圧縮をおこなうため、画質はオリジナルよりも劣化しますが、ストレージの空き容量を増やしたり、ほかのユーザーと共有したりするのに最適です。

かんたん動画圧縮(iOS向け)

「かんたん動画圧縮」は、動画ファイルを指定の解像度にリサイズし、よりコンパクトに再圧縮できるアプリです。

アプリ「かんたん動画圧縮」をダウンロード
「かんたん動画圧縮」の特徴
  • 指定の解像度とビットレートで再圧縮できる
  • オリジナルと圧縮後を比べられる
  • 動画のファイルサイズを一覧できる

オリジナルと圧縮後の動画を比べることで、圧縮による効果がどれくらいあるかが一目瞭然です。普段はわかりにくい動画ファイルのサイズを一覧できるため、動画を管理するのにも役立ちます。

「かんたん動画圧縮」を使って実際に動画を圧縮する方法を解説します。

すべての写真へのアクセスを許可
圧縮したい動画をタップ

アプリを起動したら[すべての写真へのアクセスを許可]をタップします。動画の一覧が表示されるので圧縮したいものを選んでタップします。

圧縮率を調整して圧縮

無料版では解像度とビットレート(1秒あたりのデータ量)を変更できます。ビットレートはバーを左右にスライドさせて数値を調整してください。圧縮後のサイズも表示されるので、これを目安にオプションを指定します。

サイズと画質はトレードオフなので、画質が劣化しすぎないように注意しましょう。スマホで見るだけならHD解像度で十分ですが、4Kテレビなどに表示するのであれば解像度はオリジナルのままで、ビットレートだけを落とすなど工夫するのがおすすめです。

[圧縮]をタップするとすぐに動画が再圧縮されます。

保存や共有をタップ

オリジナルと圧縮後を比べて、圧縮しすぎたときは前の画面に戻って圧縮し直します。

問題がなければ、端末に保存するなら[保存]、すぐに誰かに共有するなら[共有]をタップして送信先を選べば操作完了です。

アプリ「かんたん動画圧縮」をダウンロード

ビデオコンプレッサー(Android向け)

Androidスマホを利用しているなら、「ビデオコンプレッサー」がおすすめです。

アプリ「ビデオコンプレッサー」をダウンロード
「ビデオコンプレッサー」の特徴
  • パーセンテージやマニュアルで画質を指定できる
  • トリミング機能を搭載
  • 写真の圧縮にも対応

パーセンテージを指定して動画を圧縮できるほかに、解像度とビットレートをマニュアルで指定できます。トリミング機能を搭載していて、必要な部分だけを取り出して圧縮可能です。さらに写真の圧縮にも対応しています。

それでは「ビデオコンプレッサー」で動画を圧縮する方法を説明します。

動画を選択
ビデオを圧縮する

アプリを起動したら写真やメディアへのアクセスを許可し、動画ファイルを選択します。続いて[ビデオを圧縮する]あるいは、トリミングも同時におこなうなら[カット+圧縮]をタップします。

圧縮率を選択
カスタムタブに切り替える

圧縮品質を選ぶ画面になるので、解像度や圧縮後のサイズを目安に品質を選びます。好きな圧縮率をタップすれば自動で圧縮が始まります。

「カスタム」タブに切り替えると、ビデオの解像度とビットレートを指定できますが、解像度がきりのいい数字にならないため、ビットレートのみ変更したいときに使うとよいでしょう。

圧縮後の動画が自動で再生される
圧縮されたビデオに動画が保存される

圧縮が完了すると、圧縮後の動画が自動で再生されます。圧縮した動画は、ビデオコンプレッサーのトップ画面にある[圧縮されたビデオ]フォルダに保存され、その動画をタップすると他のアプリへ送ったり、ユーザーと共有したりできるようになります。

アプリ「ビデオコンプレッサー」をダウンロード

スマホで動画の容量を小さくする簡単な方法

メールなどに添付するときは、見せたい部分だけ切り取って送るとサイズを小さくできます。またLINEなどのメッセンジャーツールを使うことで、自動的にサイズを小さくしてくれるものもあります。

動画の不要な部分をトリミングする

動画の不要な部分をトリミングして、動画の長さを短くすることで、動画の容量を減らすことが可能です。

iPhoneの場合

編集をタップ
トリミングする

iPhoneの写真アプリで、容量を小さくしたい動画を表示し、[編集]をタップします。左右の矢印をドラッグして開始位置と終了位置を指定しましょう。トリミングできたら右下の[✓]ボタンを押します。

ビデオを保存する

新しい動画ファイルとして保存するなら[ビデオを新規クリップとして保存]をタップします。既存の動画に編集を上書きするなら[ビデオを保存]を押しましょう。

Androidスマホの場合

編集をタップ
コピーを保存をタップ

Androidスマホ(Pixel 3a)はプリインストールされているGoogleフォトを使って動画をトリミングします。

動画を開いたら、画面下の[編集]を押して、バーの幅を縮めて不要な部分をカットしてください。最後に[コピーを保存]を押せば、新しく編集済みの動画が保存されます。古いほうの動画は必要に応じて削除してもいいでしょう。

LINEのトークを使って動画の容量を減らす

LINEでトークルームに写真や動画を送信すると、自動的に圧縮・リサイズされたものが送られます。この仕組みを利用して、「自分1人だけのグループトーク」や「Keepメモ」に動画を送信し、その動画を再ダウンロードすれば、簡単に動画の容量を減らせます。自分だけのトークやKeepメモであれば、内容を自分以外の誰かに見られる心配もありません。

アプリ「LINE」をダウンロード
動画を送信
動画を開いてダウンロード

iOS版アプリは、Keepメモあるいは自分1人だけのグループトークに動画を送信し、その動画をタップして画面右下のダウンロードボタンを押せば保存完了です。

Keepマークをタップ
動画を選択
ダウンロードボタン

Android版は、Keepメモに動画を送信し、トーク上部のKeepマークを押します。続いて先ほど送信した動画を開き、ダウンロードボタンをタップすれば端末に保存されます。

Android版では、iOS版のようにトーク画面から動画を直接保存できませんが、Keepからなら保存することができます。

圧縮前

圧縮前

圧縮後

圧縮後

端末に保存されたファイルを変更前のファイルと比較してみましょう。解像度が1080×1920から540×960にリサイズされ、ファイルサイズも75.6MBから17.6MBまでコンパクトになっています。

ただし、LINEのトークを使った方法では圧縮後のサイズを指定することはできません。好きなサイズに圧縮したいなら、前述の専用アプリを使って動画を圧縮しましょう。

動画を圧縮せずに共有する方法

最後にオリジナルの動画ファイルを、他のユーザーと共有する方法を紹介します。圧縮せずに共有する場合、ファイルサイズが大きくなりがちです。Googleドライブやファイル転送サービスなど、大容量を使えるサービスを利用しましょう。

通信容量を節約するため、ここでの操作はWi-Fi環境でおこなうのが望ましいでしょう。

Googleドライブを使う

Googleアカウントを持っていれば誰でも使えるオンラインストレージです。GmailやGoogleフォトと共有で15GBの容量を備え、大容量ファイルを共有可能です。Gmailでは送れないサイズのファイルを共有するのに便利です。

アプリ「Googleドライブ」をダウンロード
+ボタン
アップロードをタップ

Googleドライブのアプリを開いてファイルをアップロードします。[+]ボタンから[アップロード]を押しましょう。

写真と動画をタップ
アップロードをタップ

[写真と動画]をタップして、アップロードする動画ファイルを選び、[アップロード]をおこないます。

リンクをコピーする
リンクをコピーする

動画横のメニューボタン​→[リンクをコピー]をタップして共有用のURLをコピーし、メールやLINEなどでコピーしたURLを送信します。URLを受け取った相手はいつでも好きなときにファイルをダウンロードできます。

アプリ「Googleドライブ」をダウンロード

ファイル転送サービスを使う

Googleドライブは手軽ですが、GメールやGoogleフォトと兼用のため、十分な空き容量が確保できないかもしれません。そのような場合は、専用のファイル転送サービスを利用してみましょう。

ギガファイル便」ならユーザー登録なしで利用でき、1ファイル300GBまで送ることができます。またダウンロードするのにパスワードを設定できるところも安心です。

ファイルを選択
動画を選択して追加

使い方は端末からファイルを選ぶだけです。

ギガファイル便のページを開き、[ファイルを選択]から[写真ライブラリ]または[ファイルを選択]を押し、送信したい動画を選びます。画面右上の[追加]をタップすると、自動でアップロードされます。

パスワードを設定してURLをコピー
受け取り確認も可能

ファイルの保持期限やダウンロードパスワードを設定し、共有URLを相手にメールやLINEなどで送ります。保持期限はデフォルトで7日ですが、最長100日まで設定できます。保持期限を過ぎるとファイルがサーバーから削除されます。ファイルが複数ある場合は、[まとめる(URL発行)]を押すと、自動でzipファイルにしてくれます。

ファイルの共有相手がダウンロード完了したことを通知してくれる機能もあります。メールタブに切り替え、「受け取り確認(ダウンロード通知)を行う」の項目にメールアドレスを入力し、スイッチをオンにすれば設定完了です。

スマホの共有機能(AirDrop/ニアバイシェア)を使う

AirDrop

AirDrop

ニアバイシェア

ニアバイシェア

iPhoneやAndroidスマホ同士で利用できるファイル共有機能が「AirDrop」や「ニアバイシェア」です。相手が近くにいれば、メールアドレスやLINEのIDを知らなくてもファイルを直接送信できます。URLをコピーしたり、ファイルをサーバーにアップロードしたりする手間もかからないので、積極的に活用しましょう。

iPhoneとAndroid間ではエアドロップやニアバイシェアで送り合うことはできませんが、ファイル転送アプリを利用すれば送ることが可能になります。詳しくは下記記事を参照してください。

iPhoneとAndroidの間もOK、その場で写真・ファイルを転送する方法

検証バージョン
iPhone XS Max
iOS
16.1.1
iPhone 12
iOS
16.1.1
Pixel 3a
Android
12
Pixel 4
Android
12
かんたん動画圧縮
iOS
8.0
ビデオコンプレッサー
Android
1.2.40
LINE
iOS
12.19.0
LINE
Android
12.19.1
EDITED BY
MIKAN