Gmailの添付容量の上限は25MB、ファイルを送れない時の対処法

Gmailの添付容量の上限は25MB、ファイルを送れない時の対処法

Gmailで動画や容量の大きい写真などをメールに添付しようとするとエラーが表示され、メールが送信できないという状況に遭遇している人も多いのではないでしょうか。本記事では、Gmailに添付できるファイルの容量上限について解説した上で、大容量のファイルをGmailで送る(共有する)方法について紹介します。

本記事では、デスクトップ(PC)版Gmailでの手順をメインに紹介しています。

Gmailの添付ファイル容量は25MBが上限

Gmail 添付ファイルのサイズが25MB以上

Gmailには、ファイルや写真などもメールに添付できます。Gmailに添付できるファイルの上限容量は1通のメールにつき計25MBまでとなっており、これを超過しない範囲で複数のファイルを送信可能です。長時間の動画など、上限を超えるファイルはメールに添付できず、送信することができません。

しかし、25MB以上のファイルを共有したい場合も多いでしょう。そんなときは「Googleドライブ」または「ファイル転送サービス」などを利用する方法がおすすめです。両者とも無料で利用できますし、送信側も受信側も簡単に操作ができます。以下で実際の操作手順を紹介します。

Gmailで大容量のファイルを送信する方法

Gmailに添付できない25MB以上のファイルを送信・共有する方法を2つ紹介します。「Googleドライブ」または「ファイル転送サービス」を利用します。

Googleドライブを利用してファイルを送信する

Googleドライブを利用すれば、Gmailで送信できない容量の大きいファイル(動画、画像、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームを使用して作成したファイルなど)を共有できます。

Googleドライブは誰でも15GBまで無料で使用できますし、受信側(相手)がヤフーメールなどGmail以外のメールを使っていたり、Googleアカウントを持っていない場合でもファイルを確認できます(共有設定による)。

1Googleドライブアイコンをクリック

Gmail画面

まずGmailを開き、メールの[作成]をクリックしたら、Googleドライブのアイコンをクリックしてください。

2Googleドライブにファイルをアップロードする

Googleドライブにファイルをアップロード

Googleドライブで「アップロード」タブに切り替えます。ファイルをドラッグするか、[デバイスのファイルを選択]するかして、Googleドライブにアップロードするファイルを追加します。

Googleドライブ 画像を保存する

ファイルを追加したら、[ドライブのリンク]をクリックしたのち、[アップロード]をクリックしてください。

3Googleドライブから送りたいファイルを選ぶ

Googleドライブ リンク作成

ファイルをアップロードできたら、Googleドライブを「マイドライブ」タブに切り替えます。送信したいファイルを選択してください(複数選択可能)。

選択後、ページの下部で[ドライブのリンク]を選び、最後に[挿入] をクリックします。

Gmail Googleドライブで共有

Googleドライブの共有リンクが挿入されます。通常どおりのスタイルでファイルを添付することも可能です。

本文などを入力したら[送信]ボタンを選択してください。

4ファイルへのアクセス許可を設定してメール送信

Gmail Googleドライブで共有

「他のユーザーにファイルへのアクセスを許可する必要があります」と表示されます。アクセスを許可する対象を選択しましょう。

リンクを知っている全員がファイルを閲覧できるようにしたい場合、[リンクの共有をオンにする]を選択します。相手がGoogleアカウントを持っていない場合などには、この設定がよいでしょう。

Gmail Googleドライブで共有

メールを送信する相手だけにアクセス権限を付与する場合は[1人と共有]を選択します。なお、ファイルを表示するだけでなく、コメントや編集の権限を付与することも可能です。

次に[送信]をタップしてください。

Gmail Googleドライブで共有

取引先や顧客など、自分と所属が異なる相手などに送信する場合は「添付したファイルが属する組織に属していません。」などと表示される場合があります。

問題がなければ[OK]を選択してください。これで送信が完了します。

5受信者側はメール内のリンクを押すだけ

Gmail Googleドライブのリンクを開く Gmail Googleドライブのリンクを開く Gmail Googleドライブのリンクを開く

受信者は、メールに記載されたリンクをクリックし、Googleドライブやブラウザなどでファイルを確認できます。

ファイル転送サービスを利用してファイルを送信する

Web上のファイル転送サービスを利用すれば、手軽に大容量のファイルを送信することができます。現在、国産のファイル転送サービスも多く存在し、そのほとんどが無料で使用できます。

おもなファイル転送サービスの容量や機能などは下表の通りです。

容量 データ
保存期間
ダウンロード
パスワード機能
ダウンロード
通知機能
その他の機能
GigaFile(ギガファイル)便 無制限(1ファイルにつき200GBまで) 7〜60日 QRコード発行、まとめてダウンロード機能、ファイル削除、通報機能
ラクスルBOX 2GB 7日 なし
tenpu 2GB 7日 無料版ではなし
データ便 500MB〜2GB 3日 セキュリティ便、ファイル削除
BitSend 無制限 14日 なし
firestorage 無制限(1ファイルにつき2GBまで) 1時間〜未指定 まとめてダウンロード機能、QRコード発行
おくりん坊 500MB〜2GB 7日 ファイル削除

ただし、個人情報をはじめビジネス上の機密を含むような重要データについては、取り扱いには十分注意が必要です。ファイル転送サービスの利用方法などについては、下記記事を参照してください。

EDITED BY CK