Androidスマホで文字フォントを変更する方法──おすすめのフォントアプリも紹介

可愛いフォントを入力できるアプリも紹介

Androidスマホでは、端末の設定から画面に表示されるシステムフォントの種類を変更できます。また専用アプリをインストールすれば、かわいい特殊フォントをコピペして入力することも可能です。

この記事では、AQUOS・Xperia・Pixel・Galaxy・OPPOの各シリーズで文字フォントを変更する方法を解説。おすすめのフォントアプリも紹介しています。

Androidでは機種やOSバージョン等により、操作画面や手順が多少異なるケースがあります。本記事では、手元の5機種(記事末尾記載)を取り上げて解説します。該当しない場合も、基本的な操作手順は類似していることが多いため試してみてください。

システムの文字フォントを設定・変更する方法

Androidスマホのシステムフォントを変更する方法は機種などによってまちまち。ここでは、AQUOS・Xperia・Pixel・Galaxy・OPPOの各シリーズで操作方法を紹介します。

AQUOSシリーズの場合

ここでは、AQUOSシリーズでフォントを変更する手順を紹介します。

端末の「設定」から[ディスプレイ]→[文字フォント設定]→[文字フォント切替]と進みます。

フォントを選択

フォントを選択すると端末が再起動する

[ダウンロードフォントを検索]をタップするとストアからフォントをダウンロードできる

「フォントマネージャー」で変更したいフォントを選択し、[再起動して変更]をタップしてください。スマホが再起動し、フォントが切り替わります。

なお、[ダウンロードフォントを検索]をタップするとGoogle Playストアが起動し、シャープ製のフォントアプリをダウンロードしてフォントの種類を追加できます。

Xperiaシリーズの場合

ここでは、Xperiaシリーズでフォントを変更する手順を解説します。

端末の「設定」から[画面設定]→[フォント変更]と進みます。

標準搭載されたフォントの一覧が表示されます。

好きなフォントを選択し、[再起動して変更]をタップしてください。スマホが再起動し、フォントが切り替わります。

Pixelシリーズの場合

Pixelシリーズでフォントを変更する手順を解説します。なお、PixelシリーズはAndroid 12へのアップデートが可能ですが、Android 12にアップデートするとフォントの変更はできなくなるので注意してください(ここではAndroid 11での方法を紹介)。

端末の「設定」を開き、[ディスプレイ]→[スタイルと壁紙]と進みます。

「スタイル」では、文字フォント・ステータスバーアイコンの形状・表示カラー・アプリアイコンの形状を一気に変更できるテンプレートが用意されていますが、フォントスタイルのみを変更するには[+](カスタム)をタップします。

次の画面で好みのフォントを選び、[次へ]をタップしてください。

フォントに続いて、ステータスバーアイコン、表示カラー、アプリアイコンの設定画面が表示されますが、デフォルトのままでよければ[次へ]をタップして進みましょう。

最後に適当なスタイル名を入力し、[適用]をタップすればフォント変更が完了します。スタイル名を入力しなかった場合、自動的に名称が割り当てられます。

Galaxyシリーズの場合

ここでは、Galaxyシリーズでフォントを変更する手順を解説します。

端末の「設定」を開き、[ディスプレイ]→[文字サイズとフォントスタイル]→[フォントスタイル]と進みます。

無料フォントは少なく、ほとんどが有料フォント

次の画面でフォントをダウンロードをタップすると、Galaxy専用のフォント一覧が表示されます。ここでフォントをダウンロードし、フォントスタイルを再設定します。

ただし、専用フォントはほとんどが有料。有料フォントは500円以内のものが多く、気に入ったものがあれば購入するといいでしょう。なお、数少ない無料フォントの「Samsung Sans」は、標準フォントとほとんど同じデザインでした。

ダウンロード(購入)後に[適用]をタップするか、「フォントスタイル」画面でダウンロードしたフォントを選択すれば、フォント変更は完了です。

OPPOシリーズの場合

OPPOシリーズでフォントを変更する手順を解説します。

端末の「設定」から[ディスプレイと明るさ]→[フォント&表示サイズ]と進み、[詳細]をタップします。

一覧から好きなフォントを選択しましょう。「Selected Collection」や「Fonts」などのカテゴリを選択すると、そのカテゴリ内のフォントをすべて見ることができます。

ほとんどが無料で種類も豊富ですが、あくまでもフォントの変更が反映されるのは英数字だけで、日本語は変わらない場合が多いようです。

フォントアプリを使って可愛い文字を入力する

フォントアプリを使えば、アプリに内蔵されていない可愛いフォントや特殊文字を利用できます。フォントアプリでは端末のシステムフォントを変更できるわけではなく、アプリ上でフォントをコピーしてLINEやInstagramなどのSNSにペーストするといった使い方になります。

【フォントくん】シンプルで使いやすい

画面上の入力欄にテキストを入力

入力したテキストが特殊フォントに変わる

SNSなどにコピペする

「フォントくん」はシンプルさが特徴のフォントアプリ。文字を入力してコピーするだけなので、使い方に迷うことはないでしょう。

画面上の入力欄に文字を入力すると、サンプルのフォントも変わるので、[コピー]をタップ。これで変換されたフォントをコピーできます。あとはSNSの投稿やプロフィールなどに貼り付ければOKです。

アプリ「フォントくん」をダウンロード

【LETTY】特殊フォントに加えて特殊文字も豊富

画面下の入力欄にテキストを入力すると、特殊フォントをコピーできる

特殊文字も豊富

一覧から入力することもできる

「LETTY」も「フォントくん」同様、文字入力欄にテキストを入力するだけで特殊フォントをコピーできるアプリです。

可愛いフォントをコピーできるのはもちろん、特徴的な特殊文字もコピーできます。さまざまなフォントや特殊文字をコピーすれば、SNSも華やかに彩れるでしょう。

アプリ「LETTY」をダウンロード

【Fonts】特殊文字を入力できるキーボードアプリ

キーボードアプリに追加される

特殊フォントをキーボードで入力できる

特殊文字の入力も可能

特殊なフォントをコピペできる「フォントくん」や「LETTY」とは異なり、「Fonts」は特殊フォントや特殊文字を入力できるようになるキーボードアプリです。

アプリをインストールするとキーボードアプリに追加され、キーボードをFontsに切り替えることで特殊フォントの入力が可能となります。

キーボード上部をスライドしてフォントや特殊文字を選択し、あとは従来通り文字入力するだけです。なお、特殊フォントは日本語には対応していません。

アプリ「Fonts」をダウンロード
検証バージョン
AQUOS sense 5G
Android
11
Xperia 5
Android
10
Pixel 3a
Android
11
Galaxy S21
Android
11
OPPO Reno3 A
Android
11
EDITED BY
AO