Cordyの世界

2011-05-19 4:10
記事タイトルとURLをコピーする

「特集 Cordy」トップに戻る

温かみのある世界観の秘密

android-silvertree media creativedirector
Ben Smith
(Creative Director)
ゲーム制作の全てを統括する

Cordy動画(YouTube)や写真を見ると、グラフィックの美しさが目を引く。そして、描かれているのは機械ばかりの近未来のような世界だが、どこか温かみがある。
 
この不思議な世界について、クリエイティブ・ディレクターのベン・スミス(Ben Smith)氏は説明する。

「Cordyの世界は地球とは違って、もっと機械的な惑星。登場するキャラクターも機械的なんだ」

自然と機械の融合がテーマ

ベン・スミス氏はCordyの世界で、自然(nature)と機械(mechanical)をくっつけたい(fusion)と考えていた。自然とは、あたたかいもの、生きているもの。機械とは、冷たいもの。この両極端な素材を組み合わせているから、Cordyの世界は不思議な雰囲気が出ているのだ。

「背景にもこだわっているので、ぜひ見てほしい」とベン・スミス氏。画像の通り、アニメーションの映画を見ているようだ。

android-cordy
背景はアート・ディレクターらの力作揃い。ディズニーのゲームを制作していたのも納得。

Cordyの音楽も、ベン・スミス氏が作っている。

「ビートは機械音なんだ。アコースティックギターでテクノをやっている感じだね」

電子音がベースだが、冷たさを感じない音楽。彼の比喩は分かりやすい。

android-cordy
奥行きのある風景。風車が回っている。近未来的なBGMが不思議とマッチする。

ゲームには、カニ(Crab)に似たロボットが登場する。このロボットは、クラブボット(Crab-bot)と呼ばれるもので、地球に生息しているカニをモチーフにしたロボットの一種だ。こちらにも、自然と機械の融合というコンセプトが生きている。今後、ロボットの種類は増えていくそうだ

ゲームのコンセプトである自然と機械の融合は、あらゆる部分で垣間見ることができる。細部への徹底的なこだわりが、Cordyの世界を支えているのだ

android-cordy
なぜ、陸地なのにカニロボットなのか。今後その理由が明らかになるのかも?

誰も死なない

Cordyを遊んでいて、初めてクラブボットに遭遇したときは、誰もが敵だと感じることだろう。しかし、クラブボットに触れても、Cordyがダメージを受けたり死んだりすることはない。この世界観についてベン・スミス氏は語る。

「私たちは、プレイヤーにストレスを感じてほしくない。これは、うちのスタジオ(SilverTree Media)のポリシーだといえる。キャラクターを死なせずにステージを楽しんでもらうのが、ゲームデザインの最も難しいところだね。例えば、『マリオ』や『ソニック』が死なないキャラクターだったとしたら、緊張感に欠けて、あまり面白くないゲームになってしまっただろう。ゲームデザイナーとして、フレンドリーなゲームを追求するチャレンジを楽しみながら、ゲームプレイをユニークなものに磨きあげていきたいんだ」

このようなゲームへの想いが、Cordyを温かみの感じられる作品に育て上げたのだ。

次の記事 「Cordyの誕生」

特集記事 目次

ben

Cordyの世界

「温かみのある世界観の秘密」

tom

Cordyの誕生

「SilverTreeだからこそ生み出せた」

Caso

Cordy アプリ制作秘話 1

「細かい動きを楽しんでほしい」

Nomura

Cordy アプリ制作秘話 2

「アメリカで活躍する日本人開発者の存在」

Cordy

Cordy アプリ制作秘話 3

「今後の展開」

Nate

CEOからのメッセージ

「それは『童心を忘れない』ゲームです」