Amazonプライムを解約・退会する方法──解約のタイミングや返金はどうなる?

Amazonプライムを解約・退会する方法──無料体験期間に解約するとどうなる?

アマゾンの有料会員サービスである「Amazonプライム」。年額4900円の年間プランまたは月額500円の月間プランに加入すれば、ショッピングのお急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Musicなど、非常に多彩なプライム特典が利用できます。

今さら訊けない、Amazon(アマゾン)で買い物する方法──会員登録から商品の購入・キャンセル、プライム会員特典までをざっくり解説

しかし実際には、プライム特典をあまり利用しなかった、料金が割高に感じるといった理由で解約・退会を考えている人もいるでしょう。

そこで本記事では、Amazonプライム会員を解約・退会する方法を紹介。いつ解約するのが有利なのか、解約時にどのくらい返金されるのか、といった疑問点も解決します。さらに、Amazonプライムの無料体験期間中に解約した場合にはどうなるのかについても解説します。

Amazonプライムはいつ解約すべき? いくら返金される?

Amazonプライムでは、解約のタイミングを選ぶことができます。また、未使用分を返金する仕組みもあります。それぞれ確認していきましょう。

Amazonプライムの解約タイミング

Amazonプライム会員の解約タイミングには、以下の2通りがあります。

  • 次回更新日での解約
  • 即日解約

[(日付)特典と会員資格を終了](次回更新日での解約)を選んだ場合、次回更新のタイミングで自動的に解約となります。[今すぐ解約する](即日解約)を選ぶと、その瞬間からプライム会員の特典を利用できなくなります。

Amazonプライム 解約 返金

解約時にいずれかを選択できる

「更新のタイミングまではAmazonプライムを使い続けたいけれど、それ以降は使いたくない」という人は、あらかじめ次回更新日での解約をしておくのがいいでしょう。

Amazonプライム解約時の返金

Amazonプライムの解約時には返金制度があります。これは、Amazonプライムの特典をどれだけ利用したのかをAmazonのシステムで自動算出し、未使用分を返金するというものです。

Amazonプライム 解約 返金

Amazonプライムの利用規約より

1カ月間でまったくAmazonプライムの特典を利用していなければ全額が返金されるケースもありますし、たとえ1日でも特典の利用頻度が高ければ返金される金額が少なくなることも。返金額は、あくまでもシステムが利用状況を自動で算出しており、利用日数による日割りではありません。

返金がある場合はクレジットカードに返金されます。Amazonによる返金手続きは1〜3営業日ほどかかり、返金の期日はクレジットカード会社によって異なるようです。なお、Amazonプライムには月額支払いと年額支払いがありますが、返金額の算出方法についてはどちらも同じです。

ちなみに、筆者が実際にAmazonプライムを解約してみたいところ、特典をまったく利用していなかったため、月額費用500円全額が返金されました。

結局、Amazonプライムはいつ解約すべき?

前述のとおり、Amazonプライムでは解約のタイミングが選択でき、利用状況に応じて返金制度があります。これらを踏まえると、結局いつ解約するのがよいでしょうか。

ほとんどAmazonプライム特典を利用しておらず、これからも利用するつもりはない」という人は、即時解約しても問題なさそうです。そのタイミングで解約してしまって、返金額を確保したほうが有利といえるでしょう。

反対に、これまでそれなりにAmazonプライム特典を利用してきたという人は、次回更新日での解約のほうがベターかもしれません。利用頻度が高いとそもそも返金額が期待できないため、契約期間ギリギリまでAmazonプライム特典を享受したほうが得策と考えられます(もちろん、特典利用でさらに返金額が減るリスクもありますが)。

Amazonプライムを解約する方法

Amazonプライム会員を解約する方法は、いくつかあります。ここでは、(1) Amazonアプリ(iOS/Android)、(2) PC(パソコン)でのWebページ、(3) 電話で解約する手順をそれぞれ解説します。いずれの方法でも、即日解約するか次回更新日に解約するかを選択できます。

Amazonアプリから解約する手順

Amazonプライム 解約 アプリ Amazonプライム 解約 アプリ

Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上のメニューボタン[]をタップし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。

Amazonプライム 解約 アプリ Amazonプライム 解約 アプリ

「アカウント設定」から[プライム会員の設定・変更]を選択。次のページで「プライム会員情報の管理」の[会員資格を終了する(特典を終了)]をタップしてください。

Amazonプライム 解約 アプリ Amazonプライム 解約 アプリ

解約の画面で[特典と会員資格を終了]をタップし、次のページで[会員資格を終了する]をタップします。まだ解約は完了していません。

Amazonプライム 解約 アプリ

最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる

[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付までAmazonプライムの利用が可能で、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。

このいずれかを選択すると、解約手続きは完了となります。

PC(パソコン)でWebページから解約する手順

Amazonプライム 解約 PC Amazonプライム 解約 PC

Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上にある[]をクリックし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。

Amazonプライム 解約 PC

メニューから[プライム]をクリックします。

Amazonプライム 解約 PC

「Amazonプライム会員情報」ページの左側にある「プライム会員情報の管理」から[会員資格を終了する(特典を終了)]をクリックしてください。

Amazonプライム 解約 PC Amazonプライム 解約 PC

[特典と会員資格を終了]→[会員資格を終了する]の順で進みます。まだ解約は完了していません。

Amazonプライム 解約 PC

最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる

最後のページで[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付で解約となり、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。

いずれかを選択すれば解約完了です。

電話で解約する手順(カスタマーセンターから掛けてもらう)

Amazonプライムは電話で解約することもできます。カスタマーサービスの電話番号は以下の2つです。

  • 0120-999-373(自動音声システム)
  • 011-330-3000(フリーダイヤルが繋がらない場合)

またアプリを利用して、Amazonのカスタマーサービスから電話をかけてきてもらうことも可能です。

その場合、アプリトップページ左上のメニューボタン[]から、[カスタマーサービス]→[カスタマーサービスに連絡]→[Amazonに電話をかける]→[Amazonプライム]→[カスタマーサービスへ連絡]と進みます。

Amazonプライム 解約 電話

電話番号を入力し、[今すぐ電話がほしい]をタップするとカスタマーセンターから電話がかかってきます。

オペレーターに解約の旨を伝え、手続きをおこないましょう。

Amazonプライムの無料体験期間でも解約できる

Amazonプライムには、新規加入すると30日間の無料体験を利用できます。30日間は有料会員と同じく、お急ぎ便やプライムビデオなどの特典が無料で利用できるというものです。

無料体験期間中だけAmazonプライムを利用したい、解約を忘れて課金されてしまうのが心配といった人は、あらかじめ有料会員に自動更新されないよう設定しておくのがおすすめです。

有料会員に自動更新されないようにする設定は、有料会員が解約するときと同様の手順で進めます。

Amazonプライム 解約 アプリ

スマホアプリの場合

Amazonプライム 解約 PC

PCサイトの場合

解約手続きのページで[(日付)特典と会員資格を終了]をタップすれば、その日付で自動的に無料体験期間が解約となり、有料会員に移行することはありません。

無料体験期間の利用は1人1回まで

Amazonプライムの無料体験期間を利用できるのは、1人につき1回までです。

もし無料体験期間を終えているユーザーが退会後にもう一度加入した場合、再び無料体験期間を利用することはできません。

アプリ「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード
Amazon ショッピングアプリ
EDITED BY AO