スマホだけで新幹線に乗る3つの方法と使い分け【タッチでGo!新幹線・スマートEX・モバイルSuica特急券】

利便性や料金などで3サービスを比較も
スマホだけで新幹線に乗る3つの方法と使い分け【タッチでGo!新幹線・スマートEX・モバイルSuica特急券】

iPhoneのApple PayやAndroidスマホのおサイフケータイなど、スマートフォンだけを使ってチケットレスで新幹線に乗れるサービスには「タッチでGo!新幹線」「スマートEX」「モバイルSuica特急券」の3種類があります。駅の改札やみどりの窓口などで紙のチケットを購入せずとも乗車できるだけでなく、通常料金よりも安くなるというメリットもあるため、上手に利用したいところです。

しかし、いざ使おうと思っても、どのサービスを利用すればよいのかわからず、困っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回、スマホで新幹線に乗れるサービスの特徴や違いなどをわかりやすく整理してみました。仕事や旅行などで新幹線を利用する時に、ぜひ参考にしてください。

【Apple Pay】SuicaでJR在来線のグリーン車に乗る3つのメリット 買い方から乗り方まで徹底解説

スマホだけで新幹線に乗れる3サービス

はじめに「タッチでGo! 新幹線」「スマートEX」「モバイルSuica特急券」の3サービスについて、各サービスごとの乗車可能な列車を表にまとめてみました。

モバイルSuica特急券タッチでGo! 新幹線スマートEX
指定席自由席指定席自由席指定席自由席
東北新幹線×××
山形新幹線××××
秋田新幹線××××
上越新幹線×××
北陸新幹線×××
北海道新幹線××××
東海道新幹線××××
山陽新幹線××××

基本的に、新幹線の路線によって対応しているサービスが違うことがわかります。東北新幹線や上越新幹線など主にJR東日本の新幹線利用したい場合は「タッチでGo!新幹線」や「モバイルSuica」を、東海道・山陽新幹線などJR西日本の新幹線に乗車したい場合は「スマートEX」を利用すればOKです。

それぞれのサービス内容については後述していきます。

「タッチでGo! 新幹線」の特徴と使い方

タッチでGO! 新幹線

Image:JR東日本

東北・上越・北陸新幹線で利用できるサービスです。事前に乗車券や特急券を購入しなくても、SuicaやPASMOなどのICカードや、Apple Pay、iPhone・Androidスマホに登録したモバイルSuicaで、新幹線の自由席に乗車できます。指定席のチケットは購入できないので注意してください。年会費などはなく、利用登録後すぐに利用できるのが特徴です。

利用の流れ

タッチでGO!新幹線

駅の自動券売機に行きます。画面の案内に従って利用開始登録(初回利用時のみ)をして、自動改札機にタッチするだけ。ただし、乗車料金は交通系ICカードのチャージ残高から引かれていくので、あらかじめチャージしておくことが大切です。新幹線の自動改札は在来線とは違い、オートチャージには対応していないため、あらかじめ十分にチャージをしておくことをおすすめします。

実際の利用方法や利用上の注意点など、詳しい内容については下記記事を参考にしてください。

「タッチでGo! 新幹線」を使って実際に新幹線に乗ってみた──料金やモバイルSuicaでの利用、領収書発行の注意点なども解説

利用可能な端末やカード

利用できる端末やカードは以下の通りです。

  • iPhoneのApple Pay(モバイルSuica)
  • Androidスマホのおサイフケータイに登録しているモバイルSuica
  • 交通系ICカード(Suica、PASMO、ICOCA、TOICA、manaca、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、Kitaca、はやかけん)

「スマートEX」の特徴と使い方

スマートEX

Image:JR東海・JR西日本

東海道・山陽新幹線が対象のサービスで、予約をすれば指定席・自由席・グリーン車両に乗車できます。SuicaやPASMOなど約10種類の交通系ICカードのほか、Apple Payに登録したSuicaやモバイルSuicaを利用すれば、チケットレスで乗車が可能です。

利用の流れ

スマートEX
スマートEX

左:乗車日や時刻、乗車・降車駅、人数を指定して検索する右:列車を指定して座席の種類を選択する

アプリやウェブサイトから会員登録をおこないます。その後、利用したい新幹線の予約をして、改札機にタッチすれば新幹線に乗車できます。新幹線の代金はクレジットカード決済のみ。そのため、18歳以上の利用が原則となっています。

実際の乗車方法などについては、下記記事を参考にしてください。

「スマートEX」が快適すぎ、東海道・山陽新幹線にApple PayのSuicaで乗ってみた 会員登録・EXアプリで予約・乗車の方法から注意点まで徹底解説

利用可能な端末やカード

利用できる端末やカードは以下の通りです。

  • iPhoneのApple Pay(モバイルSuica)
  • Androidスマホのおサイフケータイに登録しているモバイルSuica
  • 交通系ICカード(Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA)

スマートEXは基本的に年会費無料ですが、お盆や年末年始、連休などの期間も含め1年中いつでもおトクに東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」もあります(年会費1080円)。出張や旅行で東海道・山陽新幹線をよく利用する場合には、エクスプレス予約がおすすめです。

「モバイルSuica特急券」の特徴と使い方

モバイルSuica特急券

Image:JR東日本

東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線の自由席・指定席がスマホから簡単に予約・購入できるサービスで、タッチでGo! 新幹線よりも利用区間が広くて対応している路線が多いだけでなく、指定席も予約・購入ができます。基本的にモバイルSuicaのご利用には年会費1030円がかかりますが、以下の場合は年会費無料で利用可能です。

モバイルSuicaの年会費が無料になるケース
  • モバイルSuicaアプリの登録クレジットカードがビューカードの場合:当面の間、年会費無料です。ただし、法人カード以外が対象
  • モバイルSuicaアプリからEASYモバイルSuica会員として登録した場合:クレジットカードの登録不要なEASYモバイルSuica会員として登録した場合、年会費無料で利用できます。ただし、利用できるのはモバイルSuicaの一部サービスのみ(詳細
  • Google PayのSuicaを利用する場合:Google PayのSuicaは年会費無料の対象
モバイルSuica特急券

Image:Google Pay

チケットの値段は紙の切符の自由席と同じかそれ以下で、年間通して変わりません。乗車日が最初に特急券を購入した日から3カ月以内であれば、手数料なしで何回でも変更が可能です。また、指定列車の発車時刻前なら、何度でも手数料なしで列車の変更ができます。

ただし、紙の切符で購入する時に利用できる「特定都区市内制度」は適用されないので注意が必要です。特定都区市内制度は、東京都区内や山の手線内などの区域内を一つにまとめて扱う制度のことで、この制度が適応されていると特定の区間内のどの駅で降りても料金は同じになります。また学割や往復割引、大人の休日倶楽部割引、乗り継ぎ割引といった各種割引も対象外です。

利用の流れ

モバイルSuica特急券
モバイルSuica特急券

左:購入方法を選択右:乗車日や出発時刻、乗車・降車駅、利用種別などを選択して「次へ」をタップ

スマホからアプリをダウンロードして利用登録を行い、チケットの購入・Suica管理画面から乗車したい新幹線の時刻や路線を選択すれば、チケットの購入ができます。チケットの購入手続きが終わったら、駅の自動改札にスマホをかざすだけで乗車が可能です。

利用可能な端末やカード

利用できる端末は以下の通りです。タッチでGo!新幹線やスマートEXではICカードも使えましたが、モバイルSuica特急券では「モバイルSuica」がないと使えません。

  • iPhoneのApple Pay(モバイルSuica)
  • AndroidスマホのモバイルSuicaアプリやGoogle Pay

モバイルSuica特急券の種類

モバイルsuica特急券には「モバトク」と「スーパーモバトク」があります。両者の違いを下表にまとめました。

モバトクスーパーモバトク
サービス提供時間5:30~23:405:30~23:40
購入可能期間乗車日1カ月前10:00~発車時刻の6分前まで乗車日1カ月前10:00~発車前日の23:40まで(当日不可)
料金通常通りモバトクよりも安い
事前予約登録乗車日1カ月前の10:00よりもさらに1週間前の5:30~可能×
予約変更可能不可
払い戻し可能(手数料:310円)可能(手数料:モバトクからの割引率を乗じた額)

モバトクは乗車開始の数分前までチケットの購入ができて便利ですが、予約変更やキャンセルの可能性が低い場合、スーパーモバトクのほうがベター。自分の利用方法に合わせて選んだほうがよいでしょう。

3サービスを比較、どれが便利でおトク?

「タッチでGo!新幹線」「スマートEX」「モバイルSuica特急券」の3サービスを利便性や料金面で比較してみます。

利便性で比較する

新幹線のチケットを購入する際は「窓際を予約したい」「家族分のチケットをまとめて購入したい」など要望があるかと思います。そこで「タッチでGo!新幹線」「スマートEX」「モバイルSuica特急券」の3サービスの機能を表にしてみました。

モバイルSuica特急券タッチでGo!新幹線スマートEX
座席指定○(シートマップから座席を選べる)×○(シートマップから座席を選べる)
まとめて購入×(本人のみ)×(本人のみ)○(アプリでは画面から座席を選べる)

モバイルSuica特急券やスマートEXは、アプリからチケットを購入すると、予約画面にシートマップが表示されるので、座りたい座席を画面で選択してチケットを購入することができます。

モバイルSuica特急券 スマートEX タッチでGO!新幹線
モバイルSuica特急券 スマートEX タッチでGO!新幹線
モバイルSuica特急券 スマートEX タッチでGO!新幹線

左:モバイルsuica特急券の購入画面では座席を指定して検索できる中:モバイルsuica特急券のシートマップ右:スマートEXシートマップ

また「モバイルSuica特急券」と「タッチでGo!新幹線」で購入できる枚数は本人のみ、つまり複数枚を購入することはできません。家族連れなど複数人のチケットを購入したい場合は、これまで通り切符を買うか、人数分のSuicaや端末を用意する必要があります。

モバイルSuica特急券 スマートEX タッチでGO!新幹線
モバイルSuica特急券 スマートEX タッチでGO!新幹線

スマートEXでは、人数の選択欄で任数を指定すれば複数人分のチケットを購入できる

料金で比較する

「タッチでGo!新幹線」や「モバイルSuica特急券」は対応する路線や区間が同じですが、いったいどちらを利用したほうが安いのか気になります。通常料金と、モバイルSuica特急券、タッチでGo!新幹線それぞれを使ったとき、どのくらい料金に差があるのか、表にまとめてみました。

サービス区間通常料金モバイルSuica特急券タッチでGo!新幹線
指定席自由席指定席自由席指定席自由席
東北新幹線東京‐那須塩原5910円5390円5150円5150円×5150円
上越新幹線東京‐上毛高原5910円5390円5150円5150円×5150円
北陸新幹線東京‐安中榛名5260円4740円4530円4530円×4530円

通常料金では、自由席と指定先の差額は520円が基本です。ただし、繁忙期と呼ばれるピークシーズンは基本料金の200円増しになり、オフシーズンでは320円になることも。今回は520円で算出しています。

この表を見ると、通常料金のよりもモバイルsuica特急券とタッチでGo!新幹線のほうがかなり安いことがわかります。東北新幹線の東京‐那須塩原間では、通常料金よりも240円安く、指定席では760円もの差があります。

「タッチでGo!新幹線」と「モバイルSuica特急券」に料金の差はありませんでした。ただし、モバイルsuica特急券では自由席の指定席も料金が変わらないため、指定席を利用したい場合はモバイルSuica特急券を利用した方がベターです。

区間通常料金スマートEXEX予約
指定席自由席指定席自由席指定席自由席
東京‐熱海4190円3670円3990円3670円3470円3470円
東京‐新大阪1万4450円1万3620円1万4250円1万3620円1万3370円1万3370円
東京‐博多2万2950円2万1810円2万2750円2万1810円2万1320円2万1320円

スマートEXでの料金の違いは上記の通りです(2018年11月通常期料金で算出)。スマートEXを利用すると、通常料金よりも200円程度安くなっているのがわかります。エクスプレス予約(EX予約)は指定席と自由席の料金は同じなので、指定席を利用したほうがよさそうです。

構成・文:吉成早紀

編集:アプリオ編集部