楽天モバイル、1GBまで0円プランは終了へ 7月より新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」提供開始

まったく使わない月でも1078円(税込)の月額料金が発生

楽天モバイルは2022年5月13日、新たな料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を2022年7月1日より提供開始すると発表しました。

「Rakuten UN-LIMIT VII」の料金プラン

Rakuten UN-LIMIT VIIでは、現プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)の最大の特徴である「1GB未満までなら月額料金0円」が終了し、まったくデータ利用のない月であっても1078円(税込)の月額料金が発生するようになります。1078円(税込)の月額料金は、現在のプランで1GB〜3GBのデータ利用分に相当します。

現在Rakuten UN-LIMIT VIを契約しているユーザーも、2022年7月1日より全ユーザーが自動的にRakuten UN-LIMIT VIIへプラン移行されます。ただ、プラン移行後すぐにデータ使用量1GB未満でも1078円(税込)の月額料金が発生するわけではありません。2022年7月1日から8月31日までは、従来のRakuten UN-LIMIT VIのプラン料金が適用されるため、データ使用量が1GB未満であれば月額料金は0円となります。

その後、9月1日からはデータ使用量1GB未満でも1078円(税込)の月額料金が発生しますが、9月と10月のデータ使用量が1GB未満であった場合は、月額料金に相当する楽天ポイントが還元されます。つまり、7月から10月の4カ月間は、データ使用量1GB未満であれば実質0円で利用できるというわけです。11月以降はポイント還元などがなくなり、通常の料金プランが適用されます。

7月1日以降に新規契約する場合でも、プラン移行の場合と同じく、7月から8月はRakuten UN-LIMIT VIの料金プランが適用され、9月から10月までは月額料金に相当する楽天ポイントが還元されます。

料金プランだけでなく、機能面でもアップデートがあります。2022年7月1日のRakuten UN-LIMIT VIIの提供とともに、楽天モバイル公式メールサービス「楽天メール」を開始します。Rakuten UN-LIMIT VIIの契約者は、専用コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」内で楽天モバイル独自ドメインとメールサービスを無料で利用できるようになります。楽天モバイルによると、楽天メールは受信トレイ容量1GBを備え、メールフィルター機能などのセキュリティ対策が充実しているとのことです。

また、端末の電話アプリからの通話がかけ放題となるオプション「10分(標準)通話かけ放題」が、月額料金(税込1100円)据え置きで「15分(標準)通話かけ放題」にアップグレードします。さらに、2022年7月1日以降に、このオプションに初めて申し込んだユーザーに、契約日から3カ月無料で利用できる特典を提供します。

新規契約者向けにさまざまな特典が用意されている

2022年7月1日以降、Rakuten UN-LIMIT VIIを初めて申し込んだユーザーには、楽天ポイント3000ポイントのプレゼントや、楽天マガジンYouTube Premiumといったサービスを最大3カ月無料で利用できる特典も用意されています。

楽天モバイルは、1GB未満は月額料金がかからないというメリットで、2回線目や電話専用回線として契約しているユーザーも多くいるでしょう。こういったユーザーにとっては、Rakuten UN-LIMIT VIIへのアップグレードは実質的な値上げであり、楽天モバイルからの離脱を検討することが考えられます。

EDITED BY
TOKIWA