「GO ランチャー EX」チームが開発、次の最強ホームアプリ候補「Next Launcher」のbeta版が公開中

2012-11-27 21:57
記事タイトルとURLをコピーする

「GO ランチャー EX」チームが開発、次の最強ホームアプリ候補「Next Launcher」のbeta版が公開中

アプリオのカスタマイズアプリ ランキングでも長く1位に君臨してきた大人気ホームアプリ「GO ランチャー EX」。その開発元GO Dev Teamが、新たなホームアプリ「Next Launcher」を準備中だ。現在、公式ブログでbeta4を公開しており、一足先に試してみた。

さすがGO Dev Teamと唸らされる「Next Launcher」

「GO ランチャー EX」は今も人気ホームアプリの一角ではあるが、「Apex Launcher」「Nova Launcher」「Atom Launcher」「ssLauncher」など、主にAndroid4.0以上向けの新ホームアプリの勢いに押され、最近では存在感が薄れつつあった。そんななかでも彼らは、しっかり次のプロジェクトを立ち上げていたようだ。

「Next Launcher」はその名の通り、次世代を感じさせるような3D的ビジュアルや動的エフェクトなどが満載のホームアプリ。見た目に楽しいだけでなく、使い勝手のいい機能も多く、快適な操作体験が得られるだろう。まずは公式動画をご覧いただきたい。

さっそく導入(使用端末:Galaxy Nexus 4.1)してみたが、beta版ながらなかなかの完成度。とりわけ、以下のような特徴が目をひいた。

美しいスクロール・トランジション効果

Next Launcher

特にドロワーのスクロールエフェクトは、豪華な3D効果を用いたものも多い。もちろん、ホームスクリーンのスクロールエフェクト、各種操作が切り替わる際のトランジション効果も独特なものが用意されている。

Next Launcher

派手なエフェクトも多い中、挙動はひっかかり等もなくサクサクした動作で気持ちがいい。

アイコンやウィジェットをランダム配置できるホーム画面

Next Launcher

アイコンやウィジェットなどは、グリッドにとらわれることなく自由にホーム画面に置くことが可能だ。

重なった場合も、オーバーレイとなってそのまま配置できる。

Next Launcher

アイコン編集機能も多彩で、長押しした後に指を離すことで各種編集メニューがアイコン周りに表示される。

ラベル(アプリ名)を簡単に変更できるほか、アイコンの角度調整なども行える。

アプリ、壁紙、ウィジェット、フォルダなどを一括管理できるクイックスクリーン

Next Launcher

ホーム画面をロングタップ、またはドックバーをスワイプアップすることで回転させ、クイックスクリーンを起動できる。

ドックバーは回転して、ホーム⇔スクリーンプレビュー⇔クイックスクリーンとすばやく切り替えられる仕組みになっている。

クイックスクリーンでは、アプリ、ショートカット、ウィジェット、フォルダ、壁紙などを簡単に好きなスクリーンへ追加できる。一括して管理できて便利なうえに、視覚的にもわかりやすい。

現在、[Individual]の部分は空いているが、ここにテーマ設定あたりが追加されるのだろうか。

多機能で使いやすい強力なドロワー

Next Launcher

ドロワーも「GO ランチャー EX」と同様に優秀。アルファベット順やダウンロード順(昇順・降順)など、アプリを並べ替えしやすく探しやすい。

Next Launcher

ホームスクリーンとドロワーを一体的に表示し、どの画面にどのアプリを追加しようとするか直感的に把握できる。

アイコンのバッチ機能も便利だ。長押しした後、×をタップでアンインストールできたり、アプリを複数選択してまとめてフォルダ化、ホームへ移動、ドロワー内での順序入れ替えなどが行える。

beta版アプリが公式ブログからapkで公開中

beta版アプリ(beta4)は、以下のGOランチャーの公式ブログ内にあるダウンロードリンク([Download: Next Launcher Beta4]と記載)からapkファイルで入手できる。
※Google Playで公開される正式版アプリではないため、ダウンロードおよびインストールについては各自の責任において行ってください。

推奨されるデバイスは、Android2.3.3以上、デュアルコアCPU以上、800x480以上の解像度、OpenGL ES 2.0をサポートとされている。またそれ以上の場合でも、beta版の性質上、正常に動作しない可能性がある。

今後、さらなる進化を遂げるであろう「Next Launcher」。正式版のリリースが楽しみだ。