アプリ「Apex Launcher」完成度の高い高機能ホームアプリ #Android

Apex Launcher-Android

おすすめのポイント

  • Android4.0標準ホームを拡張したICS専用ホームアプリ
  • 同種のホームアプリ「Nova Launcher」よりも多機能
  • 特にドロワーの設定は非常に細かく行える
  • メニューに表示する項目などまでカスタマイズ可能
  • デザインは洗練されておりテーマ変更などもできる

Androidアプリ レビュー

ICS専用ホームではほぼ最強の機能を搭載する

android-Counter Launcher
同デベのFancy Widgetは相性がいい。画像はアプリをドロワーからホームに追加する場面。
android-Apex Launcher
ホーム、ドロワー、ドック、フォルダ、ジェスチャー等を多彩にカスタマイズ可能。

機能面では申し分ない完成度の高さ

先日、Android4.0(ICS)標準ホームをベースにした拡張ホームアプリNova Launcherを紹介したが、それから数日もしないうちに、同種のホームアプリApex LauncherがGoogle Playストアに登場した。もともと優秀なNova Launcherよりもさらに機能が豊富なうえ、ICS搭載タブレットにも最適化されており、現時点では最強のICS専用ホームアプリといえそうだ。

多くの機能が拡張されているが、ICS標準ホームにはない主なものは以下の通り。設定はしっかり日本語化されているので、使い方でそんなに迷うことは少ないだろう。

  • ホーム画面の行・列数のカスタム設定
  • アプリなどを配置できる範囲調整(ホーム画面端マージンの設定)
  • スクリーン数を最大9枚まで増やせる
  • デフォルトスクリーンの設定が可能
  • ホーム画面ロングタップによるアクション、ショートカット、ウィジェット、壁紙の追加
  • 画面スクロールのアニメーションやループ機能
  • アイコンのロングタップで編集やアプリ情報呼び出し、ウィジェットのリサイズができる
  • ドロワー画面のスクロールアニメーション
  • ドロワーのアプリ配置などのスタイルの変更
  • ドロワー上部に表示するタブやアイテムの設定
  • ドロワー内で特定のアプリを非表示にできる
  • ドロワー内に並ぶアプリの順序をソートできる
  • ドックのページ数や1つのドックバーに置けるアプリ数の設定
  • ドック自体を非表示にできる
  • フォルダ表示のカスタマイズ
  • Googleのクイックサーチバーの消去(標準ホームでは削除不可)
  • ジェスチャーによるアクションの設定
  • 「Apexメニュー」に表示する項目の設定

Apex Launcherの特長

android-Apex Launcher
ドロワーにDL済みアプリのみやウィジェットを表示できる。
android-Apex Launcher
ドロワーのタブやメニューの細かいカスタマイズも可能。

上記に挙げただけでも、GO ランチャー EXなどに匹敵するほど多機能なのがお分かりだろう。そんな中で特に便利だと感じたのが、ドロワー機能のカスタマイズ性の高さだ。まず、ドロワーの表示タブには[(すべての)アプリ][DL済み][ウィジェット]とあり、アプリはネーム順、インストールした順、よく使う順でソートできるため、目的のアプリを探しやすい。

ドロワー内にあるウィジェットをホーム画面に移動するにはroot権限が必要で残念だが、表示機能が生きているだけでもウィジェットの内容がプレビューで視覚化されるのでうれしい。こうした、ICS標準の機能をできる限り残している点はNova Launcherよりも評価できる。

また、ドロワー内のタブは増減が可能。タブごと、あるいは特定のアプリで必要ない(隠したい)ものは非表示にできる。また、ドロワー右上のボタンにはデフォルトで「メニュー」が配置されているが、それも「Google Playストア」や「指定アプリの起動」などに置き換えることもできる。

メニュー項目をカスタマイズできる

ホーム画面に追加できるアイコンや、ドロワー右上のボタンとしてApexメニューが利用できる。

このApexメニューに表示させる項目には、ホーム画面に追加、壁紙の選択、アプリの管理、クイック検索、通知バーの表示、Apex Launcherの設定、端末のシステム設定、スクリーンロック、ヘルプがあり、[Apex設定]→[高度な設定]→[メニューのカスタマイズ]から、ユーザーの使い勝手に応じて取捨選択できるようになっている。メニュー項目のカスタマイズという形は、他のホームアプリでもほとんど見かけない機能だろう。

Nova Launcherのレビューでも述べたことだが、ICSでもGO ランチャー EXなど多くの既存のホームアプリが動作し、機能面、デザイン面ともにカスタマイズ性はGOのほうが上だとした。今回、Apexについては、動作も軽快だし、少なくとも機能面ではGOに追いつき、追い越しつつあるという印象をもった。今後のアップデートに期待せざるを得ない。

おすすめ記事:おすすめAndroidホームアプリ18選 2013年度版