LINEのトークに「雪」が降るクリスマス演出が2020年も登場、降らない場合は?

LINEのトークに「雪」が降る演出が2020年も登場、降らない場合は?

2020年も、LINE(ライン)のトーク画面背景に雪が降る演出が始まりました。iOS版/Android版アプリいずれも、トーク画面を開くだけで雪が舞い散っています。

2014年以降、この演出は毎年12月24日のクリスマス・イブに実施されていますが、今年も12月24日現在、LINEでトーク画面を開くと雪が降ってくる様子が確認できます。なお、昨年はPC(パソコン)版LINEでも同様の演出がありましたが、今年は現時点では確認できていません。

LINEのトークに「雪」が降るクリスマス演出が2020年も登場

トーク画面を開くだけで雪が降るクリスマス演出が出現

トーク画面を開いても雪が降ってこないときは、まずはLINEアプリを再起動してみましょう。

それでも降らなければ、LINEアプリを最新バージョンにアップデート、まだ駄目ならスマホを再起動してみる、といった対処法を試してみてください(順次ロールアウトされている可能性もあるため、適用されるまで待つという手もあります)。

LINEアプリを「再起動」する方法まとめ
LINEアプリをアップデートする方法

また12月10日頃からは、LINEのトークで特定キーワード(「クリスマス」など)を送信すると、隠れクリスマスエフェクトが表示される機能も登場しています。このエフェクトもiOS版/Android版/PC版に対応しているので、友達や家族にメッセージを送って楽しんでみましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.21.2、Android版10.21.5、PC版6.5.2

EDITED BY AO