LINEポイントはコインに自動変換される、違いや交換レートを解説

LINEポイントはコインに自動変換される、違いや交換レートを解説

LINE Payでの決済やLINEショッピングなど、LINEの各種サービスを利用して貯めることができる「LINEポイント」。2ポイント=1コインとして「LINEコイン」に自動変換され、LINEスタンプや着せかえ、絵文字などの購入に充てることができます。

本記事では、LINEポイントとLINEコインの違いや、ポイントのコインへの自動変換の仕組みなどについて解説します。

LINEポイントとコインの違い

LINEポイント ショッピングなどで貯めることができる LINEコイン LINEスタンプ 1コインあたり2.4円

左:LINEポイントは提携サイトでのショッピングやキャンペーンなど様々な方法で貯めることができる右:LINEコインは1コイン=2.4円。50コインであれば120円の計算になる

LINEポイントは、LINEにおける各種サービスやLINE Pay決済などで貯めることができる1ポイント=1円のポイントシステムです。貯めたポイントはコインや他のポイントサービスとの交換のほか、LINEストアで利用することもでき、さらにLINE Payを通して現金化することも可能です。

一方、LINEコインはLINEスタンプや着せかえなどを購入する際に使う専用通貨です。1コインあたり2.4円、500コイン以上の購入でボーナスコインが付与されます。スタンプなどの購入時にLINEコインが足りない場合、保有するLINEポイントから自動的に変換して充当することができます(後述)。

ボーナスコインと購入可能なスタンプ数一覧
コイン数 価格(税込) ボーナスコイン 購入できるスタンプ数(50コイン)
50コイン 120円 0コイン 1個
100コイン 240円 0コイン 2個
150コイン 360円 0コイン 3個
200コイン 480円 0コイン 4個
500コイン 960円 100コイン 12個
800コイン 1400円 200コイン 20個
1600コイン 2800円 400コイン 40個
3300コイン 5700円 900コイン 84個
10000コイン※ 16800円 2730コイン 約254個

※10000コインをチャージできるのはAndroid版のみ

LINEポイントは自動でコインに変換される

LINEポイント 履歴確認画面 LINE 保有コイン確認画面

左:LINEポイントの確認は「ウォレット」タブ→[LINEポイント]から右:「ホーム」タブの設定ボタン[]→[コイン]から保有コインを確認

かつてはLINEスタンプなどを購入する際、事前に手動でLINEポイントをコインに交換しておかなければなりませんでしたが、現在はその必要がありません。

様々な方法で獲得したLINEポイントは、ボーナスコインに自動的に変換され、2ポイント=1コインのレートで保有コインに合算されます。

このため、スタンプや着せかえの購入に必要なコイン数に相当するLINEポイントを保持していれば、コインをチャージすることなく有料コンテンツを手に入れることができます。

自動交換されたコインとチャージしたコイン、消費の優先順位は?

LINEポイントから交換されたコインよりも、チャージしたLINEコインのほうが優先的に消費されます。

LINE 保有コイン225 自動変換されたコイン225 LINE スタンプ 購入 LINE 保有コイン125 自動変換されたコイン225

ここでは、チャージした100コインを含む225コインを保有した状態で100コイン分のスタンプを購入。チャージしたコインが優先的に消費され、自動変換されたコイン数には変化がないことがわかる

LINEポイントの有効期限に注意

また、LINEポイントの有効期限にも注意が必要です。LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日後。期間限定ポイントの場合にはキャンペーン毎に有効期限が設定されます。

有効期限を過ぎると所持しているポイントが失効するため、コインへの自動変換ができなくなる可能性があります。

LINE ウォレット LINEポイント LINEポイント 画面上部のポイント数をタップ メニューボタンをタップ LINEポイント 有効期限表示

左:ウォレットタブ→[LINEポイント]で確認中:Androidの場合メニューボタン[]は右上右:保有ポイントの下に有効期限が表示される

ポイントの有効期限を確認するには、LINEの「ウォレット」タブから[LINEポイント]→画面上部のポイント数をタップするか、画面左上にあるメニューボタン[]から[LINEポイント履歴]をタップして確認することができます。

スタンプを買うならポイントのほうがコインよりお得?

購入したいスタンプがチャージしたコイン数を上回る場合

欲しいスタンプや着せかえを購入するのに必要なコインの数がチャージしたコイン数を上回る(コインが足りない)場合でも、LINEポイントを保有していればポイントがコインに自動変換され、不足分に充てて購入することができます。

LINEポイント 200ポイントが100コインに自動変換される LINE 残りの保有コイン 125コイン

コインがチャージされていない状態で100コインのスタンプを購入した。200ポイントが100コインに自動変換され消費される。残りの保有コインは250ポイントの1/2=125コイン

LINEポイントとコインの交換率は2:1。たとえば、100コイン(=240円:ボーナスコインなどを勘案しない場合)のスタンプを購入するのに必要なLINEポイントは200ポイント(=200円)です。

この点、単純計算では、LINEポイントを使って購入したほうがお得です。ただし、LINEコインを大量に購入して多くのボーナスコインが付与されている場合、コインで購入したほうが実質的に割安なケースもありそうです。

おすすめ
LINE PayでLINEポイントを貯めたい場合

ポイントを効率よく貯めてコインとして有効活用したい場合、LINE Payでの決済は日常的にポイントを貯められる方法の1つです。ポイントの付与率がアップするキャンペーンなども忘れずにチェックしましょう。

LINE Pay コード画面 LINEポイント チェックが入っている ポイント自動消費

LINE Payコードの画面で[LINEポイント]の欄にチェックが入っていると、決済時にLINEポイントが自動的に消費されてしまいます。LINEポイントを貯めたい場合には、チェックを外しておきましょう。

LINEストアなら直接LINEポイントで購入できる

LINE Pay残高に交換してLINEストア(LINE STORE)で決済すれば、1LINEポイント=1円でスタンプや着せ替えを購入することができます。LINEストアの詳しい使い方については、以下の記事を参照して下さい。

LINEポイントが自動変換されない場合とは

LINEポイントがコインに自動変換されない場合、原因として考えられるのは次の3点です。

  1. 交換できる十分な数のポイントを保有していない(LINEポイントとコインの交換レートは2:1)
  2. 獲得したLINEポイントがまだ付与されていない
  3. LINEのアップデートがされていない

100コインに交換するのに必要なLINEポイントは200。前述したとおり、交換レートには注意が必要です。

LINEショッピングチーム ポイント付与 メッセージ LINE Pay 決済の詳細情報

左:SHOPPING GOを利用した際、LINEショッピングチームからポイント付与通知が届く右:LINE Pay利用後に届く通知からは、ポイントの決済履歴や獲得ポイントまで詳細が確認できる

また、LINEポイントを獲得できる行動を取ってから実際のデータとして反映されるまではある程度の時間を要します。LINEショッピングなど、ポイントが付与されるタイミングについて事前にメッセージが届く場合もあるほか、実際にポイントが加算される際にはLINEウォレットからも通知が届きます。

LINEポイントの自動交換に限らず、LINEのバージョンが古いままの状態では日々追加される機能や最新仕様のメリットを享受できません。LINEのアップデートはApp StoreやGoogle Playストアからおこないますが、端末からの自動設定も可能です。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.8.1

EDITED BY SORA