【2021】LINEで「花火」背景エフェクト開始 キーワードや出ない時の対処法も

9月1日までの期間限定

LINE(ライン)のトークで「花火」など特定キーワードを含むメッセージを送信すると、トーク背景に花火が打ち上がる隠しエフェクトが2021年もスタートしました。

LINEトーク背景の隠しエフェクトは、バレンタインや母の日などでも実施されており、花火による隠し演出は今回で6度目です(今年3月のヤフー・LINE経営統合記念の花火エフェクトも含む)。一昨年までこの花火エフェクトはiOS版LINEのみで観賞できましたが、昨年以降はAndroid版LINEにも対応しています。

トークルームで「花火」「たーまや」「かーぎや」「たまやー」「かぎやー」のいずれかのキーワードを含むメッセージを送ると、送った側・受け取った側の双方のトーク背景にブラウン・コニー・サリーらLINEキャラクターの花火が打ち上がります。

例年、夏の花火エフェクトは7月20日前後に開始され、9月に入ると終了しています。今年は8月10日頃とやや遅いスタートになりましたが、終了時期は変わらず9月1日までとアナウンスされています。

花火の背景エフェクトが「出ない」時の対処法

マルチタスク画面でLINEアプリを終了させる

「アニメーション再生」がオンになっている必要がある

まずはLINEアプリを再起動してみましょう。スマホのマルチタスク画面からいったん終了させ、もう一度アプリを立ち上げます。さらにLINEの設定画面で[トーク]に進み、「アニメーションの再生」設定がオフになっていないかも確認します(詳細は後述)。

引き続き、対象キーワードを送ったり送られたりしてもトーク背景に花火が表示されない場合、LINEアプリを最新版にアップデートしてください。特にLINEアプリをしばらくバージョンアップしていない人は、この機会の更新をおすすめします。

それでも駄目なら、iPhoneやAndroidスマホ本体の再起動を試してみます。

これらをおこなっても花火が出ないときは、適用まで待つほかなさそうです。ただし、古いスマホを利用している場合、機種やOSバージョンが花火エフェクトの対象外である可能性もあります。

隠しエフェクトの再生をオフにする方法

隠しエフェクトは、対象キーワードを含むメッセージの送り手・受け手のトークルーム背景にアニメーションが強制で再生される仕様ですが、グループトークなどでは煩わしく感じられることもあります。

そんなとき、こうしたエフェクト再生はオフに設定可能です。

Android版LINEの画面

手順は簡単で、LINEの「ホーム」タブで設定ボタン→[トーク]と進み、「アニメーションの再生」をオフにするだけです。

オフにすると、すべてのトークで花火をはじめとしたエフェクトの再生がされなくなります。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.12.1
LINE
Android
11.13.2