【2019年】iPadはどのモデルがおすすめ? 特徴や容量・価格から選び方を徹底解説【iPad mini/iPad/iPad Air/iPad Pro】

ラインナップ刷新のiPadはどれがおすすめ? 特徴や容量・価格から選び方を徹底解説【iPad mini/iPad/iPad Air/iPad Pro】

新たにiPad miniとiPad Airが登場して、iPadのラインナップが大幅に変わりました。どれを買えばよいか悩んでいる人も少なくないでしょう。

そこで今回は、モデルごとの特徴に加えて価格や容量なども踏まえ、どのiPadを選ぶべきか解説します。これから購入するなら、2年、3年と満足して使うための選択ポイントをぜひ押さえておいてください。

iPad各モデルの注目スペック
12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro iPad Air iPad iPad mini
ディスプレイサイズ 12.9インチ 11インチ 10.5インチ 9.7インチ 7.9インチ
ラミネーションディスプレイ ×
生体認証 Face ID Face ID Touch ID Touch ID Touch ID
チップ A12X A12X A12 A10 A12
ApplePencil 第2世代 第2世代 第1世代 第1世代 第1世代
コネクター USB-C USB-C Lightning Lightning Lightning
Smart Keyboard × ×

体感的な本体サイズ差をチェックしておこう

同じiPadでも本体のサイズはかなり違います。もちろん、液晶ディスプレイの大きさも変わってきます。12.9インチiPad Proはノートパソコン並みにずば抜けて大きく、持ち歩くのもちょっと負担になります。

下表のように、iPad、iPad Air、11インチiPad Proは微妙に大きさが異なりますが、使い方が変わるほどの差はありません。つまり、いわゆるレギュラーサイズのiPadは3モデルから選択できるわけです。

iPad miniはふたまわり小さなサイズになります。コンパクトで取り回しのよいiPadが望みなら、iPad miniの1択です。すでにiPadを持っている人が、追加でiPad miniを買うこともあるでしょう。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

本体サイズの差は大きい。左からiPad mini、iPad、iPad Air、11インチiPad Pro

性能の違いは? 無印iPadは注意が必要

iPad Proには、最新の高速なA12X Bionicチップが搭載されています。またiPad AirとiPad miniはA12 Bionic(A12)を採用しています。A12Xのほうが言うまでもなく性能は高いのですが、体感上の差はA12とほとんど変わりません。

着目しておきたいのは、2世代前のチップを搭載するiPadです。A10チップはiPhone 7が採用しているものと同じで、古さを感じます。もちろん現役で使えますが、2年も利用することを考えるとやや不安です。特にiPadは、AR系のアプリなどで負荷の大きい作業をすることになりがちです。

また、ヘビーなゲームを大きな画面で楽しみたい人にも、iPadはおすすめできません。iPadのみ、フルラミネーションディスプレイではないからです。液晶とガラスの間に隙間があるために、乱反射で画面がやや白っぽく見えます。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

下(奥)のiPadは、バッテリー残量部分を見ると画面がやや白っぽいことがわかる

ペンとキーボードの対応状況を確認

ついに、全モデルのiPadがApple Pencilに対応しました。iPad Proシリーズが第2世代のApple Pencilを採用し、他は第1世代に対応となっています。

ペンの軸をタップすると消しゴムに切り替えられたり、本体に磁石でくっつけるだけで充電されるなど、第2世代のApple Pencilは非常によく出来ています。しかし普通に書くぶんには、第1世代でも得に不満はありません。充電やキャップの使いづらさなどがネックになります。

Apple Pencilの違いだけで高価なiPad Proを選ぶわけにもいかないので、ペンに関してはどの製品を選んでもよいでしょう。ただし、iPadはガラスと液晶面に隙間があるために、少しですがギャップを感じます。

どのモデルもBluetoothキーボードは利用可能です。ただし日常的に使うなら、Smart Keyboardをおすすめします。本体とハードウェアで接続されるので、ペアリングの手間がありません。また、反応も極めて良好です。Smart Keyboardが使えるのはiPad Pro、iPad Airのみです。

失敗しない「Bluetoothキーボード」の選び方、おすすめ5機種もレビュー

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

上のApple Pencilは第2世代、下が第1世代だ

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

iPad Pro、iPad Airが対応するSmart Keyboardは使い勝手が良く、充電も不要

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

Smart Keyboardに対応しないモデルも外付けのBluetoothキーボードは使える

ストレージ容量は256GB以上がおすすめ

ストレージは、iPadのみ32GB、128GBとなります。他のモデルはすべて64GBからで、256GBが用意されます。iPad Proは512GBと1TBの大容量モデルもあります。

iPadの容量ラインアップと価格(Wi-Fiモデル)
32GB 64GB 128GB 256GB 512GB 1TB
iPad mini - 4万5800円 - 6万2800円 - -
iPad 3万7800円 - 4万8800円 - - -
iPad Air - 5万4800円 - 7万1800円 - -
11インチiPad Pro - 8万9800円 - 10万6800円 12万8800円 17万2800円
12.9インチiPad Pro - 11万1800円 - 12万8800円 15万800円 19万4800円
iPadの容量ラインアップと価格(Wi-Fi+Cellularモデル)
32GB 64GB 128GB 256GB 512GB 1TB
iPad mini - 6万800円 - 7万7800円 - -
iPad 5万2800円 - 6万3800円 - - -
iPad Air - 6万9800円 - 8万6800円 - -
11インチiPad Pro - 10万6800円 - 12万3800円 14万5800円 18万9800円
12.9インチiPad Pro - 12万8800円 - 14万5800円 16万7800円 21万1800円

32GBや64GBモデルは本体価格が安いので魅力的に感じますが、遠からず不足を感じるので推奨しません。iPadはiPhone同様、microSDカードで容量を増やすこともできないのです。たくさんのアプリをインストールしたり、動画配信サービスのコンテンツをダウンロードして視聴したりすると不足を感じるはずです。

おすすめは256GBモデルです。逆に、512GB以上が必要なユーザーは動画編集を盛んに行う人などに限られるでしょう。

また、予算が許すならWi-Fi+Cellularモデルがおすすめです。インターネットにいつでもつながるのは快適です。iPhoneなどからテザリングで使ってもよいのですが、スマホのほうがバッテリーが早くなくなってしまいます。Wi-Fi+Cellularモデルなら下取りも高くなるメリットもあるので、1万5000円の価格差(iPad Proは1万7000円の価格差)は吸収できるでしょう。

「iPad mini」の特徴と選択のポイント

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

新登場のiPad mini

新登場のコンパクトなモデルです。300.5グラムと軽いので電車の中などで手に持って使っていても楽です。比較的軽量なiPad Airでも464グラムなので、その差は無視できません。

ディスプレイは小さいため動画を観るには迫力不足ですが、電子書籍リーダーとして小説を読むにはちょうどよい大きさです。動画を見ないと割り切って、64GBモデルを選ぶ手もあるでしょう。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

背面のスッキリしたデザインも好印象だ

「iPad」の特徴と選択のポイント

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

無印のiPadは従来型のデザイン

いわゆる無印のiPadです。価格の安さもあって、iPadの中で最も売れていると言われます。ただ、全体的にコストダウン感が否めません。ディスプレイの品質が一段劣りますし、性能も2世代前です。特にヘビーなゲームには向きません。

専用のレジスターと組み合わせて、店舗で使うのには向いています。また仕事用として、書類閲覧やスライドの表示などに使うなら、コスト重視としておすすめできます。

個人が購入する場合は、予算が許すならばiPad Airのほうが望ましいでしょう。ディスプレイの違いだけでもかなり大きいのです。とはいえiPadしか手が届かないなら、ぜひ購入をおすすめします。iPad+Apple Pencilの利用体験はとても素晴らしいからです。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

Wi-Fi+Cellularモデルのアンテナ部分がちょっと不恰好

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

イヤホン端子があるのは便利だ

「iPad Air」の特徴と選択のポイント

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

iPad Airは10.5インチとディスプレイがやや大きいのも特徴

以前存在していた、10.5インチiPad Proの継続モデルと考えてもいいでしょう。左右方向の額縁が細く、デザインも現代的になっています。チップは性能アップしており、とてもお買い得です。

ただし、スピーカーが4つから2つに減るなど、コストダウンされている部分もあります。ディスプレイも非常に美しく、スタンダードなiPadとして一番のおすすめ。末永く快適に使えるはずです。Smart Keyboardも利用できるので、パソコン代わりとしても役立ちます。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

背面のデザインはiPad miniと似ている

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

Smart Connectorを搭載するので、専用のSmart Keyboardが使える

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

Smart Keyboardは10.5インチのiPad Pro用と同じだ

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

イヤホン端子も搭載

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

充電などはLightningになる

「iPad Pro」の特徴と選択のポイント

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

iPad Proはデザインも斬新な最上位モデル

iPad Proには11インチと12.9インチの2モデルがあります。どちらもまったく新しいデザインで、額縁が細く設計されています。ホームボタンとTouch IDも廃止され、顔認証のFace IDで利用します。性能も高く、スピーカーも4つ搭載するなど高機能を追求していますが、問題は価格です。

11インチの256GBモデルで10万6800円。これのWi-Fi+Cellularモデルでは12万3800円もします。この価格が気にならないなら、当然おすすめします。第2世代のApple Pencilも素晴らしい完成度です。しかし、結果としてできることはiPad Airとさほど変わりません。

iPad おすすめ 選び方 容量 価格

背面のデザインも一新されている(写真はいずれも11インチモデル)

まとめ

結論をまとめます。おすすめはiPad AirとiPad miniで、ストレージは256GBがベストでしょう。予算が許すなら、Wi-Fi+Cellularモデルも魅力的です。無印のiPadは、これから買って末永く使いたいならあまり推奨しません。またiPad Proは、コストが気にならないのであれば満足できる製品です。

別売になりますが、全モデルApple Pencilに対応しました。どのiPadを購入するにしても、ぜひ入手して手書きの便利さと楽しさも味わってください。

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部