iPad Air(第5世代)実機レビュー、どんな人におすすめ?

現iPadでは最高の性能、動画編集やゲームプレイも快適に

2022年3月に発表されたiPad Air(第5世代)をレビューします。

本体のデザインやサイズは、前モデルのiPad Air(第4世代)とほとんど変わりません。しかし、チップはM1へと大きく進化しています。ほぼ最高の性能を搭載しているので、ヘビーなゲームもストレスを感じることなくプレイできるでしょう。無印iPadからの買い替えにも向いています。

本体は軽量、狭額縁なので大画面で利用できる

iPad Air(第5世代)の外観は前モデルと同様。サイズはまったく同じで、247.6×178.5×6.1ミリです。Wi-Fiモデルでは458グラムから461グラムへと微妙に重くなりました。とはいえ、数グラムの差なので持ち比べてもわからない程度の違いです。また、外観は違いがほぼわかりません。

ディスプレイは10.9インチで額縁が細く、本体サイズの割には大画面で利用できます。画質も文句なしで、iPad(第9世代)などと比べると大きな差があります。

大きく変わったのが本体のカラーです。ボディはリサイクルしたアルミを採用して作られており、スペースグレイ以外の色合いが変わりました。とても落ちついたセンスの良い色合いで、持っていて嬉しくなるはずです。今回は「ブルー」を撮影していますが、iPad Air(第4世代)のブルーよりも色が濃くなっています。

iPad Air(第5世代)は10.9インチの大画面タブレット。額縁が細いのが特徴

本体はリサイクルしたアルミで作られており、質感が非常に高い

重量は微妙に重くなっている。写真はWi-Fi+Cellularモデルで、カタログ値は462グラム

Touch IDを搭載、フロントカメラも進化

iPad Air(第5世代)は、指紋センサー(Touch ID)を搭載しています。電源ボタンと一体化しているので、押すだけでスリープから復帰してログインでき、とても操作性が良く快適です。もちろんマスクをしていても問題なく使えますが、逆にFace IDは搭載していません。

アウトカメラは前モデルと同じ12MPですが、フロントカメラは7MPから12MPへと強化され、センターフレーム機能を搭載しました。各種のWeb会議アプリやFaceTime利用時に、人が動いてもカメラが追いかけてセンターに配置してくれる機能です。どちらもWeb会議には欠かせません。

Touch IDは電源ボタンと一体化しているので便利

アウトカメラは前モデルと同様の12MP

フロントカメラは12MPへと強化された

性能が大幅進化、動画編集などもストレスなく快適に

iPad Air(第5世代)は、前モデルのA14 Bionicから、M1チップへと一気に進化しました。これは、iPad Proと同じチップで、現時点のiPadでは最高の性能です。タブレットの中でも超高性能であることは間違いなく、これ以上を望めないほどの性能です。

メモリーが8GBへと強化されたのも見逃せません(iPad Air 第4世代は4GBと思われるが非公表)。パフォーマンスの向上は素晴らしく、ヘビーなゲームや動画編集などもストレスなくこなせるでしょう。

とはいえ、たとえばWebページや動画を見るような作業では、その差はあまりわからないはずです。これは、A14 Bionicでも文句なしに高速だからです。使い方によってはオーバースペックなのですが、長期間快適に使えることは間違いありません。

iPad Air(第4世代)は、A14 Bionicで性能は文句なし

iPad Air(第5世代)は、さらに高速なM1を搭載している

さらに、USB Type-C端子のデータ転送速度が5Gbpsから10Gbpsへと2倍高速になっています。外付けのSSDに動画を保存したいようなユーザーには嬉しいポイントです。

Wi-Fi+Cellularモデルが5Gに対応した点にも注目です。まだ5Gのカバーエリアは広くありませんが、これから1〜2年で相当普及すると思われます。今から買うなら、5G対応モデルがいいことは間違いないでしょう。

USB Type-Cのデータ転送速度が向上している

Smart FolioやApple Pencilなど魅力的なアクセサリーも使える

iPadシリーズはどの製品も、Apple製の魅力的なアクセサリや周辺機器を利用できます。iPad Air(第5世代)は、iPad Air(第4世代)と同じサイズなので、同じアクセサリーが使えますが、さらに本体カラーに合わせた製品も登場しています。

Smart Folioはスタンドを兼用するカバーで9800円です。iPad Air(第5世代)向きの新色のマリンブルーなどがリリースされました。カバーを兼用し角度が調整できる高級キーボードのMagic Keyboard(3万4980円)や、カバー兼用のSmart Keyboard Folio(2万1800円)なども利用可能です。

Smart ConnectorでKeyboardもくっつけるだけで利用できる

Smart FolioにはiPad Air(第5世代)に合った新色が登場している

Smart Folioを折り曲げることで本体を立てられる

Magic Keyboardは角度調整できるのが便利

これらの純正アクセサリは非常に質感が高く、本体にもバッチリ合っています。価格が高すぎると感じる人も、さまざまなメーカーのサードパーティ製品が数多く販売されているのでそちらで選べるでしょう。

なお、Apple Pencilは第2世代(1万5950円)に対応します。本体の上にくっつけるだけで充電やペアリングができます。書き味も素晴らしく、筆圧や傾きを検知します。

Apple Pencilは第2世代に対応する

まとめ

iPad Air(第5世代)は、非常に魅力的なモデルです。位置づけとしてはiPad ProとiPadの中間なので、スタンダードモデルとも言えるでしょう。しかし性能を見ると、もはや上位モデルと考えたほうがよさそうです。

価格は、Wi-Fiモデルの64GBが7万4800円、256GBが9万2800円、Wi-Fi+Cellularモデルは64GBが9万2800円、256GBモデルが11万800円です。性能を考えると間違いなく妥当です。

ただし、iPad Air(第4世代)と比べると値上がりしています。iPad(第9世代)と比較したときの価格差が大きいのも気になります。予算に余裕があるなら、間違いなくiPad Air(第5世代)がおすすめです。予算が限られる人はとても悩みそうです。できれば、あと1万円程度安くしてくれたら満点だったのですが。

構成・文
戸田 覚
編集
アプリオ編集部
EDITED BY
AO