おすすめはどれ? iPad各モデルを比較、初心者もわかりやすい選び方

おすすめはどれ? iPad各モデルを比較、初心者もわかりやすい選び方

現在5モデルが購入できるiPadの選び方を紹介します。特に、iPad(第8世代)とiPad Air 4(iPad Air第4世代)、iPad Pro(11インチ)はディスプレイサイズや本体が近いので、選択に迷っている人が少なくありません。今回はこの3機種を中心に、iPad miniとiPad Pro(12インチ)を含めて解説していきます。

本記事の写真で登場するiPad Pro(12インチ)は1つ前の第1世代ですが、画面サイズなどは変わりません。また、この機種のみディスプレイにフィルムを貼り付けてあります。今回は、iPad Pro(12インチ)についてはあまり言及しません。

最初に、各製品の重要な違いが一覧できる比較表を紹介します。

iPad各モデルの比較表
iPad mini iPad (第8世代) iPad Air(第4世代) iPad Pro(11) iPad Pro(12.9)
画面サイズ 7.9インチ 10.2インチ 10.9インチ 11インチ 12.9インチ
32GB - 3万4800円 - - -
64GB 4万5800円 - 6万2800円 - -
128GB - 4万4800円 - 8万4800円 10万4800円
256GB 6万2800円 - 7万9800円 9万5800円 11万5800円
512GB - - - 11万7800円 13万7800円
1TB - - - 13万9800円 15万9800円
CPU A12 A12 A14 A12Z A12Z
指紋センサー ×(Face ID) ×(Face ID)
コネクター Lightning Lightning USB-C USB-C USB-C
ディスプレイ
Apple Pencil 第1世代 第1世代 第2世代 第2世代 第2世代
Wi-Fi ac ac ax ax ax

※価格はすべてWi-Fiモデルの税別。Cellularモデルとの価格差は、Proシリーズで1万7000円、それ以外のモデルで1万5000円

※10.1インチに満たないiPad miniは唯一、Officeの編集機能が無料で利用可能

本記事では、上表をベースに各モデルを比較しながら、iPadの選び方を解説していきます。

性能をベンチマークアプリで比較

最初に性能から紹介します。今回は「Geekbench 5」というアプリでベンチマークを計測してみました。

最新のA14 Bionicを搭載するiPad Air 4の性能は、iPad Pro(11インチ)と引き分けといったところです。シングルコアでは上回っていますが、マルチコアではiPad Pro(11インチ)のほうが上です。また、iPad(第8世代)とiPad miniは基本的に同じ性能です。表でもわかるように、iPad Pro(11インチ)とiPad Air 4は、性能が一段上になります。

さらに、メモリの容量にも違いがあります。iPad Pro(11インチ)は約6GB、iPad Air 4は約4GB、iPad miniとiPad(第8世代)は約3GBです。

かなり差があるのですが、普通に使うぶんにはiPad(第8世代)やiPad miniが遅く感じることはありません。末永く使うと、上位の2モデルが快適に感じる期間が長くなるでしょう。また、複数のアプリを利用したり、動画の編集などをメインに使ったりする人は、iPad Air 4かiPad Pro(11インチ)がおすすめです。

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad(第8世代)

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad mini

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad Air 4

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad Pro(11インチ)

ディスプレイは価格なりに差がある

iPad Pro(11インチ)とiPad Air 4、iPad(第8世代)は、ディスプレイサイズがほとんど同じです。表示サイズや使い勝手の差はあまりありません。

しかし、iPad(第8世代)は低反射のコーティングがされず、またフルラミネーションディスプレイでもないため、大きく劣ります。ここが、iPad Air 4とiPad(第8世代)の大きな差になります。とにかく美しい画面でコンテンツを楽しんだり、写真を編集するなら、iPad Air 4がおすすめです。また、手書きにこだわりたい人も同様です。

iPad Pro(11インチ)は、さらに優れたディスプレイを搭載します。一段と明るくクリアで、反射防止コーティングも素晴らしい限りです。また、ProMotionテクノロジーを搭載し、画面の書き換えも高速になります。ゲームやブラウザなども気持ちよく表示し、手書きをしても反応の良さが違います。

ディスプレイは、価格なりの差があるわけです。

iPad おすすめ 選び方 比較

左のiPad(第8世代)は、右のiPad Pro(11インチ)に較べると画像が白っぽく感じる

iPad おすすめ 選び方 比較

左がiPad(第8世代)、右がiPad Air 4。正面から見ると、画質の差はさほど感じない

iPad おすすめ 選び方 比較

左がiPad Pro(11インチ)、右はiPad Air 4。明らかに左のiPad Pro(11インチ)が明るくくっきりしている。また額縁も細い

iPad おすすめ 選び方 比較

手前のiPad Pro(11インチ)は、下のiPad Air 4よりコーティングが優れていて反射が弱い

本体構成(センサー・コネクタ・カメラなど)の違いをチェック

iPad(第8世代)とiPad miniは、世代の古いデザインです。ホームボタンを搭載し、指紋センサーが利用できます。またイヤホン端子も採用し、充電はLightningになります。

iPad Pro(11インチ)とiPad Air 4は新しい世代のモデルで、ホームボタンがありません。iPad Pro(11インチ)は、指紋センサーを搭載せずFace IDでログインします。iPad Air 4は、本体の横にある電源ボタンが指紋センサーを兼用します。またこの2モデルは、USB-C端子で充電します。最も使いやすいのは、指紋センサーを搭載し、USB-C端子で接続できる最新のiPad Air 4です。

また、iPad Pro(11インチ)は4つのスピーカーを内蔵し、かなり良い音だと感じるでしょう。iPad Air 4、iPad(第8世代)、iPad miniは2スピーカーになり、音質はやや劣ります。

iPad Pro(11インチ)のみカメラは2眼になり、超広角が撮影できます。さらに、距離を計測するLiDARスキャナを搭載します。なお、iPad Air 4などは12メガピクセルですが、iPad(第8世代)は8メガピクセルになります。iPadで写真を撮る機会は多くないと思うかもしれませんが、書類のスキャンなどでも差が付きます。

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad(第8世代)とiPad miniはホームボタンを採用し、額縁が太い古いデザインだ

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad(第8世代)とiPad miniは端子もLightningになる

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad Air 4は、電源ボタンの位置にTouch IDを内蔵する

iPad おすすめ 選び方 比較

スピーカーはiPad Pro(11インチ)のみが4つになる

iPad おすすめ 選び方 比較

カメラの数もiPad Pro(11インチ)が2つだ

ストレージの容量ラインアップやWi-Fi規格も異なる

ストレージの構成も違っています。iPad(第8世代)は、最低が32GBと最も少ないストレージを採用しています。さすがに容量が厳しいので、これから買うなら128GBがおすすめです。

iPad Air 4とiPad miniは64GBからとなります。また、iPad Proは128GBが最低の容量です。64GB以上の容量は、自分の使い方に合わせて選べばよいでしょう。動画を編集するなら、256GB以上がおすすめです。

なお、iPad(第8世代)とiPad miniはWi-Fi 6に非対応なので、将来性がやや劣ります。

ProやAir 4は新しいアクセサリを使えるがコストはかかる

iPad Pro(11インチ)とiPad Air 4は、新しいタイプのアクセサリが使えます。Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioに対応し、ApplePencilも第2世代になります。どれも優れた最新のアクセサリですが、そのぶん価格も高くなります。

iPad(第8世代)は、Smart Keyboardが利用できるのでコストがやや抑えられます。また、iPad miniとiPad(第8世代)は第1世代のApple Pencilに対応します。

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad(第8世代)とiPad miniは第1世代のApple Pencilに対応

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad Air 4とiPad Pro(11インチ)は第2世代のApple Pencilが使える

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad Pro(11インチ)とiPad Air 4はMagic Keyboardが使える

iPad おすすめ 選び方 比較

iPad(第8世代)はSmart Keyboardが対応する

まとめ

iPad各モデルの重要な差は上記のような点になります。特にiPad Air 4とiPad(第8世代)で悩んだときは、性能や画質、アクセサリの違いを把握したうえで、予算を抑えたいなら後者を推奨します。少し予算に余裕があるなら、iPad Air 4が一番のおすすめ。末永く満足して使えるはずです。

iPad Pro(11インチ、12.9インチ)も素晴らしい製品で、現時点でもiPad Air 4との違いは少なくありません。とはいえ、高性能な新モデルの登場も予想されるので、現時点では手を出しづらいところです。

iPad miniはさらに難しい判断が必要です。性能を考えると、もう少し価格を下げてほしいのが本音です。とはいえ、新モデルが出るかどうかもわかりません。どうしてもコンパクトなiPad miniが必要なら、購入を検討する余地もあります。

本記事の内容に関連して、iPadの選び方を下記動画でもまとめています。ぜひご覧ください。

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部