LINE「リプライ」で引用返信する方法──通知の仕様やメンションとの違いなども解説

LINE「リプライ」で引用返信する方法──通知の仕様やメンションとの違いなども解説【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)には、特定のメッセージに対して返信できる「リプライ」機能があります。リプライを利用することで、誰のどのメッセージに対する返信なのか明確になるのが便利なポイントです。

本記事では、LINEのリプライのやり方に加えて、リプライとはどのような機能なのか、メンションとの違い、通知の仕様などについてわかりやすく解説します。

LINEの「リプライ」の意味とは? 通知はされる?

LINEのリプライとは、何のための機能なのでしょうか。「リプライ」の意味や「メンション」との違い、通知の仕様などを簡単に紹介します。

LINEのリプライは特定メッセージの引用返信

【LINE】リプライの意味

リプライ機能で返信したトーク

LINEのリプライ機能とは、トーク内で送受信した特定のトークに対して、引用するかたちで返信できる機能です。

グループトークでさまざまなメンバーのトークが行き交う中、1つのトークに対して返信したい場合などに活用できます。もちろん、1対1の個別トークでも利用は可能です。

【LINE】リプライの意味

リプライしたトークをタップすると、返信元のトークに一瞬で遡れる

LINEのやりとりは、基本的に直近のメッセージに返信し合うような形でおこなわれますが、リプライならすでに流れてしまった過去のメッセージを拾ってきて、個別に返信コメントを付けるようなスタイルでメッセージ送れます。リプライしたトークをタップすると、元のトークに遡ることができるのも特徴です。

LINEの「リプライ」と「メンション」の違い

【LINE】リプライとメンションの違い 【LINE】リプライとメンションの違い

リプライとメンションでは用途が違う

LINEのグループトークなどで特定の相手宛てにメッセージを送るには、「メンション」という機能もあります。メンションは「誰かを指名して話しかける」といったシーンで役立ちますが、相手のトークに対して返信するには不向きな機能です。

メンションを利用すると「@(ユーザー名)」と表示され、相手に通知が届きます(メンションの通知を届かないように設定することも可能)。

それに対してリプライは、過去のメッセージに返信する機能のため、用途がメンションとはやや異なります。返信された相手に特別な通知は届きませんが、通常のメッセージ通知は届きます。

リプライされても特別な通知は届かない

リプライされたメッセージを受け取ると、通常のメッセージと同じように通知が届きます。トークまたはLINEアプリ全体の通知をオフに設定していれば、リプライによる通知は届きません。

なお、リプライ以外のメッセージは通知を受け取り、リプライされたメッセージは通知を受け取らない、などといった設定はできません。

LINEのトークでリプライする方法

スマホ版LINE(iPhone/Android)とPC版LINEでリプライを利用する方法を解説します。また、リプライできる投稿とできない投稿、リプライできない原因についても紹介しています。

スマホ版LINEでリプライする【iPhone/Android】

スマホ版LINEでリプライを利用する方法はiOS版/Android版いずれも共通です。

【LINE】リプライの使い方(スマホ)

リプライ機能の使い方

最も簡単にリプライする方法は、返信したいトークを左にスワイプするというものです。

メッセージ入力部分の上部に選択したトークが表示されるので、通常のメッセージと同じ要領で入力・送信しましょう。

【LINE】リプライの使い方(スマホ)

また、返信したいトークを長押しして[リプライ]をタップするという方法もあります。

PC(パソコン)版LINEでリプライする

リプライ機能はスマホ版だけではなく、PC版LINEでも使用できます。

【LINE】リプライの使い方(PC) 【LINE】リプライの使い方(PC) 【LINE】リプライの使い方(PC)

左:返信したいトークを右クリック中:リプライする内容を入力右:リプライを送信

リプライしたいメッセージを右クリックし、一覧から[リプライ]をクリック。メッセージを送信すればリプライは完了です。

なお、テキストメッセージに限っては、ダブルクリックでもリプライできます。スタンプや絵文字をダブルクリックするとスタンプ・絵文字を選択する画面が開き(スタンプ・絵文字の場合はLINEストアが開く)、画像・動画をダブルクリックすると拡大表示されてしまいます。

リプライできる投稿とできない投稿

リプライ機能は、トークルームに投稿されたすべての種類のトークに対して使用できるというわけではありません。リプライ可能な投稿は以下の5種類です。

リプライできる投稿
  • テキストメッセージ
  • スタンプ
  • 絵文字
  • 画像(写真)
  • 動画

【LINE】リプライできる投稿・できない投稿 【LINE】リプライできる投稿・できない投稿

左:スタンプや画像(写真)にはリプライできる右:サムネイルなどはリプライできない

たとえばアルバム作成時やノート作成時に投稿されるサムネイルや、トーク退出時に出現する「○○が退出しました」というような表示にリプライすることはできません。

なお、上記5つのトークであれば、自分のトークに対して自分でリプライすることも可能です。

リプライできない原因は?【Android】

Android版LINEでリプライ機能を利用できない場合は、設定を見直してみましょう。

【LINE】リプライできない場合(Android)

「ホーム」タブの設定ボタン[]→[トーク]と進み、[スワイプでリプライ]にチェックが入っているかどうかを確認してみてください。

[スワイプでリプライ]にチェックが入っていないと、返信したいトークを左スワイプしてリプライする方法を利用できません。ただし、返信したいトークを長押しして[リプライ]をタップする方法は有効です。

LINEでリプライを取り消す方法

【LINE】リプライを取り消す

リプライするメッセージを間違えて選択してしまった場合、送信する前であればメッセージ入力部分の上部にある[×]ボタンをタップすれば取り消すことができます。

【LINE】リプライを取り消す(送信取消)

送信取消機能

リプライ送信後に取り消す場合は、「送信取消」機能を利用しましょう。取り消したいリプライを長押しし、[送信取消]を選択します。

iOS/Android版LINEいずれも操作方法は同様で、PC版LINEでも送信取消は可能です。送信から24時間が経過したリプライは取り消しできないので注意しましょう。

リプライ元のメッセージが送信取消されると?

【LINE】リプライを取り消す(送信取消)

リプライ元のメッセージが送信取消されると、「このメッセージはありません。」と表示されてしまいます。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.0、Android版10.16.0、PC版6.2.2.2293

EDITED BY AO