スマホの充電音を変更する方法、iPhone・Androidスマホそれぞれの設定手順を解説

スマホの充電音を変更する方法、iPhone/Androidスマホそれぞれの手順を解説

充電を開始するとき、iPhone・Androidスマホともに1秒ほどの効果音が鳴ります。この充電音、実は自分の好きな音に変更できるのです。お気に入りの効果音や音声、楽曲の一節を設定しておけば、充電時のたびに気分が上がるでしょう。

本記事では、iPhone・Androidスマホそれぞれで充電音を変更する方法を紹介します。自身の利用している端末に合わせて確認してください。

iPhoneで充電音を変更する方法

iPhone 充電音 変更

まずは、iPhoneで充電音を変更する手順を解説します。

iPhoneで充電音を変更する手順
  1. iPhoneをiOS 14にアップデートする
  2. 充電時に鳴らす音を「写真」アプリに保存しておく
  3. 最新の動画をエンコードするタグを作成
  4. 最新のビデオに収録されたサウンドを再生するショートカットを作成
  5. 充電器に接続したときに指定したサウンドが鳴るオートメーションを作成
  6. サイレントモードをオンにする(標準搭載の充電音を消す)

ざっくりいうと、ショートカットアプリの「オートメーション」機能を使って、特定の条件(充電器への接続)が満たされたとき、指定した動作(指定したサウンドを鳴らせる)をおこなう仕組みを作成していく流れとなります。

少し複雑な手順になるので、ゆっくり読みながら一つひとつ処理してみてください。

1. iPhoneをiOS 14にアップデートする

充電音の変更は、iOS 14を搭載しているiPhoneで使えるワザです。まだiOS 14を利用していない人は以下の記事を参考にアップデートしてください。

2. 充電時に鳴らす音を「写真」アプリに保存しておく

iPhone 充電音 変更

ショートカットアプリの仕様上、事前に充電時に鳴らしたい音を動画にして「写真」アプリに保存しておく必要があります。

このとき、充電音の変更が完了するまで動画がアルバムの一番最新(最後)の位置に配置されるようにしておくのがポイントです。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

左:音源などを再生する直前に「画面収録」ボタンをタップ右:必要な部分を切り取る

フリー音源や楽曲の一部を使いたい場合は、再生している場面を「画面収録」するのが便利です。この場合、無音の時間や余計な音が入らないように必要な部分を編集でトリミングしておきましょう。

もしくは、ペットや子どもの様子を「録画」してオリジナル音源として使うのもおすすめです。

3. 最新の動画をエンコードするタグを作成

iPhone 充電音 変更

iPhoneで充電音を変更するには、iOS 13から標準搭載されている「ショートカット」アプリを使用します。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

ショートカットアプリを開いたら、「マイショートカット」タブの[+]ボタンを押します。新規ショートカットの画面が表示されたら、[アクションを追加]をタップ。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

画面上部の検索窓に「ビデオ」と入力し、検出されたアクション一覧から[最新のビデオを取得]を選択します。「ビデオを取得」が設置できたら、[+]ボタンをタップ。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

検索窓に「メディア」と入力し、検出されたアクション一覧から[メディアをエンコード]をタップ。「メディアをエンコード」が設置できたら、[表示を増やす]部分をタップし、展開したメニューで「オーディオのみ」をオンにしてください。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

続いて、[+]ボタンを押します。検索窓に「Base」と入力し、検出されたアクションで[Base64をエンコード]をタップ。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

「Base64をエンコード」が設置できたら、画面右下にある再生ボタン[▶]をタップしてください。

文字列が表示されるので、共有ボタンLINEの共有ボタンを押して展開したメニューから[コピー]を選択します。

iPhone 充電音 変更

ここまでできたら、[キャンセル]をタップしてショートカットを削除してOKです。文字列のコピーさえ確実にできていれば、消してしまって問題ありません。

4. 最新のビデオに収録されたサウンドを再生するショートカットを作成

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

再び「マイショートカット」タブに戻るので、右上の[+]ボタンから[アクションを追加]をタップしましょう。

iPhone 充電音 変更

検索窓に「テキスト」と入力し、検出されたアクション一覧から[テキスト]をタップします。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

すると、文字入力の画面が表示されるので、先ほどコピーした文字列をペーストしてください。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

テキストの貼り付けができたら、[+]ボタンを押します。検索窓に「Base」と入力し、検出されたアクションで[Base64をエンコード]をタップ。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

「テキストをbase64でエンコード」が設置できたら、「エンコード」部分をタップ。展開したメニューで「デコード」にチェックを入れます。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

続いて、[+]ボタンをタップ。検索窓に「サウンド」と入力し、検出されたアクションで[サウンドを再生]をタップします。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

ここまでできたら[次へ]をタップ。充電音の識別名を入力し、[完了]を押してください。

5. 充電器に接続したときに指定したサウンドが鳴るオートメーションを作成

iPhone 充電音 変更

「オートメーション」タブを開いたら、[個人用オートメーション]を押します。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

新規オートメーション一覧から[充電器]を選択。「接続されている」にチェックが入っていることを確認し、[次へ]をタップします。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

[アクションを追加]をタップし、アクション一覧から[App]を選択。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

アプリ一覧から「ショートカット」アプリを選択し、展開したメニューで[ショートカットを実行]をタップします。

「ショートカットを実行」のアクションが設置できたら、[ショートカット]の部分をタップ。メニューから先ほど作成したショートカットを選択し、[次へ]を押します。

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

最後に、新規オートメーションの確認画面に移動するので、「実行の前に尋ねる」の項目をオフにして[完了]をタップ。

「オートメーション」タブに戻り、作成したオートメーションが表示されるはずです。これで、ショートカットアプリでの操作は終了です。

6. サイレントモードをオンにする(標準搭載の充電音を消す)

iPhone 充電音 変更

着信/サイレントスイッチ。サイレントモードがONになっている状態

このままでも充電時に指定した音が鳴りますが、同時に標準で搭載されている充電音も鳴ってしまいます。

端末の側面にあるサイレントモードスイッチをオン(オレンジの状態)にすると、標準で搭載されている充電音はオフになり、指定した音だけが鳴るようになります。

Androidスマホで充電音を変更する方法

Android 充電音 変更

続いて、Androidスマホで充電音を変更する方法を紹介します。Androidスマホの場合、iPhoneよりも手順はシンプルです。

Androidスマホで充電音を変更する手順
  1. 音源を端末内に保存・ダウンロードしておく
  2. 「MacroDroid」アプリをインストールする
  3. 「電源の接続」をトリガーに設定する
  4. 「サウンドの再生」をアクションに設定する
  5. 標準で設定されている充電音をオフにする

なお、本記事では、手元の4機種(記事末尾記載)で機能を検証し、Pixel 4aの画面で解説しています。

機種依存の設定や機能は利用しないので、「MacroDroid」アプリさえインストールできればどの機種・OSでも設定できるはずです。

1. 音源を端末内に保存・ダウンロードしておく

Android 充電音 変更

Androidスマホでは、端末に保存されている音源をファイルのまま(mp3など)、充電音として設定することができます。

事前に好みの音源ファイルをダウンロードしたり、録音アプリで録音したりして音源ファイルが端末に保存されている状態にしておきましょう。

2.「MacroDroid」アプリをインストールする

iPhone 充電音 変更

Androidスマホで充電音を変更するには、サードパーティ製の「MacroDroid(マクロドロイド)」アプリを使用します。

MacroDroidは、iPhoneの「ショートカット」アプリと同じようなデバイス自動化アプリ。数あるAndroid向け自動化アプリの中でもシンプルなUIでわかりやすく、日本語化されているので扱いやすいのが特徴です。まずは、以下からMacroDroidをインストールしましょう。

アプリ「MacroDroid」をダウンロード
MacroDroid

3.「電源の接続」をトリガーに設定する

iPhone 充電音 変更
iPhone 充電音 変更

MacroDroidアプリを起動します。チュートリアル画面は不要なら飛ばしましょう。

「ホーム」画面が表示されたら、左上の「マクロを追加」をタップ。トリガー項目の右端にある[+]ボタンを押します。

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

トリガーの一覧から[バッテリー/電源]を選択。展開したメニューで[電源の接続/切断]をタップしてください。

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

「電源に接続時」をにチェックを入れ、[OK]をタップ。続くオプション選択画面ですべての項目にチェックを入れて[OK]をタップします。

4.「サウンドの再生」をアクションに設定する

Android 充電音 変更

再びマクロの作成画面に戻るので、「アクション」項目の右端にある[+]ボタンをタップします。

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

アクションの一覧から[メディア]を選択。展開したメニューで[サウンドを再生/停止]をタップします。

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

サウンドの選択画面が表示されるので、「ファイルを選ぶ」を選択し[OK]をタップします。端末のファイルマネージャーが起動したら、充電開始時に鳴らしたい音源ファイルを選択してください。

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

最後にマクロ名を入力して、画面右下の確定ボタンをタップします。広告動画が流れたら、見終わってから広告画面を閉じてください。

「ホーム」画面に戻って「マクロ」タブを開くと、作成したマクロ名が表示されるはずです。これで「MacroDroid」アプリでの操作は終了です。

5. 標準で設定されている充電音をオフにする/サウンドモードに切り替える

Android 充電音 変更
Android 充電音 変更
Android 充電音 変更

(1):「設定」アプリで「音」もしくは「サウンドとバイブ」をタップ(2):「詳細設定」もしくは「システムサウンド」をタップ(3):充電時の音とバイブレーションをオフにする

端末の設定で「充電音」がオンになっていると、標準で搭載されている充電音とMacroDroidで設定した充電音が同時に鳴ってしまいます。上記の手順でデフォルトの充電音をオフにしておきましょう。

なお、MacroDroidで設定した充電音は「メディア音」と同じ扱いになるので、端末がマナーモード・サイレントモードだと鳴りません。「サウンドモード」にしてから充電器に接続してください。音量を調節したい場合は、端末横の音量ボタンでおこなえます。

検証端末:iPhone X(iOS 14.1)、Pixel 4a(Android 11)、Galaxy A20、AQUOS sense plus(Android 10)

EDITED BY
MOEGI