相性抜群、Appleデバイスで音楽を一気通貫で楽しみたい人におすすめの「Apple Music」

相性抜群、Appleデバイスで音楽を一気通貫で楽しみたい人におすすめの「Apple Music」

「Apple Music」は、Appleが提供している音楽サブスクリプションサービスです。Apple Musicの特徴は、iPhone標準アプリの「ミュージック」アプリから利用できる点です(Android端末にも対応)。

Apple Musicの利用を開始すると、iCloudミュージックライブラリと同期できるため、iTunes Storeで購入した楽曲やパソコンから転送した曲も含めてApple Musicの曲を楽しめるようになります。

おすすめポイント
  • 7000万曲以上をさまざまなApple製デバイスから再生できる
  • 自分好みの楽曲をすすめてくれる「今すぐ聴く」機能
  • 最新の音楽の検索やオリジナルのラジオ番組が楽しめる
詳しくはこちら

7000万曲以上をさまざまなApple製デバイスから再生できる

Apple Music

さまざまなApple製デバイスで利用できる

再生できる楽曲は7000万曲以上と、音楽配信サービスの中でもトップクラスの配信数を誇ります。サービス開始当初は“邦楽に弱い”というイメージがあったものの、今では邦楽のラインナップも充実しバランスよく提供されています。

iPhoneをはじめ、iPadやApple WatchなどApple製のデバイスなら簡単かつスムーズに音楽を聴けるのも嬉しいポイントです。同じApple IDでログインすれば、普段利用しているデバイスからお気に入りのプレイリストや音楽を聴けるので、かなり快適です。また、MacやWindows PCなどからも利用できます。

Apple Musicの使い方──料金プランから歌詞表示、ダウンロード、解約時の注意点まで

自分好みの楽曲をすすめてくれる「今すぐ聴く」機能

Apple Music Apple Music

左:最初に好きな曲のジャンルやアーティストを選ぶ右:選んだジャンルやアーティストに関連する楽曲が表示される

「今すぐ聴く」は、よく聴く音楽の傾向やジャンル、アーティストなどから、ユーザーの趣向に合わせた楽曲をAI(人工知能)が提案してくれる機能です。AIは、音楽の再生履歴やハートからユーザーの好みの傾向を分析していきます。

他にも、Apple Music上でフォローしている友達が聴く音楽や、Apple Musicがおすすめするプレイリストなども教えてくれます。いつも聴いている音楽に似た楽曲やおすすめの曲などが表示されるので幅も広がります。

気に入ったプレイリストがあれば、[+追加]をタップして「ライブラリ」に追加することもできます。事前にダウンロードしておくと、オフラインでの再生も可能です。

Apple Music Apple Music

J-Pop、歌謡曲などのメジャージャンルから、フィットネスやパーティー、スリープなど気分や状況に合わせたジャンルから楽曲を検索できる

また「検索」タブをタップすると、35種類のジャンルから音楽を探せます。レコメンド機能だけでなく、好みのジャンルの音楽を自分で探せるのも嬉しいところです。

最新の音楽の検索やオリジナルのラジオ番組が楽しめる

Apple Music Apple Music

Apple Musicがまとめたオススメのプレイリストなどが聴ける

最新の音楽や映像コンテンツをチェックできるのが「見つける」機能です。Apple Musicがセレクトした最新の楽曲や、ミュージックビデオ、ヒットチャート、映画など話題の楽曲を確認できます。手っ取り早く最近のトレンドを知りたいときにはこの機能が便利です。

また、日本を含めた世界各国の「デイリートップ100」や、まもなくリリースとなる曲も「見つける」から探すことができます。

Apple Music Apple Music

多彩なラジオ番組が用意されている。基本的にラジオは英語だ

音楽だけでなく、世界各国のラジオを聴くこともできます。「ラジオ」には、えり抜きのアーティストに迫った世界的に有名なラジオステーション「Apple Music 1(旧Beats 1)」、1980~2000年代の人気ヒット曲を中心に取り上げた「Apple Music Hits」、カントリーミュージック専門の「Apple Music Country」の3種類のラジオ番組が用意されています。

ラジオ配信のほか、それぞれの番組のコンセプトに合った楽曲のプレイリストなども登録されており、[+追加]をタップすればライブラリに追加することも可能です。ほとんどが洋楽ですが、最新の楽曲をチェックしたいときなどには便利です。

詳しくはこちら

iOS 14で検証し、レビューしています。

EDITED BY TOKIWA