開けない? AndroidスマホでPDFを読む方法──おすすめビューワーアプリも紹介

PDFファイルを開くにはビューワーアプリが必要

AndroidスマホでPDFファイルを読むには、「Googleドライブ」や「Adobe Acrobat Reader」などのビューワーアプリを利用するのが基本です。しかし、様々な原因でPDFが開けないことがあります。

この記事ではAndroidスマホでPDFを開く方法や、開けないときの原因と対処法について解説します。

AndroidスマホでPDFを開けない原因は?

AndroidスマホでPDFファイルが開けないときの原因はさまざまで、特定するのは難しいことも少なくありません。ここでは、考えられる主な原因と対処法を挙げているので、当てはまりそうなものを試してみましょう。

デフォルトのアプリ(常に開くアプリ)が違う

PDFファイルを開く際に使用するデフォルトアプリを変更してみましょう。PDFファイルによっては、ビューワーアプリを別のアプリに変更することで開くことがあります。

【Android】PDFを開けない要因(デフォルトのアプリ)

今回は「Googleドライブ」のデフォルトアプリ設定を解除したいので、ホーム画面に設置しているGoogleドライブのアイコンを長押し。展開されたメニューの[i]ボタン、もしくは[アプリ情報]をタップします。

【Android】PDFを開けない要因(デフォルトのアプリ)
【Android】PDFを開けない要因(デフォルトのアプリ)
【Android】PDFを開けない要因(デフォルトのアプリ)

続いて[デフォルトで開く]→[デフォルトの設定をクリア]の順にタップ。これでデフォルトアプリが解除されたので、PDFファイルを開く際に任意のアプリを選択してください。

デフォルトアプリの解除方法など、詳しくはこちらの記事で解説しています。

PDF以外の拡張子を開こうとしている

PDFファイルがPDF以外の拡張子になっている場合、PDFファイルであっても開くことはできません。確実にPDFファイルであることがわかっているなら、拡張子を変更することで開く可能性があります。

【Android】PDFを開けない要因(拡張子)
【Android】PDFを開けない要因(拡張子)

Googleのファイルマネージャーアプリ「Files」で確認してみると、PDFファイルは画像ファイル(JPEG)として認識されています。本来はPDFファイルなので、この状態だと開くことはできずにファイルの内容を確認できません。

【Android】PDFを開けない要因(拡張子)
【Android】PDFを開けない要因(拡張子)
【Android】PDFを開けない要因(拡張子)

拡張子を変更したいファイルのメニューボタン​をタップ。メニューの[名前を変更]を選択し、拡張子の部分を「.jpg」から「.pdf」に変更して[OK]をタップします。

「ファイル拡張子を変更しますか?」と表示されたら、[名前を変更]をタップしてください。

【Android】PDFを開けない要因(拡張子)
【Android】PDFを開けない要因(拡張子)

続けて変更後のファイルをタップして、PDFを開いてください。拡張子が正常になったことで、PDFを開けるようになっているはずです。

PDFファイルが破損している

PDFファイルなのに開けない場合、ファイル自体の破損が考えられます。ネットやメールからダウンロードしたPDFなら、通信環境などの理由でダウンロード中に破損した可能性があります。再度ダウンロードをおこない、PDFが開けるか確認してみましょう。それでも開けない場合、前述のデフォルトアプリの変更も試してください。

再ダウンロードやデフォルトアプリの変更を試しても開けないときは、提供元が破損した状態でPDFファイルをアップロードしている可能性があります。

PDFの閲覧に対応しているアプリをインストールしていない

AndroidスマホでPDFファイルを開けない場合、そもそもPDFファイルに対応しているアプリをインストールしていない可能性があります。後述するPDF対応アプリをインストールしてみてください。

AndroidスマホでPDFファイルを開く方法

PDFに対応するビューワーアプリをインストールすると、AndroidスマホでもPDFファイルを閲覧できるようになります。

専用のビューワーアプリが必要

本記事では、多くのAndroidスマホでプリインストールされている「Googleドライブ」と、PDFビューワーアプリの鉄板である「Adobe Acrobat Reader」を紹介します。

Googleドライブ

【Android】ビューワーアプリ(Googleドライブ)
【Android】ビューワーアプリ(Googleドライブ)

「Googleドライブ」のアプリ版には簡易的なビューワーが備わっており、PDFを閲覧するだけなら十分です。Googleドライブ内のPDFファイルだけでなく、端末内に保存しているPDFファイルも閲覧できます(方法は後述)。

アプリ「Googleドライブ」をダウンロード

Adobe Acrobat Reader

【Android】ビューワーアプリ(Adobe Acrobat Reader)
【Android】ビューワーアプリ(Adobe Acrobat Reader)

Adobeが提供する「Adobe Acrobat Reader」は、代表的なビューワーアプリです。閲覧はもちろん、無料版でもテキストや注釈の追加といった編集が可能です。

有料版にアップグレードすると、PDFの統合や書き出しといった高度な編集機能も利用できます。PDFを閲覧する機会が多い人は、インストールしておくと重宝しそうです(使い方は後述)。

アプリ「Adobe Acrobat Reader」をダウンロード

ビューワーアプリでPDFを読む方法

「Googleドライブ」と「Adobe Acrobat Reader」それぞれにおいてPDFを読む方法を紹介します。

「Googleドライブ」でPDFを読む

【Android】GoogleドライブでPDFを読む

Googleドライブに保存されたPDFファイルは「ファイル」タブに格納されており、閲覧したいPDFファイルをタップすると開きます。

【Android】GoogleドライブでPDFを読む(フォルダ作成)
【Android】GoogleドライブでPDFを読む(フォルダ作成)

「ファイル」タブに保存するデータが増えてきたら、フォルダを作成して管理するといいでしょう。

画面右下の[+]ボタン→[フォルダ]からフォルダを作成すれば、PDFファイルも含めて他の保存データもすっきり整理できます。

【Android】GoogleドライブでPDFを読む(SDカード)

SDカードに保存されているPDFファイルを選択

【Android】GoogleドライブでPDFを読む(SDカード)

使用するアプリでGoogleドライブを選択

端末のストレージやSDカードに保存しているPDFファイルは、「Files」などのファイルマネージャーアプリを利用して、PDFが格納されているフォルダにアクセスしてください。

PDFファイルをタップし、アプリの選択画面が表示されたらGoogleドライブを選択しましょう([1回のみ]または[常時]などを選択)。

「Adobe Acrobat Reader」でPDFを読む

【Android】Adobe Acrobat ReaderでPDFを読む(会員登録)
【Android】Adobe Acrobat ReaderでPDFを読む(会員登録)
【Android】Adobe Acrobat ReaderでPDFを読む(会員登録)

ホーム画面の「ファイル」タブから[このデバイス上]を選択。ストレージへのアクセスを許可すると、SDカードを含む端末内のPDFファイルが自動的に取り込まれます。ストレージへのアクセス許可後、端末内のPDFファイルが表示されない時はアプリの再起動を試してください。

【Android】Adobe Acrobat ReaderでPDFを読む(会員登録)

閲覧したいPDFファイルを選択

【Android】Adobe Acrobat ReaderでPDFを読む(会員登録)

テキストや注釈の追加も可能

PDFファイルの一覧から、閲覧したいPDFファイルをタップすると開きます。編集可能なPDFファイルの場合、テキストや注釈の追加が可能です。PDFの結合や回転といった編集を利用したい場合、有料版へのアップグレードが必要です。

検証バージョン
AQUOS sense4 plus
Android
12
Googleドライブ
Android
2.22.437.0.alldpi
Adobe Acrobat Reader
Android
22.10.0.24437
EDITED BY
AO