Twitterでリプライ(返信)を非表示にする方法──相手にバレるかなども解説

見たくない“クソリプ”を非表示に

Twitterで他人から心無いリプライ(いわゆる“クソリプ”)を受け取って、不快な思いをした経験がある人は少なくないでしょう。そんなリプライは非表示にしてしまえば、目にすることもなくなります。

本記事では、Twitterでツイートへのリプライ(返信)を非表示にする方法や、その解除方法を紹介。リプライ非表示にすると相手にバレるか、他人も見られなくなるのかなどについても解説しています。

Twitterリプライ非表示機能の使い方

自分が投稿したツイートに対して相手から不快なリプライ(返信)が届いたとき、それを非表示にできます。反対に、隠したリプライを再表示することも可能です。

iOS版アプリで解説していますが、Android版アプリでも操作方法は同様です。

リプライを非表示にする方法

まず相手のリプライを表示させ、iOS版アプリなら​ボタン、Android版アプリなら​ボタンをタップ。[返信を非表示にする]をタップすれば完了です。これで相手のリプライが非表示となりました。

このとき、相手をブロックするかどうかも尋ねられます。[ブロック]を選択しなくても、リプライは非表示されます。

非表示にしたリプライを見たいときは、リプライ非表示アイコンをタップすると確認できます。

ツイート前なら「リプライ制限」機能を使う

リプライ非表示とよく似た「リプライ制限」という機能もあります。

リプライ制限の使い方

リプライ制限はツイートを投稿する前にリプライできるユーザーを「全員」「フォローしているアカウント」「@ツイートしたアカウントのみ」から選べます。

  • リプライ非表示:投稿したツイートに届いたリプライを非表示
  • リプライ制限:ツイートの投稿前にリプライできるユーザーを制限

リプライ非表示はツイート投稿後、リプライ制限はツイート投稿前に設定する機能です。知らないユーザーからのリプライを受け取りたくない場合は、あらかじめリプライ制限を設定しておくのがおすすめです。

リプライ非表示を解除する

リプライ非表示を解除し、もう一度表示させることも可能です。

リプライ非表示ボタンをタップすると、非表示にしたリプライが一覧表示されます。

iOS版アプリなら​ボタン、Android版アプリならボタンをタップし、[返信の非表示を解除]をタップ。これでリプライ非表示​が解除され、再表示されます。

リプライの非表示に関するよくある疑問と答え

Twitterのリプライ非表示について、よくある疑問とその答えをまとめています。

リプライを非表示にしたら他人も見られなくなる?

リプライを非表示にしても、他ユーザーがリプライを見ることはできます。

たとえば、AさんがBさんからのリプライを非表示にしても、CさんはBさんのリプライを見ることができます。

第三者(上記の例ではCさん)がツイートを表示した際、一見するとリプライが非表示になっているように見えます。

ただ、リプライが非表示にされたツイートは、リプライ非表示アイコンが表示されるので、これをタップすることで当該リプライを見られるようになります。

リプライを非表示にしたら相手にバレる?

リプライ非表示すると、相手に気付かれる可能性があります。

相手(リプライしたユーザー)がリプライ元のツイートを見れば本来は自身のリプライが表示されますが、リプライを非表示にされるとそれが表示されません。リプライ非表示アイコンが表示されているのもわかります。

(リプライが非表示にされたことの)通知などは届かないため、相手がリプライ元のツイートを見返さなければ気付かれることはありませんが、表示の変化からバレてしまう可能性は高いでしょう。

自分から自分へのリプライも非表示にできる?

自分から自分へのリプライは非表示にできません。

非表示にできるのは、他ユーザーから自分に対するリプライのみです。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.77.1
Twitter
Android
9.6.0-release.01
EDITED BY
AO