Twitterでパスワードを忘れたときの変更方法 確認できないのでリセットして再設定

リセットできないときの対処法も

Twitterアカウントへのログイン時などに入力するパスワードを忘れてしまった場合、そのパスワードの確認はできません。登録済みパスワードをリセットし、再設定する必要があります。

本記事では、ツイッターでパスワードを忘れたときの変更(リセット・再設定)方法をはじめ、リセットできない場合の対処法などを解説します。

Twitterのパスワードを忘れたときにリセット・再設定する方法

Twitterのパスワードを忘れてしまったら、それを確認する手段はなく、リセットして再設定をおこないます。まったく新しいパスワードに変更するというわけです。ここでは、一連のパスワード変更手順を解説します。

iOS版アプリで解説していますが、Android版アプリでも操作手順は同様です。

  1. ログイン画面などからパスワードのリセットページにアクセス

    Twitterのログイン画面で[ログイン]をタップしたら、[パスワードを忘れた場合はこちら](もしくは[パスワードをお忘れですか?])を選択してリンク先に進んでください。

    なお、パスワードのリセットページへは下記リンクからもアクセスできます。

  2. 電話番号/メールアドレス/ユーザー名を入力してアカウントを検索

    パスワードをリセットしたいアカウントを検索します。

    電話番号/メールアドレス/ユーザー名のいずれを入力し、[検索]をタップしてください。

  3. 認証コードの送信先を選択する

    認証コードの送信先を選択します。電話番号とメールアドレスの両方が設定されていれば、いずれか好きなほうを選択できます。なお電話番号を選ぶと、SMSで電話番号宛てに認証コードが届きます。

    送信先を選択したら[次へ]をタップしてください。

  4. 受信した認証コードを入力する

    電話番号を入力した場合

    メールアドレスを入力した場合

    電話番号(SMS)またはメールアドレスのうち、選択したほうに6桁の認証コードが届きます。

    電話番号を入力した場合

    メールアドレスを入力した場合

    「携帯電話番号を確認する」あるいは「メールアドレスを確認する」の画面に、受信した認証コードを入力して[認証する]をタップしましょう。

  5. 新しいパスワードを設定する

    新しく設定するパスワードを2回入力します。予測されやすかったり短すぎたりするパスワードは設定できないことがあります。なるべく複雑で忘れにくいパスワードを入力しましょう。

    [パスワードをリセット]をタップし、パスワード変更の理由を答えたらパスワードのリセット・再設定は完了です。

パスワードを忘れて変更する際によくある問題と解決策

Twitterのパスワードを忘れてリセット・再設定するにあたり、よくある問題とその対処法についてまとめています。

パスワードリセット用のメールが届かない?

パスワードが有効かどうかを確認する警告メッセージが表示された場合、メール配信に問題が生じている可能性があります。

メール通知設定に問題が生じた場合の警告メッセージ

メール通知の設定内容次第では、パスワードリセットのメールが届かない場合があるようです。

メール(アドレス)の再確認など、詳しいトラブルシューティングはTwitterのヘルプページを参照してください。

電話番号を登録していない場合はどうする?

電話番号を登録していなくても、ユーザー名またはメールアドレスがわかれば、パスワードをリセットできます。

どの電話番号/メールアドレスを登録したか忘れてしまった場合は、ユーザー名(@〜)を入力しましょう。

登録済みの電話番号/メールアドレスの一部だけ表示されるので、これを手がかりにしてください。

どうしてもパスワードをリセットできないときは?

どうしてもパスワードをリセットできない場合、Twitterのサポートに問い合わせてみましょう。

以下の問い合わせフォームから必要情報を入力して送信してください。Twitterのサポートから対応してもらえる可能性があります。

ただし問い合わせからといって、必ずパスワードをリセットできるという確証はない点には留意してください。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.83.2
Twitter
Android
9.11.0-release.00
EDITED BY
AO