iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新 使い方を解説

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新 設定方法も解説

Image:Twitter

iOS版Twitterの表示モードが、「夜間モード」機能から「ダークモード」機能に刷新されました。

アイコンは従来の月型から電球型に変更。画面の配色が「ダークブルー」と「ブラック」の2種類から選択できるようになったほか、「自動ダークモード」機能も追加されています。

本記事では、ダークブルーとブラックの違いや自動ダークモード機能の効果、ダークモード機能の設定方法を詳しく解説します。

「ダークブルー」と「ブラック」の違い

夜間モードからダークモードに刷新されたことで、以前の夜間モードと同様の配色である「ダークブルー」に加え、より黒い配色である「ブラック」を選択できるようになりました。

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新 iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新

左:ダークブルー右:ブラック

ダークブルーはこれまでの夜間モードとほぼ同じ背景色で、暗い青を基調とした配色です。これまで夜間モードを利用していたユーザーにとっては、慣れ親しんだ色味ではないでしょうか。

一方のブラックは、ダークブルーと比べてより暗く表示できるようになった「真のダークモード」と呼べる配色です。暗い場所での目の疲労が軽減される可能性があるだけでなく、有機ELディスプレイを搭載しているiPhone X/XSなどのユーザーにとってはスマホのバッテリーが長持ちすることも期待できます。

「自動ダークモード」機能が追加

これまでの夜間モードにはなかった自動ダークモード機能も新たに追加されています。

自動ダークモードを有効化すると、日没時にダークモードが自動でオンになり、夜明け時にオフになります。

ダークモードの設定方法

ここではダークモードに切り替える方法、ダークブルーとブラックの配色を変更する方法について解説します。また、ダークモードの切り替えにはショートカットもあるので、あわせて紹介します。

ダークモードに切り替える

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新

[電球アイコン]をタップすればダークモードに切り替えられる

ダークモードに切り替えるには、タイムラインを右にスワイプしてメニューを表示し、左下に表示されている[電球アイコン]をタップするだけです。

これまでの夜間モード切り替え方法と同様で、アイコンの形が月型から電球型に変わったのみです。

ダークブルー/ブラックを切り替える

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新 iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新

[設定とプライバシー]→[画面表示とサウンド]と進む

ダークモードの配色を切り替えるには、タイムラインを右にスワイプしてメニューを開き、[設定とプライバシー]から[画面表示とサウンド]を選択します。

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新 iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新

[ダークモード]をオンにするとダークブルーかブラックを選択できる

[ダークモード]をオンにすると、[ダークブルー]と[ブラック]の選択メニューが表示されます。あとは、いずれかの項目をタップすれば、色を切り替えられます。

表示モードの設定変更にはショートカットも

表示モードの設定変更には、ショートカットが用意されています。ショートカットを利用すれば、わざわざ設定メニューを開く必要もなく簡単に切り替えられて非常に便利です。

iOS版Twitter、夜間モードを「ダークモード」に刷新

左下の[電球アイコン]を長押しでショートカット

ショートカットの利用はかんたん。[電球アイコン]を長押しすると「表示モード」メニューが表示されます。ここでは[ダークモード]のオン/オフを切り替えられるほか、[ダークブルー]と[ブラック]の配色変更も可能。[自動ダークモード]も設定できます。

EDITED BY AO