Twitterでツイートの予約投稿・下書き保存をする方法

ブラウザ版Twitterでツイートの予約投稿と下書き保存機能が使用可能に

Twitter(ツイッター)で新たに、指定した日時にツイートできる「予約投稿」機能と「下書き保存」機能が実装されました。これまでサードパーティのアプリでしか対応していなかった機能が、公式のTwitterで使用できるようになります。

本記事では、Twitterで予約投稿と下書きの作成方法を解説します。ただし、現時点で予約投稿ができるのはウェブ版Twitter(デスクトップ・モバイル)のみで、スマホアプリには対応していません。

指定した日時にツイートを予約投稿する方法

まずは、ウェブ(ブラウザ)版のTwitterで予約投稿したいツイートを作成してください。

ツイート 予約投稿 ツイート 予約投稿

ツイートの作成ができたら、ツイート入力欄の下にあるカレンダーのマークをタップします。すると、予約投稿の日時設定画面に遷移するので、希望の日時を設定しましょう。

予約投稿の日時設定が完了したら[確認する]をタップし、ツイートの予約は完了です。

ツイート 予約投稿 ツイート 予約投稿

予約投稿を設定したツイートを編集したいときは、ツイート作成画面の[未送信ツイート]をタップしましょう。

「予約済み」タブに予約をしているツイートの一覧が表示されるので、編集したいツイートを選択して内容や日時設定の変更をおこなってください。

ツイートの下書きを保存する方法

ツイート 下書き保存 ツイート 下書き保存

作成途中のツイートを下書きとして保存したい場合は、ツイート作成画面で[←]をタップ。続いて「ツイートを保存しますか?」のメッセージに[保存]を選択すればOKです。

ツイート 下書き保存 ツイート 下書き保存

下書きとして保存したツイートを編集または投稿したいときは、ツイート作成画面の[未送信ツイート]をタップします。

「下書き」タブに下書きとして保存したツイートの一覧が表示されるので、タップすると内容の編集やツイートの投稿ができます。

EDITED BY TOKIWA