Twitterでログイン認証(2段階認証)を設定する方法【iPhone/Android】

Twitterでログイン認証(2段階認証)を設定する方法【iPhone/Android】

Twitterでは、アカウントのハッキング(乗っ取り)被害に遭わないようセキュリティの強化を呼びかけています。中でもログイン認証(2段階認証)はTwitterが推奨する対策のひとつです。本記事では、Twitterアプリからログイン認証を設定する方法について解説します。

Twitterで「ログインできない」「パスワードを忘れた」時の対処法まとめ【iPhone/Android/PC】

ログイン認証(2段階認証)とは?

ログイン認証は、2段階認証とも言われるセキュリティの設定方法です。アカウント名とパスワードによる通常のログインに加えて、自身のスマホに送信されるワンタイムパスワードを入力します。通常のパスワードとワンタイムパスワードを2度入力するため、よりセキュリティを強化することができます。

ログイン認証の設定方法

iOS版アプリ、Android版アプリいずれも設定方法はほぼ同じです。手順は次の通りです。

1.「設定とプライバシー」を選択

Twitter ログイン認証 設定方法1

ホーム画面の左上にあるプロフィールアイコンをタップし、メニューから[設定とプライバシー]を選択します。

2.セキュリティ設定

Twitter ログイン認証 設定方法2 Twitter ログイン認証 設定方法3

「設定とプライバシー」を開いたら[アカウント]→[セキュリティ]の順に進みます。

3.ログイン認証をオンに設定

Twitter ログイン認証 設定方法4 Twitter ログイン認証 設定方法5

「セキュリティ」の設定画面で[ログイン認証]を選択し、次の画面でログイン認証をオンに設定します。iOS版アプリの場合は画面下に「確認」が表示されるのでタップします。Android版では「確認」は表示されず、次の画面に遷移します。

4.電話番号に認証コードを送信

Twitter ログイン認証 設定方法6 Twitter ログイン認証 設定方法7

「ログイン認証の仕組み」と表示された画面で[始める]をタップ。Twitterに電話番号を設定てしいない場合は自身の電話番号を追加し、[コードを送信]をタップするとショートメッセージで認証コードが送られてきます。

5.認証コードを入力

Twitter ログイン認証 設定方法8 Twitter ログイン認証 設定方法9

ショートメッセージで送信されてきた6桁の認証コードを入力し、[送信]をタップします。これで2段階認証設定は完了です。

バックアップコードの取得

ログイン認証の設定が完了すると、バックアップコードを取得することができます。バックアップコードを取得することで、スマホを紛失した際や電話番号を変更した際でもTwitterにログインすることが可能です。スクリーンショットを撮ってスマホ以外の端末に保存するなどして保管しておくと安心です。

Twitter ログイン認証 バックアップコード1 Twitter ログイン認証 バックアップコード2

ログイン認証を設定したことで、次回ログインする際、アカウント名とパスワードの入力後にショートメッセージでログイン認証コードが送信されます。認証コードを入力するとログインできます。パスワードとログイン認証コードの二重になるため、セキュリティはより安全になります。

なお、Twitterはアカウントのセキュリティを保護するために、ログイン認証の他にも推測されにくいパスワードを使用する、パスワードの入力画面がフィッシングサイトではなく「twitter.com」であるかどうかを確認するなどの注意喚起を行っています。

EDITED BY AO