コンピュータの父と言われる男の知られざる苦悩と功績を描く──映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

2019-01-27 12:16
記事タイトルとURLをコピーする

コンピュータの父と言われる男の知られざる苦悩と功績を描く──映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

現代はコンピュータが日常的になった時代です。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は、そんなコンピュータの礎を築いた人物についての物語です。

この映画の主人公は、イギリスの数学者であるアラン・チューリング。コンピュータ科学や人工知能の父とも言われる人物です。第二次世界大戦中、チューリングがナチスドイツの暗号「エニグマ」の解読に挑んだ事実を中心に、同性愛者として訴追された苦難にもスポットを当てています。

コンピュタータ科学の基礎となった仮想モデル「チューリングマシン」に名を残すなど、今日のコンピュータ社会の発展は彼なくしてはあり得なかったでしょう。しかし、彼の人生は非常に困難に満ちたものでした。戦争中の暗号解読という作業は超重要機密なため、彼の功績は表には発表されず、さらに同性愛は違法とされていた時代でもありました。映画はそんな彼の知られざる功績と苦悩にフォーカスした人間ドラマです。

人間には解読不可能な暗号をマシンの力で解読

イギリスがドイツに宣戦布告した1939年。アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、ブレッチリー・パークに新設された、ナチスの暗号「エニグマ」解読チームに加わります。変人として知られるチューリングは協調性がまったくなく、他のメンバーが手動で計算しながら暗号解読に挑戦するなか、1人で暗号解読装置の設計に勤しみます。開発費捻出のためチャーチルに直筆の手紙を送り、チューリングがメンバーの責任者に任命され、新メンバーも募集。その中には女性のジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)もいました。女性が男性に混じって働くことが困難だった時代ですから、ジョーンの両親はチームに加わることに反対しますが、類まれな計算能力を持つ彼女の力を必要とし、様々な便宜をはかります。

偏屈で協調性のないチューリングは責任者としてメンバーをまとめることができていませんでしたが、そこをジョーンが上手く取り持ち、メンバーは一丸となって暗号解読に取り掛かります。そして、ついに暗号解読装置「クリストファー」が完成するのですが、組織内にソ連のスパイがいることが発覚し、事態は複雑になっていきます。

さらには暗号解読したことがナチスにバレてしまうと、暗号を変更されてしまうのでゼロからやり直すことになります。チューリングたちは、暗号解読したことをナチスにバレずに情報を選別しながら戦争終結のために奔走します。ナチスの作戦を事前に察知しながらも、時には自軍を見捨てなくてはならない葛藤を抱えながら、彼らの暗躍によって多くの命が救われ、戦争の早期集結に多大な貢献を果たしました。

チューリングはどんな時も感情よりも論理的思考を優先する人物でした。ときにそれは冷酷な印象を与えるのですが、その論理的な知性があって初めてなし得た暗号解読の偉業であり、それが戦争でより多くの命を救うことにつながっているのです。

ゲイとしての苦難

戦争終結に多大な貢献をしたチューリングですが、暗号解読などの諜報任務は超重要機密であるため、彼の功績は長い間、公にされませんでした。彼のコンピュータ科学の理論は一部の人間には支持されていたものの、世間は彼の活躍を知ることなく、社会的に正当な評価を得ているとは言い難いものでした。

さらに、同性愛者であったことが彼の人生をより難しくしていました。映画は大戦中と50年代、彼の少年時代の3つの時代を行き来しながら、同性愛者としてのチューリングの苦悩を描いています。少年時代に想いを寄せたクリストファーは結核で亡くなり、行き場の失った想いをだれにも相談できずに成長しなくてはなりませんでした。彼はジョーイと結婚しますが、自分の性的志向を偽っていることに葛藤します。ジョーイは打ち明けられた時も平然としており、自分たちなりの新しい夫婦のあり方を見つけようとまで言ってくれるのは感動的ですが、その後別れることになり、50年代には同性愛の罪で訴追され、ホルモン治療を受けさせられます。最後にはその治療の苦しさから自殺してしまいます。イギリス政府がチューリングに対する仕打ちを正式に謝罪したのは、2009年になってからのことです。

現在のコンピュータ時代は彼無くしてはあり得なかったでしょう。近年になって彼の功績は再評価され、1999年には「タイム」誌の「20世紀最も影響力のあった100人」にも選出されています。

彼の論理的思考は常に他者よりも先の未来を見通していました。1人の偉大な人物の伝記ものというだけでなく、現代社会がどのような知性に支えられているのかに思いを馳せる実に含蓄深い作品です。そして、同性愛者の苦悩や、ジョーイに代表される女性たちの社会における扱われ方など、現代の我々が観ても、多くの示唆に富んでいる見事な作品です。

動画配信サービスの「Hulu(フールー)」と「dTV」と「Amazonプライム・ビデオ」(2018年1月31日まで)では、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』が見放題です(2019年1月26日時点)。

構成・文:杉本穂高

編集:アプリオ編集部