サッカー日本代表のW杯最終予選をネットで視聴する方法 ライブ配信のスケジュールをチェック

アウェイ戦はDAZNが独占配信、スケジュールや視聴方法は?

今年カタールで開催されるワールドカップ(W杯)に出場すべくアジア最終予選を戦うサッカー日本代表の試合をライブで視聴したいという人も多いでしょう。

ワールドカップ最終予選における日本代表のアウェイ戦はスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」(ダゾーン)が独占配信しています。つまり、ホームでの試合は地上波でも視聴できますが、アウェイでの試合は地上波での放送がないため、DAZNに加入するしかないというわけです。

本記事では、サッカー日本代表のワールドカップ最終予選におけるDAZNの配信スケジュールやDAZNの視聴方法などを紹介します。

DAZNで視聴できるサッカー日本代表のスケジュール

【DAZN】日本代表アウェイ戦独占配信

2021年8月にアジアサッカー連盟(AFC)がDAZNと8年間の長期契約を締結したことにより、ワールドカップアジア最終予選や2023年に開催されるアジアカップなどはDAZNで日本代表の試合を視聴できるようになりました。

日本代表の試合は、ホーム戦は地上波と並列して配信されますが、アウェイ戦はDAZN独占配信となります。つまり、ホーム戦は地上波のTV放送で視聴できても、アウェイ戦は地上波の放送がないためDAZNに加入しなければ視聴できないということになります。

DAZNで視聴できる日本代表のワールドカップ最終予選の配信スケジュールは、以下の通りとなっています。

 
キックオフ日程(日本時間) 対戦カード ホーム/アウェイ 配信
3月24日(木)18時10分 オーストラリア vs 日本 アウェイ DAZN独占
3月29日(火)19時35分 日本 vs ベトナム ホーム DAZN・地上波

※キックオフ時間は日本時間で表記

なお、DAZNではJリーグ(J1・J2・J3)の全試合をライブ配信しているほか、英プレミアリーグ、イタリア・セリエA、スペイン・ラリーガ、ベルギーリーグなど欧州各国のリーグ戦も視聴可能。さらにプロ野球やF1、Bリーグなどのスポーツコンテンツも充実しています。

DAZNでサッカー日本代表の試合を観るには?

DAZNに加入する際は、以下のリンクから登録しましょう。

基本プランであるDAZNには無料体験期間はありませんが、DAZN for docomoであれば31日間の無料体験期間があります。DAZN for docomoはドコモユーザーでなくても、dアカウントさえあれば誰でも加入できます。

DAZN for docomoの31日間の無料体験は2022年4月17日で終了しました。

また、DAZNの視聴料金は月額3000円(税込)ですが、DAZN for docomoなら月額1925円で利用できます(4月17日までに加入したユーザーが対象)。そのほか、DAZNをお得に利用する方法は以下の記事を参照してください。

【2022】DAZNの新料金・割引まとめ──値上げでもお得に利用するには?

DAZN for docomo 無料登録
DAZN for docomo 無料登録
DAZN for docomo 無料登録

DAZN for docomoを無料登録するには、上記リンクをタップして[初めての方は初月無料でお試し]→[ログイン]の順にタップ。dアカウントのIDとパスワードを入力してログインし、支払い方法などを設定してください。

DAZNに加入するメリットは?

日本代表のアウェイ戦はDAZN独占配信ですが、ホーム戦であれば地上波でも放送されます。つまりワールドカップ最終予選の残り4試合のうち、オーストラリア戦を除く3試合はDAZNに加入しなくても視聴できるのです。

では、わざわざDAZNに加入する理由はあるのでしょうか。その理由は主に以下の3つが挙げられます。

DAZNに加入するメリット
  1. 見逃し配信がある
  2. 裏チャンネルで豪華ゲストの解説を聞ける
  3. 日本代表以外のサッカーの試合や、サッカー以外のスポーツも視聴できる

 「仕事で試合を見逃してしまった」「もう一度試合を見たい」という人は、DAZNの見逃し配信が便利です。DAZNなら好きな時にいつでも何度でも視聴できます。また、裏チャンネルもDAZNならではの企画。いわゆる「実況と解説」ではなく、日本代表OBらによる独自分析を味わえるのも魅力です。

さらに、DAZNで視聴できるのは日本代表の試合だけではありません。Jリーグや欧州サッカーも配信しているので、日本代表で活躍した選手が所属するクラブの試合をチェックするのもおすすめ。もちろんサッカー以外のスポーツも配信しています。

EDITED BY
AO