グーグル、端末込みのサブスクプラン「Pixel Pass」を開始 米国で月額45ドルから

2年での端末アップグレードやYouTube Premium、Google One 200GBプランなどが付属

Googleは2021年10月19日(米国時間)、新しいフラッグシップスマートフォン「Google Pixel 6 / 6 Pro」の発表にあわせて、端末購入と自社サービスをセットにしたサブスクリプションサービス「Pixel Pass」(ピクセルパス)の提供を米国で開始しました。

Pixel Passは、2年ごとに交換できるPixelシリーズのスマートフォン本体と、複数のGoogleサービス、端末保証サービス(Preferred Care)を1つにまとめたサブスクリプションサービス。まずは米国限定での提供となります。

Pixel Passで利用できる端末・サービス
  • Pixelスマートフォン(2年後に新しいPixelにアップグレード可能)
  • YouTube Premium
  • YouTube Music Premium
  • Google Play Pass
  • Google One(200GBプラン)
  • Preferred Care(端末保証サービス)

Pixel 6が月額45ドル(約5100円)、Pixel 6 Proが月額55ドル(約6300円)で、端末代金の分割支払い込みのプランとなっています。Pixel Passの契約は、Googleストアか自社MVNOサービス「Google Fi」経由でおこないます。端末にSIMロックはかかっていないので、主要キャリアのSIMカードで利用できます。

Googleによると、Gppgleストアで契約した場合は2年間で294ドル(約3万3600円)、Google Fiを通じて契約した場合は414ドル(約4万7400円)の節約になるとのことです。

EDITED BY
KON