インスタグラム、プライバシー保護機能「ブロック」の強化と「抑制」を追加

嫌がらせや誹謗中傷から守るための機能をアップデート

インスタグラムは、利用者を嫌がらせや誹謗中傷から守るために、プライバシー機能を強化したことを発表しました。

  • ブロック機能の強化
  • 新しいプライバシー設定「抑制」の追加

この2つの新機能について紹介していきます。

ブロックしたアカウントからの再度コンタクトを防ぐ

相手をブロックするときに、画像右のように新しい項目が選択できるようになっています。

「この人が新しいアカウント作成した場合それらをブロックする」にチェックをいれてから[ブロック]をすると、ブロックする相手が作成したサブアカウントからも、接触を拒否できるというものです。

望まないやりとりから保護する「抑制」機能

嫌がらせや誹謗中傷をしてくる相手からのコメントやDMメッセージを、一時的に抑制できる機能も追加されました。

プライバシー設定を開くと[抑制]という項目が追加されているはずです。

「抑制」では、自分がフォローしていないアカウント、あるいは直近のフォロワーからのコメントやDMメッセージを、一定期間だけ非表示にしておけます。

抑制する期間も1日単位で設定可能。抑制期間中のメッセージはリクエストへ移動し、投稿へのコメントは、承認しない限り非表示となります。

誹謗中傷コメント・メッセージを送るために、新しいアカウントをわざわざ作るユーザーも少なくなく、フォローせずに嫌がらせDMを送りつけたり、フォローが承認された直後に悪質なコメントを残したりといった手口も多いとのこと。

特にフォロワーの多いクリエイターや著名人、未成年者などに有効なプライバシー設定となっています。

アプリ「Instagram」をダウンロード
EDITED BY
BOTAN