Amazon Audibleで“聴く映画”の配信開始 堤幸彦監督の『アレク氏2120』など日本オリジナル3作品

Amazon Audibleが日本オリジナル作品(ポッドキャスト)を配信開始、”聴く”エンターテイメントの新しい形を展開

オーディオブックサービスを展開するAmazon Audible(アマゾンオーディブル)は2020年11月19日、“前代未聞の映画級ポッドキャスト”と謳う完全新作の日本オリジナル3作品を配信開始しました。堤幸彦監督の『アレク氏2120』をはじめとした同3作品は、Amazon Audibleの月額会員であれば聴き放題のコンテンツとして提供されます。

マシュー・ゲイン氏

登壇者:マシュー・ゲイン氏(アジアパシフィックシニアバイスプレジデント)

Audibleは、プロの声優や俳優が朗読した書籍などを耳で聴いて楽しめるサービス。ビジネス書やライトノベル、お笑いなど、作品ラインナップは40万作品以上を取り揃えています。

サービスの主な利用者層は20〜40代の男性で、その多くが新しいスキルの習得やキャリアアップを目的としています。また、語学の勉強や就寝前の習慣としても利用されています。

Amazon Audibleが日本オリジナル作品(ポッドキャスト)を配信開始、”聴く”エンターテイメントの新しい形を展開

登壇したマシュー・ゲイン氏によると、Audibleのユーザーは平均して1日に約2時間オーディオブックを利用しており、年間にすると約20冊の書籍を読んでいるとのこと。家事や運転など、“なにかをしながら”でも聴くだけで楽しめるオーディオブックは、ステイホーム時間が多くなった現在、生活を豊かにする方法として浸透していると話しました。

Amazon Audibleでは、月額1500円(税込)の会員制度と、非会員(都度オーディオブックを購入)の2つの料金形態を設けていますが、月額会員の場合は以下のとおりコンテンツが楽しめます。

  • 1500円以上でもOK、毎月1冊好きなタイトルを購入可能
  • 毎月無料でAmazon Audible厳選のオーディオブックを1冊プレゼント
  • ポッドキャスト聴き放題(今回発表の新コンテンツ3作品も聴き放題
  • 単品購入の場合は、非会員価格の30%オフ
  • 一度選んでしまったタイトルでも、イメージと違えば返品可能

購入タイトルの返品交換もOK、Amazonによるオーディオブックアプリ「Audible(オーディブル)」

本日(11月19日)に配信が開始された以下の3作品も、会員であればポッドキャスト内で聴き放題となっています。

  1. 『アレク氏2120』:SPECやTRICKを制作した堤幸彦監督によるオリジナルオーディオテンターテインメント
  2. 『THE LEADER’S GUIDE』:New York Times誌のベストセラー作家エリック・リース氏によるビジネスコンテンツ
  3. 『DARK SIDE OF JAPAN-ヤクザサーガ-』:VICEと手を組み、数百時間の取材をもとに作り上げた日本の裏社会を描いたドキュメンタリー

今回の会見では、『アレク氏2120』の出演者たちが登場し、トークセッションがおこなわれました。

『アレク氏2120』は堤幸彦監督が指揮する映像のない“聴く映画”で、AIスピーカーを通して100年後の世界と現在が交差していくタイムトラベルサスペンス。声優・俳優たちの声とサウンドによって全12話にわたり物語が進行していき、"聴く"ならではの臨場感を楽しめる作品となっています。

登壇した山寺宏一さんは「映像なしで音声だけで楽しむオーディオエンターテイメントには無限の可能性がある」と話し、同出演者の窪塚洋介さんも「脳内でイメージして映画を楽しむという体験が新しい、聴者の数だけ異なるイメージが増えていく」と述べました。

また主人公を演じた梶裕貴さんは、”まるで映画を体感しているような不思議な感覚”と表現し、オーディオエンターテイメントが与える新体験について熱く語っています。

アレク氏2120の出演者たち

左:窪塚洋介さん中:梶裕貴さん右:山寺宏一さん

Amazon Audibleは、新潮社とタッグを組んで、著名作家による“聴くことを前提とした作品”を2021年の初春に公開する予定であることも発表。紙・電子書籍の代替として、時間を有効活用できる「聴く本」の需要がまずまず高まっていきそうです。

EDITED BY BOTAN, MIKAN