インスタグラム、アプリアイコンを13種類から選べる隠し機能 変更方法を解説

インスタ10周年記念で追加された機能を3つ紹介

インスタグラム10周年記念──初期インスタのアプリアイコンやストーリーマップなどの機能を追加

2020年10月5日、10周年を迎えたインスタグラムが新しい機能のリリースを発表しました。アプリアイコンのデザイン変更や、過去に投稿したストーリーの軌跡を見返せるストーリーカレンダー・マップなど、新しくリリースされた3つの機能を紹介します。

懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインから選べるカスタムアイコン

懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで

密かに話題になっているのが、インスタグラムのアプリアイコンを13種類のデザインから選択・変更できるカスタムアイコン。中でも初期のアプリデザインだったクラシックアイコンは、「懐かしい」と人気のようです。

懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで

このカスタムアイコンは、わかりにくい場所に用意されています。プロフィール画面のメニューボタン[]から設定[]を開いたら、その画面を下方向へスワイプしていきます。

懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで 懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで

下方向へスライドしていくと、画面上部に絵文字が見えてきます。プレゼントが出てきたらもう少しだけスライドさせてください。次の瞬間画面が切り替わり、アイコン選択画面が表示されます。

懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで 懐かしい! 初代インスタのアイコンなど13種類のデザインからお気に入りを選んで

あとは好きなアイコンデザインを選択すればOK。ホーム画面を確認すると、インスタグラムアプリのアイコンがデザイン変更されています。

なお、カスタムアイコンは今月(2020年10月)限定で利用できる機能のようです。まだトライしていない人は、ぜひカスタムアイコンを利用してみてください。

過去3年間のストーリーが見られる「ストーリーカレンダー・マップ」

これまで投稿した過去3年間分のストーリーを、カレンダーとマップで見られるようになっています。

過去3年間のストーリーが見られる「ストーリーカレンダー・マップ」

まずは、プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[アーカイブ]を開きます。

過去3年間のストーリーが見られる「ストーリーカレンダー・マップ」 過去3年間のストーリーが見られる「ストーリーカレンダー・マップ」

ストーリーアーカイブを表示させると、画面上にカレンダーとマップのタブが表示されます。真ん中が「カレンダー」、一番右が「マップ」になり、それぞれ切り替えると過去3年間に投稿したストーリーが見られます。

マップには、場所スタンプを追加したストーリーが表示される仕組みです。

IGTVでショッピング機能が利用可能に

IGTVでショッピング機能が利用可能に

今回のアップデートでは、IGTVにショッピング機能も追加されています。IGTVでは最大10〜60分の動画を投稿できる機能で、商品のディテールを見せながら説明するときなどにも重宝する機能。このIGTVにショッピング機能が加わったことで、気に入った商品をすぐに購入できるようになるでしょう。

EDITED BY BOTAN